The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2008年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドに!
2008-12-03 Wed 19:12
C・ロナウド、ポルトガル人選手3人目のバロンドール受賞

バロンドールを受賞したC・ロナウド

2008年度バロンドール受賞者にマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表
クリスティアーノ・ロナウドが選出されました。
今季は怪我で出遅れた事やEURO2008での低調なパフォーマンスを考えれば
受賞者としては物足りないかなと思ってた部分もありましたが
昨シーズンの成績が大きく考慮されたと思いますし
昨季は42得点も獲っていたので、受賞は妥当でしょうし、特に異論はないですね(^^ヾ
出来れば、EURO2008でインパクトのある活躍を残しえてほしかったですけどね。

バロンドールを受賞したら、翌年のパフォーマンスが落ちやすい
という事が有名みたいですが、C・ロナウドはどうなるか気になりますね。
2007年にバロンドールを受賞したカカはバロンドールを受賞した時よりも
今はパフォーマンスが落ちてしまってますし・・・。
C・ロナウドにはこれを吹き飛ばせるほどの活躍を期待してます。
個人的にはプレミアやUCLよりポルトガル代表の方で頑張っていただきたいですね。
来年は2010年W杯予選が大詰めになりますし・・・。

ウィキペディアから抜粋。
バロンドールとFIFAワールドカップの奇妙な関係性として「W杯開催の前年度にバロンドール受賞者を輩出した国は優勝できない」というものがある。

有名なあまりよくないジンクスがありますが、今年はW杯開催前年ではないのでC・ロナウドがバロンドールに選ばれたポルトガル代表は大丈夫でしょう(苦笑)。

来年のバロンドール受賞者ですが、まだ先のことになりますが
イブラヒモビッチやメッシ、フェルナンド・トーレス、ビジャ辺りが
受賞有力候補になってきそうな感じがします。個人的な予想ですが(笑)。
来年もC・ロナウドが受賞できるかといわれれば、難しいでしょうね。
今季は怪我で出遅れていますし、42得点を叩き出した昨季の再現は
困難だと思いますしね。

続きに、全候補者の結果を載せます。
2008年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドに!の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 欧州サッカー | コメント:12 | トラックバック:1
チェルシー、格下バーンリーに敗戦・・・。 カーリングカップ チェルシー×バーンリー、国際親善試合の日本代表×シリア代表
2008-11-14 Fri 19:12
リヴァプール、チェルシーが敗退

この試合で得点を奪ったドログバ

この試合はテレビ放送が無かったので
あいにく見られませんでしたが、チェルシーはカーリングカップ
4回戦でバーンリーにまさかのPK戦負けを喫してしまったようです><
カップ戦では昨季FA杯でバーンリーにかなり似た名前のバーンズリー
に負けてしまってますし、カップ戦とは相性が悪いのかなって思ってしまいます・・・。
その上、負けたのはPK戦という事でまたか・・・という感じですね。
UCLでもマンチェスター・ユナイテッド相手にPKで負けてしまってますし
今夏に行われたばかりの、レイルウェイズカップでもPK戦で
負けてるので、どうにかしてPK戦になると負けやすいという
感じを何とかしてほしいと思います・・・。

いいきっかけがあれば、PK戦でも勝てるようになるとは
思いますが、PK戦もかなり運に左右されますからね。
厳しいものですね。

この試合にはさらなるバッドニュースが・・・。

ドログバのコイン投げを調査へ=イングランド・サッカー

詳しい事は分からないのですが、ドログバはどうやらやってしまったようです(汗)
元々とはいえ、コインをピッチに投げ入れた観客にも非があるように思うのですが
どうなんでしょうね。投げ入れた観客にも処分を下すべきだと思うのですが。
それを投げ返してしまったドログバもいけないですね。
プロとしてあるまじき行為ですし、恥ずかしいですが
ここは堪えて、やらないでほしかったです。

格下バーンリーに負けてしまった訳ですが、
あっさりと快勝してくれると思っただけに、衝撃は大きいですね。
来年にならないとテレビ放送もないので、それまで
勝ち残ってくれる事を期待していたのですが、残念としか言いようがないですね(涙)。

その他の結果としては復調気味のトッテナムがリバプールに勝ったそうです。
ベニテス監督はターンオーバーとして、選手を入れ替えたのが
敗因と語っていますが、トッテナムがリバプールに二度も勝つのは
意外ながら凄いですね~。改めてレドナップ監督の凄さを感じました。

