The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日本、ようやくカタールに勝利!~カタール×日本 W杯アジア最終予選 各国の試合結果も~
2008-11-21 Fri 00:46
日本が3-0でカタールに快勝=サッカーW杯最終予選

カタール0-3日本
【日本】
田中(前19)
玉田(後2)
闘莉王(後23)


日本

GK 川口能活
DF 田中マルクス闘莉王、寺田周平、長友佑都、内田篤人
MF 遠藤保仁、中村俊輔、長谷部誠、大久保嘉人(後41→岡崎慎司)
FW 玉田圭司(後47→佐藤寿人)、田中達也(後26→松井大輔)

カタール

GK サクル
DF メサド、マジェド、メシャル、ビラル
MF マジディ(後35→マジド)、セザール(後23→アブドゥルラブ)、ハルファン、タラル、
   イスマイル(後14→ファイド)
FW セバスチャン

前節の最終予選対ウズベキスタン戦で引き分けてしまった日本代表ですが
この試合はアウェーでのカタール戦、しかも舞台は94年アメリカW杯の出場権を逃して
しまった因縁の地、ドーハとなり、相手には今まで勝った事がない
という条件も重なってどこか心配な気持ちはありましたが、その不安もよそに
日本代表は今までカタールに勝った事が無いのが嘘のように
快勝劇を演じてくれました(^-^)

その他、カタール戦の前に中澤や楢崎が怪我で離脱してしまうという緊急事態
になってしまい、俊輔も膝を故障してしまって出場がピンチになってしまった事もあり、
戦力ダウンに繋がってしまう所でしたが、既存のメンバーでよくがんばったなと思いますね。

CBはシリア戦同様、闘莉王と寺田のコンビになりGKは川口が
務めました。ちなみキャプテンも川口が務める事となりました。
カタールは一試合消化が多いものの、日本代表も同勝点で並んでいる為
W杯に出場する為には負けられない一戦となりました。


前半1分、左サイド深い位置でスローインを受けた玉田が
相手選手に倒されるもファールはありませんでした。

13分、パスをカットしたモンテシンが左サイドをドリブルしますが
内田が対応し、戻ってきた中村俊と囲んでボールを奪いました。

15分、右サイドで遠藤、田中達、闘莉王と繋ぎ、最後は
闘莉王がミドルシュートを打ちますが、GKの正面になりGK
がキャッチ。

16分、左サイドからのCK。遠藤が蹴ったボールに大久保が飛び込むも
直前でGKがキャッチ。


ゴールを決めた田中達

19分、日本にとって最初の先制機がやってきました^^
内田のロングパスに反応した田中達がDFラインの裏に抜け出して
シュート!ボールはゴールに入り、日本が先制しました。
0-1に。

25分、棚か立つが接触プレーで痛めて一旦
ピッチの外に出ます。その1分後には復帰しました。
大事に至らなくて良かったですね。

29分、セザールが中央をドリブルで突破して
ミドルシュートを打とうとしますが、長谷部がボールを奪いました。

31分、俊輔がゴール正面やや左27mの位置で倒されて得たFK。
これを遠藤が直接狙いますが、壁に当たってしまいCKへ。
このCKはGKに直接キャッチされてしまいました。

40分、玉田とのワンツーで、PA内でフリーになった
田中達ですが、シュートを打ち切れない・・・。

43分、セザールが左サイドをドリブル突破しようとしますが
俊輔と内田の二人がかりで止めました。

44分、内田が左サイドから低いクロスを送ると、
左サイドでこれを受けた大久保が中央に走りこんだ
遠藤にパス。遠藤は相手選手を一人かわしますが
カバーに入った選手に阻まれてしまい、シュートを打つ事はできませんでした。

前半が終了し、田中達のゴールで先制した日本0-1とリードした状態で
後半を迎えます。

後半開始してすぐ、追加点のチャンスがやってきました。

玉田を祝福するメンバー

2分、長谷部が中央でボールをキープし、長谷部からの
パスを左サイドに開いた玉田が受けて、受けた玉田は
これをダイレクトで左足でのシュート!
このミドルシュートが決まって日本が追加点を取り、0-2になりました。