カーリングカップ4回戦結果

アーセナル 3-0 ウィガン

マンチェスターU 1-0 QPR

ストーク・シティ 2-0 ロザラム

ワトフォード 1-0 スウォンジー

ダービー 2-1 リーズ

トッテナム・ホットスパー 4-2 リバプール

バーンリー 1-1(PK:5-4) チェルシー

ブラックバーン 2-1 サンダーランド


続きには日本代表の対シリア戦を。
チェルシー、格下バーンリーに敗戦・・・。 カーリングカップ チェルシー×バーンリー、国際親善試合の日本代表×シリア代表の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:14 | トラックバック:3
ベッカムがミラン移籍へ~その他にもUEFAチャンピオンズリーグの結果を。~
2008-10-23 Thu 20:01
実はマンチェスター・ユナイテッド対セルティックの記事を
書いていたのですが、何故かFC2ブログの方で不具合が起きてしまい
今まで書いていた記事がパァになってしまったので(それなりに長文でした)、
今更書く気も起こらないので、ちょっと別の話題を・・・(申し訳ないです)。
呆然としてます・・・(ため息)。
同じ不具合が起こった人もいるみたいで・・・。
チャンピオンズリーグについては、続きに結果を載せます。
その時に、マンチェスター・ユナイテッド対セルティックの感想を少しでも書こうかと・・・。

ミランがベッカム獲得交渉=オフ利用し、期限付きで-伊紙報道・欧州サッカー

ミラン移籍が濃厚なベッカム

ACLの浦和対ガンバを見ていたのですが、その時に
たまたまインターネットを見ていたら、このようなニュースがあって
驚きました。リンク元によるとベッカムはロサンゼルス・ギャラクシーがオフシーズンの為
期限付きでの加入を求めているとの事だそうです。
その行き先として、ミランに決まりそうという話らしいですね。

以前はアーセナルで練習参加をしていた時期もあったので
個人的にはプレミアリーグ復帰も悪くないですし、ユナイテッドにいた
ベッカムに憧れていた自分としてはプレミアに行ってほしかったですが
(仮に復帰しても、ユナイテッドはファーガソンとの関係があるので
難しいかもしれませんけど)、シティ辺りも面白そうかなと思ったんですけどね~。

アーセナルでもいいですが、今のベッカムではポジションを確保するのは
難しそうな気もしますね。ナスリやウォルコットもいますし・・・。ロシツキー
がまだ復帰していない事もありますしね。復帰したも
アーセナルでは完全にスタメンを確保するのはどうだろうなぁ・・・って思いますね。
ヴェンゲルもベッカムの練習姿勢を絶賛していましたが、獲得は
考えていないとの事でした。

ミランに行くという可能性が出てきたわけですが(まだ完全に行くと現時点では
決まった訳ではないらしいです)、ポジションはどこで使うのだろうって思いますね。
少なくとも、ミランはサイドアタッカーを両サイドに置くようなシステムではないみたいですし
ベッカムはどこのポジションで使われるのかも気になります。

今でもクロスやFKはいい物を持っていると思いますし、
衰えていないと思うので、久しぶりに欧州リーグでのベッカムを見たい気もしてきましたね。
獲得が決まりそうな感じもしますが、行く先を見守りたいと思います。
ミランは現時点でシェフチェンコがあまり起用されていないという事らしいので
チェルシーファンとしてはやはりシェフチェンコも気になりますね。
色々あるとは思いますが、ミランで復調してほしいなと思います^^

続きにはチャンピオンズリーグの結果を。
ベッカムがミラン移籍へ~その他にもUEFAチャンピオンズリーグの結果を。~の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:10 | トラックバック:2
ショーン・ライト=フィリップスがマンチェスター・シティ移籍へ&UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ組み合わせ発表!
2008-08-29 Fri 22:45
チェルシーのライト・フィリップス、古巣マンCへ復帰

24719_convert_20080829223959.jpg

噂されていたライト・フィリップスのマンチェスター・シティ移籍ですが、
この噂が現実となってしまい、ライト・フィリップスがマンチェスター・シティに移籍する事になりました。
2005年にシティから約35億円で、チェルシーに加入したライト・フィリップスですが
思ったような活躍は出来てなく、本人が古巣への復帰を決断したという事らしいです。