4分、セザールを倒した長谷部にイエローカード。

11分、相手のバックパスを奪った大久保がドリブルし
シュートを打ちますが、GKに弾かれてしまいました。

14分、イスマイル→ハイド。

17分、田中達が左サイドのコーナー付近で倒されてFKを得ます。
このボールを遠藤が直接狙いますが、GKにキャッチされてしまいました。

18分、玉田が中央をドリブル突破。そして田中達にパス。
田中達は大久保に送りますが、大久保は後ろから
倒されてしまい、決定機にはなりませんでした。

23分、セザール→アブドゥルラブ。

得点を決めた闘莉王

23分、右からのCK。これをショートコーナーで繋ぎ、
俊輔がゴール前に左足でのクロスを送ります。
これをファーサイドにいた闘莉王がヘディングシュートし
これがゴールになりました!0-3に。
ダメ押し弾と言ってもいい位ですね^^

26分、田中達→松井。

28分、左サイドからのFK。
パスを繋いで、長友がクロスを送りますがクリアされてしまいます。
このこぼれ球を長谷部がダイレクトでシュート!
このシュートはバーをわずかに超えてしまいました。

35分、マジディ→マジド。

36分、左サイドのマジドからのパスを受けたハルファンが
シュートを打ちますが、川口が何とかセーブしてくれました!

41分、大久保→岡崎。

44分、岡崎を倒したビラルにイエローカード。

45分、内田を倒したマジドにイエローカード。

47分、玉田→佐藤寿人。

48分、寿人を倒したマジェドにイエローカード。

このまま試合は終了し、日本がアウェーでのカタール戦で
3点取っての無失点完封という素晴らしい仕事を
やってくれ、日本が勝ちました^^


このカタール戦は審判が中国人だった事もあり、試合が始まる頃から
嫌な予感がしてたのですが、見事にその予感が的中してしまいましたね(汗)
カタールの執拗なラフプレーがあっても、中断はしますが
警告(イエローカード)は中々出さなかったですし・・・。
日本の選手がドリブルしていったシーンがあった時に
カタールの選手が後ろから足を引っ掛けてしまったシーン
もあったし、後半32分頃に玉田がドリブルしていったシーンがありましたが
カタールの選手が玉田の額にペチッと叩いて止めてしまった
場面もありましたしね(この場面、カタールの選手があまりにも
情けなくて笑ってしまいました)。
もし、審判がまともな人だったらレッドカードの一つや二つ位、
出ていてもおかしくない試合でしたからね。
日本代表の試合に、中国人の審判にレフェリングさせてもらうのは
個人的にはやめてほしいです。
それ以上に、カタールの選手のラフプレーの数々にもガッカリしましたけど・・・。

特に、大久保、玉田、田中達が狙われていましたし・・・。
玉田が足を引きずっていたシーンがありましたが(怪我していたのか
分かりませんが)、怪我人が出なくて良かったです。
大久保は熱くなりやすい選手なのですが、このような試合展開でも
切れる事なく、大人にプレーしていたのでこれも
良かったですね。以前の大久保だったら、切れていたと思いますし・・・。
オマーン戦の退場劇から反省もしていたと思いますし、成長したな~って思いました^^

何より、今まで勝った事のなかったカタールに今回、ようやく
勝てたのは嬉しいですね。どうして今までカタールに勝てなかったんだろう
というのが不思議なくらいでしたし。岡田監督はこの試合負けたら
やばい状況になりつつあったので、一先ず結果を残せて安心というところでしょうか。
ですが、選手交代に消極的なのは問題ですね。
ラフプレーを受けている選手を長い時間プレーさせてしまってましたし、
特に俊輔は怪我したばかりで、テーピングをしていた状態でプレーしていたので
3点リードしていたのだから、出来れば早めに交代させてあげてほしかったですね。
怪我が悪化してしまったら、困りますし。セルティックとしてもそうですしね。
3点リードしていた状態で中々交代策を打ってこなかったのは、2点取られた
バーレーン戦の件もあると思いますし、ドイツW杯の時のオーストラリア戦でも
1点リードした状態で交代を誤って3点取られてしまった事もありますから
慎重になるべきだとは思いますが、こればかりはタイミングも重要なので
難しいですね・・・。
とはいえ、松井を見られたのは嬉しかったですが、憲剛も見たかったなぁ・・・。