控えも多かった事ですが、それでもチェルシーにとっては貴重な選手だったので
抜けてしまうのは寂しいですね。

ライト・フィリップスのコメントは短いですが、以下の通り。

「再びこのユニホームを着てプレーするために必死だった。シティに戻ってくることができ、本当にうれしい」

合わせてブラックバーンから移って、新監督になったマーク・ヒューズ監督のコメントも。

「私はこれまでずっと彼のことを賞賛してきた。自分がこのチームの監督に就任して以来、彼は常に獲得希望選手の1人だった。この補強が実現したことは、われわれにとっても、当然サポーターにとっても最高のニュースだろう」

シティもプレミアでは好きなクラブの部類に入るのですが、チェルシー戦以外で
活躍してほしいと思いますね。エラーノもいる事ですし、北京オリンピック3位決定戦で
活躍した新加入のブラジル代表のジョーもいますし、戦力的には十分揃っていると思います。
昨季同様、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーでダブルを取ってほしいなと思いますw

これでロビーニョの移籍の可能性が高くなったと言われてますが、
気になるニュースが・・・。

チェルシーがロビーニョのユニホーム販売、すぐに中止

まだロビーニョの移籍が決まった訳ではないので、すぐにユニフォームを販売するというのも
早まった話ですが、すぐに中止したという事だそうです。何か悪い予感がしますね(汗)
もし、移籍が実現しなければこの件はネタにされそうな気もしますがw

ロビーニョは残留!?

移籍市場が閉まるまでもう少しですが、チェルシーからのオファーに対して
マドリーが拒否したそうです。最終的にはどうなるか分かりませんが、
ライト・フィリップスを放出してしまった今、ウインガーが少なくなってきてしまったので
ロビーニョは何としても欲しい選手ですが、どうなるんでしょうか。
駆け込み移籍があれば、それに期待したいと思います。

続きには、今季のCLのグループリーグ組み合わせを。
ショーン・ライト=フィリップスがマンチェスター・シティ移籍へ&UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ組み合わせ発表!の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:16 | トラックバック:4
ランパードの契約延長が遂に決定! 日本×オランダも~北京五輪2008~
2008-08-14 Thu 22:12
ランパードが契約延長!

3155099347_convert_20080814200519.jpg

モウリーニョが監督に就任してから、インテル移籍の噂が絶えなかった
ランパードの移籍話ですが、この度ランパードがチェルシーとの契約延長にサインしました!
ちなみに5年契約にサインした模様です。

以下、ランパードのコメントをリンク先から抜粋します。

「今日(13日)、僕は新しい契約にサインした。とてもうれしいよ。ファンのみんなもハッピーにできたらいいね。素晴らしい7シーズンを送ってきた。今度は8シーズン目だ。これからもっと重ねられるといいね」

「たくさんの理由があるけど、とにかく難しい夏だった。いろいろな記事があったね。真実もあれば、そうじゃないのもあった。そういった記事を見るとフラストレーションがたまってしまうんだ」

さらに、ランパードはインテル行きを考えた時期があったことも明かした。

「考える時間が必要だったね。個人的な時間はあったよ。自分の考えを家族に話した。チェルシーとチェルシーのファンから何千もの手紙をもらったんだ。それがとても感情的にさせたね。いまは、自分が100%正しい決定を下したと思っている」

そして、モウリーニョ監督との関係についても触れている。

「ジョゼ・モウリーニョとの関係は強い。でも、チェルシーFCとの関係も特別なものだね。移籍?それについて、ジョゼと話をしたことはないよ。彼は選手としての僕を好んでくれているようだ。でも、認められていないこと(許可なしでのコンタクト)はしないだろう」

インテル移籍の話を真剣に考えていた時期もあったそうで、ランパードが恩師の
モウリーニョの元でプレーしたくなる気持ちも分からなくはないですが、
やはりチェルシーで現役を終えてほしかったので、ランパードのこのご決断は
素直に嬉しいと思いますね!
また、インテル移籍の事に関して色んな記事を書かれたそうで、
フラストレーションがたまった事もあったそうです・・・。
この契約延長でランパードもすっきりとした気持ちにはなっていると思うので、
気分を切り替えて、もうすぐ始まるプレミアリーグに集中してもらって
がんばってほしいと思いますね^^

このコメントを見て感動したというジーンと来てしまったのが、
チェルシーとチェルシーのファンから何千もの手紙を貰った事ですね。
ランパードの契約延長を願っている人が、チェルシーファンに多数いた事に
対しては、当然かもしれないけど嬉しい驚きでした(^-^)
きっとイングランド以外からにも手紙が届いたんだろうなと思いますね。

ランパードに対しては感謝の気持ちでいっぱいですし、ありがとうって言いたいですね!