W杯アジア最終予選はしばしの間、時間が空くことになります。
その前にアジアカップ最終予選もありますが。
次戦は2009年2月に対オーストラリア戦です。この試合、自分自身
かなり楽しみにしているので、是非ともW杯の時のように戦って
ドイツW杯のリベンジを果たしてほしいなと思います。
岡田監督の真価もここで試されるでしょうね。
絶対に勝ってほしいですが、Jリーグが中断期間、
かたやオーストラリアはプレミアリーグなど欧州リーグ真っ最中の
選手が多いのでコンディションについては不安を残す事になってしまいますが
コンディションの差を感じさせないような試合をしてほしいと思います。

カタール対日本 動画




各国のW杯予選結果

バーレーン0-1オーストラリア
(マナマ)
≪得点者≫
豪州:ブレシアーノ89

グループB:

UAE1-1イラン
(アブダビ)
≪得点者≫
UAE:ジュマー20
イラン:バゲリ81

サウジアラビア0-2韓国
(リヤド)
≪得点者≫
韓国:イ・グンホ77、パク・チュヨン89

W杯欧州予選第4戦結果

グループ3:

サンマリノ0-3チェコ

親善試合結果

ブラジル6-2ポルトガル
スコットランド0-1アルゼンチン
スペイン3-0チリ
ドイツ1-2イングランド
オランダ3-1スウェーデン
フランス0-0ウルグアイ
セルビア6-1ブルガリア
ギリシャ1-1イタリア
デンマーク0-1ウェールズ
オマーン0-1パラグアイ
コロンビア1-0ナイジェリア
南アフリカ3-2カメルーン
イスラエル2-2コートジボワール
エジプト5-1ベナン
アイルランド2-3ポーランド
ガーナ0-0チュニジア
ベネズエラ0-0アンゴラ
マルタ0-1アイスランド
アゼルバイジャン1-1アルバニア
リトアニア1-1モルドバ
モンテネグロ2-1マケドニア
スロバキア4-0リヒテンシュタイン
キプロス2-1ベラルーシ
ウクライナ1-0ノルウェー
ルーマニア2-1グルジア
モロッコ3-0ザンビア
スロベニア3-4ボスニア・ヘルツェゴビナ
オーストリア2-4トルコ
ルクセンブルク1-1ベルギー
スイス1-0フィンランド
北アイルランド0-2ハンガリー


メキシコ、薄氷で最終予選へ=W杯サッカー北中米カリブ海

メキシコ代表ですが、この日はホンジュラスに負けてしまって一時は黄信号が
灯りましたが、無事にW杯最終予選進出を決めています。
ドイツW杯で見せたメキシコのサッカーは魅力的だったので
個人的にも好きなチームですし、W杯には出てほしいですね。
当時の監督のラボルペさんは今何やってるかなぁ・・・。
あとはマルケスも健在ですし、エリクソンが監督になってますから
見たいですね(^-^)
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:12 | トラックバック:3
<<チェルシー、ニューカッスル相手に攻めきれずドロー・・・。~チェルシー×ニューカッスル その他プレミアリーグ結果も~ | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | チェルシー、アネルカの活躍などでWBAに快勝!~ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン×チェルシー その他プレミアリーグ結果も~>>
この記事のコメント
おはようございます。

試合を見てないから詳細は分かりませんが、3-0の勝利は
よかったと思いますね。
ただ相変わらず監督の采配は疑問つきますね。

3-0だったら怪我の心配のある俊輔を交代させるべきだったでしょう。
他の選手の具合がよく分からないですが、大久保と玉田の交代は
後半40分過ぎ・・・展開からいってもっと早く交代させて
中盤の選手の運動量といった面での負荷を減らしてあげる方向で
すべきだと思いますね。

ベンチメンバーがよく分からないのですが、巻とかの
パワープレー要員は入っていたのでしょうか?
この試合はそういう展開にならなかったですが、ウズベク戦のような展開に
備えたベンチの対応が出来ていたのかが気になります。

新聞とかの報道を見る限り、監督主導というよりも選手たちが
話し合ってのサッカーでの快勝ですから、監督への評価はちょっと微妙ですね。
オージー戦も選手たちに任せたほうがいいかもしれませんね(^^ヾ