チェルシー、ドログバとJ・コールの契約はまだ

ランパードの契約延長に続き、
ドログバ、カルバーリョの契約延長も決まってくれると嬉しいんですけどね(^^ヾ
J・コールに対してはリヴァプール移籍の噂があるそうですが
重要な選手なので、移籍はしてほしくないと思いますね。

イバノビッチのミラン加入が迫る

その他にはセルビア代表のイバノビッチのミラン移籍の噂があるそうですが、
個人的にはこの移籍には賛成できませんね(;^_^A
CBとしてはレギュラーを獲るのは難しいかもしれませんが、万が一、故障者とか
出てしまった場合の為にイバノビッチの存在は必要になってくると思うので、
残してほしいのですが・・・。
ミランはレイルウェイズカップでも結果が惨敗という事からも、
DFの補強は急務かもしれませんけどね。

8月31日の移籍マーケット閉幕まで注目したいと思いますが、
チェルシーにはロビーニョがほしい所なんですけども、どうなるんでしょう。
マドリーにとっても簡単に出したくないと思うので、まだ状況は分からないといった所でしょうね。

続きには北京五輪サッカーのオランダ対日本を。
ランパードの契約延長が遂に決定! 日本×オランダも~北京五輪2008~の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:16 | トラックバック:0
レイルウェイズカップ2008 チェルシー×ミランなど。
2008-08-05 Tue 02:08
ちょっと前ですが、レイルウェイズカップ2008がロシアで開幕されました。
ロコモティフ・モスクワ対チェルシーを見ようとしたんですが
時間が時間だけに(深夜2時頃)、睡魔に負けてしまって途中で
落ちたりするなどで、完全には見れませんでしたorz

なので、得点シーンと印象の残ったシーンを簡単に。

前半26分、アネルカの胸トラップから落したパスが
エッシェンに渡り、エッシェンが弾丸ミドルシュートでチェルシー
が先制しました。

後半39分には、ファウルを得たロコモティフ・モスクワが
カンボロフがゴールまで約25メートルのFKを
放ち、これがゴールネットに吸い込まれてロコモティフ・モスクワ
が同点に。

このまま1-1でスコアは動かず、延長に入るかと思いきや、この大会は
プレシーズンマッチなのでPK戦に突入。

ちなみにチェルシーのキッカーは

ランパード ○
デコ ○
ショーン・ライト=フィリップス ○
エッシェン ○
ブリッジ ×
シェフチェンコ ×

これで、PK戦合計4-5でチェルシーがロコモティフ・モスクワに負けてしまいました・・・。
負けたチェルシーですが、3位決定戦に回りセビージャに敗れたミランと戦う事になりました。
(もう終わっていますけど 汗)

印象に残った事を憶えている範囲で。
アネルカの胸とラップからのパスを受けたエッシェンの弾丸シュートは
やはり凄かったなと思いましたね。
あとは、この試合ではマルダがクロスが来た時にシュートしようとする場面が
あったのですが、酷い外し方だったので、昨シーズンから
何も変わっていないなと思う事もありました。
噂されている、ユース上がりのアルゼンチン出身のディ・サントが
この試合でなかった事で見れなかったのは残念だったかな。
デコはパスのセンスも良く、さすがだという印象を受けましたね。
ロシアでのPK戦で負けたという訳ですが、CL決勝の地という事でもあるので
嫌な思い出がありますね(汗)
もし、来季CLでPK戦があればPK戦に弱いというジンクスを打ち破って欲しいと思いますね。

スコラーリ体制の試合を見るのは、これが初めてですが(といっても完全には見ていないですが)
ロコモティフ・モスクワと比べると格下の相手に負けたという訳ですが、
プレシーズンマッチの結果なので、調整すると言う意味合いもあるので
あまり深刻に受け止めない方がいいでしょうね。

これから良くなってくると思うので、期待したいと思います。

以上、ロコモティフ・モスクワ対チェルシー戦の感想です(;^_^A
続いて、ミラン対チェルシー戦について書きたいと思います。
レイルウェイズカップ2008 チェルシー×ミランなど。の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:14 | トラックバック:2
グラントに続き、アシスタントコーチのテン・カテも解任~その他にもサッカーニュースを。
2008-05-31 Sat 03:36
テン・カテのチェルシー退団が決定

チェルシー、テン・カテも退団?

15514.jpg


先日、グラント監督の解任が発表されましたが続いて、アシスタントコーチのテン・カテ
も解任される事が決定してしまいました。
今季の成績は(結果は出ませんでしたが)、
グラントの功績も大きい部分もあったと思うのですが
個人的にそれ以上にテン・カテ効果があったからではないかと思います。
陰の功労者がチェルシーを去る事になってしまったのは残念ですが、
これは新監督就任の伏線で、新監督がテン・カテを必要としていないという事なのでしょうか。

噂されていたバルサ時代に名コンビを組んでいたライカールトの就任は、このテン・カテ
解任で消えてしまったと思いますね。
リンク先にも書かれてますが、ケニヨンがグラント監督を解任する前、テン・カテ
に連絡を取り、その内容はテン・カテのポストは心配しなくてもいいというものだったそうです。

この連絡からすると、テン・カテにとっては裏切られた感が強いのかもしれませんね。
グラントもフロントに不満を残したまま辞めてしまってますし、
グラント、テン・カテとともにすっきりしない辞め方なのかなと思います。
グラントもそうですが、テン・カテについてもお疲れさまって言ってあげたいですね。

チェルシーの次期監督候補については、今まで挙げられている所ではライカールト、リッピ、
ヒディンク、デシャン、ルイス・フェリペ・スコラーリ、ラウドルップ、マンチーニ、エリクソン
辺りでしょうか。
この中ではリッピ、ヒディンクが就任に否定的な意見を出しているそうです。
マンチーニについては一時、破談となった情報もありますがチェルシー
の監督に就任する可能性はありそうです。
ライカールトは上に書いた通り、就任の線は消えたと思います。

となると、残った候補はエリクソン(メキシコ代表就任も噂されてるらしいです)、デシャン、
スコラーリ、ラウドルップ、マンチーニだと思いますね。
個人的には現ポルトガル代表のスコラーリがいいかなぁなんて思います。
ブラジル代表でW杯優勝してますし、ポルトガル代表としてもEURO2004準優勝、
ドイツW杯ベスト4と実績は申し分ないですし^^

デシャンは確か、モウリーニョがまだポルトの監督をやっていた頃に
CL決勝で勝った方がチェルシーの監督になるという話が出ていたように記憶してます
(結果、勝ったのはモウリーニョでチェルシーの監督になる事が決まりましたが)。

どうなるか分かりませんが、引き続きチェルシーの監督人事について見守っていきたいです。
いい監督に来てもらいたいですね^^

続きにはEURO2008各国代表メンバー発表を。
グラントに続き、アシスタントコーチのテン・カテも解任~その他にもサッカーニュースを。の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:10 | トラックバック:0
UEFA杯優勝はロシアのゼニトへ!
2008-05-16 Fri 20:23
ゼニトがUEFAカップ初優勝

696139_biglandscape_convert_20080516193743.jpg


ゼニトのスタメン

GK マラフェエフ
DF アニュコフ、シロコフ、クリジャナツ、シールル
MF ティモシュク、ズリアノフ、デニソフ
FW ファイズリン(後48→キム・ドンジン)、テッケ、アルシャビン

レンジャーズのスタメン

GK アレクサンダー
DF ブロードフッド、クエジャール、ウィア、パパッチ(後32→ノボ)
MF トムソン、デイビス、ファーガソン、エムダニ(後35→マッカロック)、ウィティカー(後41→ボイド)
FW ダルシュビル

ざっとスタメンを書いてみましたが、殆ど知ってる選手
はあまりいませんねw
辛うじてレンジャーズの選手は何名か分かりますが・・・。
ダルシュビルはどうしてもダルビッシュ(日本ハムの投手)と読みたくなってしまうw