話変わって先日の記事のドログバの処分について、有色人種に厳しいって
書きましたけど、欧州は前々から人種差別ありますし
他の競技、ノルディック複合とかF1(他のモータースポーツもそう)とか、
欧州の人が勝てないとルール変更しちゃうとかがあって
最近では、欧州=スポーツ先進、とは必ずしもいえないんだなぁと思っています。
サッカーの場合は競技レベルの高さは認めるものの、
毎年のように八百長騒動あったり、パンツ下ろしてGK惑わせたり(笑)
観客が暴れたりとか人種差別発言があったりと
必ずしも日本が手本にするとこばかりじゃないんですよね~

向こうのサッカーも大変なんだなぁと思います。

でわまた~
2008-11-21 Fri 08:40 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更]
おはようございます。

ケガ人続出、親善試合の内容から考えると不安要素だらけだったのですが、勝ててホッとしています。(^。^:
これが年内の代表の最終試合なので有終の美を飾れたってことで・・・・。

ただ来年は強敵オーストラリア戦を控えているので油断しないでほしいですね。
2008-11-21 Fri 09:38 | URL | tomoko0310 #-[ 内容変更]
まずは勝ち点3ゲットして帰れたことを褒めてあげたいですね!!正直1-0勝利でも御の字だと思ってましたから。

この試合ダブルボランチの遠藤、長谷部のバランスが非常によくて、特に長谷部は攻撃、守備の両面において出色の出来だったんじゃないかと思います。高い位置からのプレスが効いてましたし、選手達はほんとよく頑張りました。

審判はアウェイなので仕方ないでしょう。国籍や国家間の関係を含めた人選をAFCやFIFAにはお願いしたいのは確かですが。。。
2008-11-21 Fri 12:28 | URL | スティービー #-[ 内容変更]
この調子を次のオーストラリア戦でも発揮できますかね?
オーストラリアにはぜひ勝って欲しい!!
2008-11-21 Fri 17:57 | URL | ヴィンセント #-[ 内容変更]
>HALさん

コメントありがとうございます。
試合自体は快勝で気持ちの良い試合になったので
良かったですが、岡田監督の消極的な
選手采配は疑問ですね。

仰るとおり、3-0だったら怪我したばかりの俊輔を
交代させるべきだったと思いますね。
そのまま使い続けてしまったので、怪我が悪化してしまわないか心配です。
他の選手の交代も遅すぎてましたし・・・。
特に大久保と玉田はカタールの選手にファウルで狙われてましたし。

交代要員ですが、巻のようなパワープレー要員は
入ってませんでした。今回、代した選手の他にいた選手は
都築、阿部、今野、憲剛だったみたいです。
FWに俊敏性を兼ね備えた選手が多かったのですが、
パワープレー要員も一人位は入れた方が良さそうでしたね。

確かに、オージー戦も監督より選手達に任せた方が良い結果が出そうですねw
岡田監督も微妙ですし。
話変わりますが、このタイミングで元ハンブルガーSV監督のトーマス・ドル氏
に代表監督のオファーを出したみたいです。断られたみたいなので、
協会の真意は分かりませんが、何故?って思ってしまいました。もし承諾していたら、
カタール戦に勝っても岡田監督を更迭させてしまったのかなって勘ぐってしまいたくなります。
リンク先はこちらです
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081119-00000041-sanspo-socc

それと、欧州では人種差別発言やサポーターが差別的野次を飛ばす事もありますが、
日本では考えられない事なのでこういった事は手本にしないでほしいですよね。
残念ながら一部のサポーターによる暴動っぽいのは起きてしまってますけど(汗)
パンツ下ろしてGKを惑わせたニュースは見ましたが、実際の映像を見ていないので何とも言えませんがどんな様子だったのかと気になってしまいますw

仰るとおり、向こうのサッカーも色々大変ですね(;^_^A
2008-11-21 Fri 19:59 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
>tomoko0310さん

コメントありがとうございます。
怪我人が多かったりしていた状況や、シリア戦の
内容など不安要素も確かに多かったですが、
無事勝ててホッとしてますね^^
確かに、気持ちよく勝利で年内を終えられたのは
良かったと思います。

来年の最終予選の初戦のオーストラリア戦は
厳しい戦いになると思うので、気を引き締めて臨んでほしいですね。
2008-11-21 Fri 20:03 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
>スティービーさん