シティのホーム、シティオブマンチェスターで行われたUEFA杯決勝ですが、
優勝はロシアのゼニトが手にする事となりました。
これでゼニトは初優勝となります。
UEFA杯優勝チームは、おそらくCL優勝チーム(チェルシーかユナイテッド)
とUEFAスーパーカップで試合する事になると思われます。
チェルシーはゼニトと試合する事になると、アブラモビッチさん
も深い関係のあるチームだけに、面白そうな試合になる気も・・・。

UEFA杯中継を見ていたのですが、最初からゼニトが
貝のように自陣深く守っているレンジャーズを攻守とともに
圧倒している形でしたね。

前半のロスタイムにはアルシャビンのクロスから
ブロードフッドがハンドしてしまうも、これは
審判の判定はノーファールとなります。
PKは与えられませんでした。

後半に入って、レンジャーズにも同様の場面が訪れ、
後半9分、PA内でファーガソンが蹴ったボールをがデニソフ
の手に当たったようにも見えましたが、これも審判はPKを認めず、
中々均衡は崩れませんでした。

後半27分にはアルシャビンからのパスをPA内中央で
受けたデニソフがGKの右を抜くシュートを決め、ゼニトがまず一点先制します。

後が無いレンジャーズはノボ、マッカロック、ボイドと攻撃的な
選手を次々と投入するも、このウォルター・スミスの采配も
的中せず、ゼニトに攻められる時間帯が続いてました。

後半ロスタイムの49分には、PA内左に走り込む
テッケにアルシャビンからのパスが送られ、テッケは
ゴール前にパスを送り、このボールをズリアノフが押し込んで
ゼニトが試合を決める2点目を決めて、試合は終了。

ゼニトがUEFA杯初優勝を果たしました。

ゼニトはキム・ドンジン、イ・ホと韓国代表選手がおり、フェイエノールト時代に
UEFA杯優勝した小野以来のアジア選手優勝経験者となったのではないでしょうか。
さらに、CLでもパク・チソンがいるので、もしもユナイテッドが優勝すれば
ある意味、韓国代表選手にとってダブル達成となるのかな?

もちろん、自分はチェルシー優勝を願っていますけど^^

アドフォカートはオランダ代表監督時代のEURO2004の時に失策を犯して
戦犯に挙げられていたのですが、今回のUEFA杯優勝は
素直に凄いなと思う。

ゼニトの試合を初めて見たのですが、この戦いぶりだとバイエルンが
まさかの大敗を喫してしまったのもある程度、納得できるような気もします。

アルシャビンはこの試合、大活躍で本当に凄い選手なのが分かったのですが、
EURO2008ではロシア代表として、選ばれる予定なんだそうですが(予備メンバーに
入ってるそうです)、2試合出場停止なのがロシアにとっては痛い所でしょうね。
アルシャビンの欠場がロシア代表にも響いてくる可能性はあります。

個人的にはスペイン、スウェーデンに勝ち抜けしてほしいのですけどね(笑)

あと、トロフィーを掲げる瞬間ですが、最初に客席で掲げた時は
花吹雪も出なくてあまり感動しませんでしたが(昨季のCLでも同じような
演出だったように思います)、最後にピッチで再びトロフィーを掲げて
そのトロフィーの前にゼニトの選手達が集まっていた時に
ようやく花吹雪が出たのですが、その時は不覚にも感動してしまいました。
特にゼニトのファンというわけではないのですが・・・。

来週のCLでチェルシーが優勝したらもっと感動するんだろうなぁ。

続きには動画を置きます。
UEFA杯優勝はロシアのゼニトへ!の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:5 | トラックバック:0
ゼニト対バイエルン、フィオレンティーナ対レンジャーズ~UEFA杯準決勝2ndレグとニュース~
2008-05-03 Sat 15:09
ゼニト圧勝、バイエルン屈辱の敗戦=UEFA杯

687953_biglandscape_convert_20080503024635.jpg


CLの翌日にやったUEFA杯ですが、バイエルン対ゼニトの試合を生中継で見ようと思ったものの、
試合開始時間を3時45分キックオフだと勘違いしてしまうという
ヘマをやらかしてしまいまして、結局見れなかったんですorz
実際は2時間近く前に試合が始まっていたようです。

3時45分辺りに起きて、さすがにバイエルン戦は終わっていたもので、
他の試合を見ようとしたら、スコアを見て驚愕しました。

ゼニト4-0バイエルン

2試合合計5-1でゼニトが決勝へ進出。
【ゼニト】
ポグレブニアク(前4・後28)、ズリアノフ(前39)、ファイズリン(後9)

バイエルンがまさかの大敗!?
何をやってるんだかと思ってしまいましたよ(汗)
1stレグはアウェーゴールを奪われたものの1-1で終えたバイエルンでしたが
2ndレグはロシアのホームという事で、厳しい戦いになってくると予想しながらも
何とかやってくれるでしょう、と思ってたのですがやはりサッカーは
何が起こるか分かりませんね・・・。
試合内容は試合開始時間を間違えてしまうというミスをしてしまった為、
割愛しますが、バイエルンの先発メンバーは以下の通り。

GK カーン
DF ヤンゼン、デミチェリス、ルッシオ、ラーム
MF リベリー、ファン・ボメル、ゼ・ロベルト、シュバインシュタイガー
FW トニ、クローゼ

このメンバーを見ると、いかにヒッツフェルト監督が本気だったか
分かるかと思いますが、各国代表級の選手がずらりと並んでるんですよね・・・。
とてもゼニトに4点も取られるようなメンバーじゃないかとも思ってるのですが・・・。
別にゼニトを格下扱いしてるわけではなく、急速に力を付けてきているチーム
だという風には感じてます。
この中で知っているのはドイツW杯にも出場したウクライナ代表の
ティモシチュクだけなんですよね。

決勝はバイエルン対フィオレンティーナというのが理想的だったんですが、
現実はそうも上手くいかなかったみたいで。
トニが古巣と試合するというのも夢に終わりました。

これでカーンの欧州での試合は、残念ながら幕を閉じる事になってしまいました
(現役引退を発表しているので)。
ヒッツフェルト監督も退任するという事で、来季からは前ドイツ代表監督の
クリンスマンが率いる事になります。
他にも退団が噂されてる選手も何名かいますね(サニョール、ラーム辺り)。
来季はCLの舞台に戻る事が確実なバイエルンですが、
久々にCLで見たくなってきました。

バイエルン戦の代わりに見たフィオレンティーナ対レンジャーズを
見たのですが、得点の入る匂いのしなかった試合だったように感じます・・・。
挙句の果てにはレンジャーズのグザンがリベラーニに頭突き
をして退場になってしまうという一面もありましたし。

延長に入ってもスコアは動かず、PKに入り、フレイの
ナイスセーブで最初の一本目を止めた時は
行けるかも!と思ってたのですが、フィオレンティーナの選手
が2本外してしまい、レンジャーズに負けてしまいました。
特にやばかったのが、ヴィエリの時なんですが
キックモーションを見た時、これは危ないだろうな
と思ったら、本当にバーのはるか上にボールがいってしまうという場面も・・・。

レンジャーズのウォルター・スミスはさすがといったところでしょうか。
スコットランド代表の監督を蹴ってレンジャーズに来ましたが、
複数のタイトルを取る可能性も残されています。
スコットランド・プレミアではセルティックに優勝してほしいのが
本音ですが、残り試合の関係でまだレンジャーズが有利な立場にいると思いますね。
あとはUEFA杯と国内カップ戦を合わせて4冠の可能性が残されています。

決勝はゼニト対レンジャーズとなり、5月14日に
シティオブマンチェスターで行われます。

感想をいうと、地味なカードになってしまった為、見る気が半減したとも
言えなくないですが、一応決勝なんで、多分見ると思います(笑)

続きには動画とニュースを。
ゼニト対バイエルン、フィオレンティーナ対レンジャーズ~UEFA杯準決勝2ndレグとニュース~の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:6 | トラックバック:0
チェルシー×エバートンなどプレミアリーグの結果や19日と20日の欧州各国リーグの結果やニュース。
2008-04-22 Tue 00:12
プレミアリーグ

エバートン 0-1 チェルシー
【チェルシー】
エッシェン(前41)

29521_convert_20080421214938.jpg



チェルシーのスタメン

GK チェフ
DF A・コール、リカルド・カルバーリョ、パウロ・フェレイラ、テリー
MF エッシェン、ミケル、ショーン・ライト=フィリップス(後36→マケレレ)
FW J・コール(後32→マルダ)、カルー、アネルカ