コメントありがとうございます。
カタールとは相性が悪いので、勝てるか心配だったんですが3点取っての
快勝で勝ち点3を取れた事は素直に喜びたいですね~。

仰るとおり、長谷部の出来は良かったですね。
アシストも記録しましたし、この試合では活躍してくれましたね!
もう一人のボランチの遠藤も良かったですしね^^
高い位置からのプレスも効いてましたね~。
憲剛、稲本もいますしボランチのスタメン争いは
厳しそうですが(;^_^A

審判はアウェイという事を考えると仕方ないのかもしれませんが、
ここまで露骨な判定はきついですね・・・。
確かに、公正な選出をAFCやFIFAにはお願いしたいんですけどね(^^ヾ
2008-11-21 Fri 20:10 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
>ヴィンセントさん

コメントありがとうございます。
このままの調子でオーストラリア戦に向かいたい所ですが、
時期が空くのでそこが懸念なんですよね・・・。
オーストラリアは欧州リーグ真っ最中ですし、
日本はシーズンオフ明けとコンディションに差が出てきそうですし。

ですけど、オーストラリアには絶対勝ってほしいですね!
是非ともドイツでのリベンジを果たしてほしいです。
2008-11-21 Fri 20:13 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
後半から観ましたが、怪我人続出だったのにも関わらずアウェーで勝ち点3を取れたのは大きかったと思います。岡田監督もジーコ前監督みたいに欧州組に頼っているところはどうか・・と思うので個人的にはあまり信頼してませんけど。次のオーストラリア戦で真価が問われると思います。

国際親善試合の結果をチェックしてみましたが、ホームとはいえポルトガルがブラジルに2-6で負けたのは結構衝撃的・・。大丈夫なのか?ポルトガルは・・って感じですね。
2008-11-21 Fri 21:52 | URL | まり@11 #-[ 内容変更]
こんばんわ!
僕も審判団を見たとき、この試合は厳しい事になるな~って思ってましたが、ジャッジに関しては予想どおりでしたね。
試合は不安を払拭するくらい良い内容でしたけどね。

それにしてもアジアの審判のレベルは低いですね。
イングランドもあまり高いとは言えませんけど、比べ物にならないくらいでした。
この辺がアジアを戦っていく上で大変な所なのかもしれませんね。
2008-11-22 Sat 01:13 | URL | たふた #-[ 内容変更]
>まり@11さん

コメントありがとうございます。
怪我人が続出で、特に俊輔に満身創痍といった状態で
出場もピンチだったので、アウェーで勝ち点3を取れたのは大きかったですね。確かに岡田監督もジーコ監督みたいに欧州組に頼ってますが、欧州組がいなかったら強豪国と試合するにはレベルの差が顕著に出てしまう事も懸念していますし・・・。次のオーストラリア戦では真価が問われそうですね。結果と内容次第では更迭もやむなしかな・・・と思います。

ポルトガルがブラジルに6点も取られたのはビックリしました。
カルバーリョの不在も大きかったのではないかなと思いますね。今怪我していますし。
ルイス・ファビアーノはエースになりそうな程の活躍でしたね!
2008-11-22 Sat 02:39 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
>たふたさん

コメントありがとうございます。
自分も審判団を見た時は嫌な予感がしたんですけど、
見事に的中してしまいました(苦笑)。
ジャッジに関しては予想通りでしたが、酷いものでしたね。
でも、快勝したんであまり文句は言えないですね(汗)
負けてたらジャッジがあれこれ・・・言ってそうですけど(笑)。

仰るとおり、アジアの審判のレベルは低いですね。
ドイツW杯での上川さんのジャッジは素晴らしかったんですけどね(^^ヾ
上川さんみたいな審判がアジアにも現れてほしいです。
2008-11-22 Sat 02:44 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
0-3で勝ちました。 実は時間が時間なのでこの時間は寝ていて、朝確認しようかと思いきや先に結果を知っていました。 日本代表戦の情報遮断って本当に至難の業かも・・・・・。&#63916; よって時系列確認で・・・・。 (今晩は夜11時から翌朝6時まで断水&にごり水なの.. …
2008-11-21 Fri 06:46 FOOTBALL語り場
カタールのドーハで行われたW杯アジア最終予選のカタール対日本ですが、あっさりカタールを退け単独2位をキープしました。 達也!玉田!闘... …
2008-11-21 Fri 13:21 Footballのタネ
田中マルクス闘莉王 についてブログの検索結果をまとめると… …
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。