ちょっと遅くなりましたが、エバートン戦の感想を。
この試合では、ランパードがお母様が病院に入院してしまったため、
その看病で不在、ドログバやバラックも不在で
チェルシーはベストメンバーを組む事が出来ませんでした。
それに、14日のウィガン戦で(ホーム、スタンフォードブリッジでの試合)
まさかの引き分けとなり、勝ち点2を取りこぼしてしまったので
優勝を狙う為にはこのエバートン戦は負けられない一戦となってしまい、もう
後がありません。
試合の方は前半41分、カルーのパスを受けたエッシェンがPA内の
ショーン・ライト=フィリップスにボールを送り、ショーン・ライト=フィリップスはボールを
奪われますが、そのボールをエッシェンがハワードと1対1になった所を
シュートし、それがゴールとなってチェルシーが先制。
後半18分、エバートンはA・ジョンソン→グラベセン、ピーナール→アニケベ
と交代。
その2分後にはPA手前右で、テリーがヤクブを倒してしまい
エバートンがFKを獲得。これをマヌエル・フェルナンデス
が蹴るもゴール右にそれて何とか失点を免れます・・・。
後半28分、エッシェンが無回転のミドルシュートを打ちますが、ゴール左に外れます。
後半32分にはJ・コール→マルダ、後半36分にはショーン・ライト=フィリップス→マケレレ
とチェルシーのグラント監督は交代策を打ってきます。
後半43分、アネルカからのパスを受けたカルーがPA内に走りこみ、エッシェン
にスルーパスを送りますが、カットされる。

これで試合は終了。チェルシーが1-0でアウェイながら
何とかエバートンに勝つ事が出来ました。
試合全体の感想としては、エバートンのマヌエル・フェルナンデスから
幾度のチャンスを作られており、危なっかしかったような感じがしましたね。
チェルシーにも決定機は何度かあったんですが、エバートンに比べると
シュート数が少なかったのが致命的で、やはりドログバ、ランパード、バラック不在
が大きかったかなと。後、エッシェンが後半に倒れたようで、
何事かと思ってしまいました。テリーが心配そうに見つめていましたが・・・。
よく分からないのですが、一瞬プエルタやフォエの事を
思い浮かべてしまいました・・・。

突然の日程変更があったものの(平日4時観戦はきついんですがorz)、出来れば
休日に見たかったですね。
まずはCL出場権争いをしているエバートンに勝てたのは
良かったと思います。
これで首位ユナイテッドとの差は「3」に縮まり、26日の天王山がますます
楽しみになってきました。
もし勝てても、得失点差がユナイテッド「54」、チェルシー「36」と差が
ある為、すぐには首位にはなりませんね。

まずは負ければユナイテッド優勝がほぼ確定してしまう
為、勝ってほしいです^^

その為にも、バラック、ドログバ、ランパードといったエバートン戦では
出てなかった選手を起用し、ベストメンバーにする必要がありますね。

その前に、次戦はCL対リヴァプール戦があります。
モウリーニョ時代はCLでリヴァプールとの試合ではいい思い出はなかったので
今回こそ勝ってほしい。
グラントとベニテスだったら、圧倒的に後者の方が手腕は凄いものがありますけど・・・。
おそらく、今回も0-0とか1-0の戦いになるんでしょうね・・・。
ドログバとかフェルナンド・トーレスが鍵になってきそうな感はあります。
是非勝って、ユナイテッドかバルサの待つファイナルまで進出してほしい。

あと、気になる監督人事についてはこんなニュースが。
チェルシー、グラントの後任としてヒディンクを準備

ヒディンクが来るのなら、手腕は確かな監督ですし、期待したいと思う。
ただ、ヒディンクはロシア代表との契約を延長したんじゃなかったっけ?
EURO2008のロシア代表の結果次第では来る可能性が高いかなと思います。
モウリーニョが退団し、グラントが来てからは何名かの選手も退団する
という報道もあるらしいし、選手の人身掌握術に長けた
名将が必要なんではないかなと思いますね。

チェルシー、V・デル・ファールト争奪戦でリード!?

ちょっと前まではユーベに行きたいとか、レアル・マドリーやバレンシアに行きたいとか
発言がコロコロ変わってたファン・デルファールトですが、今度は
チェルシーに行きたいとも取れる発言をしています。
本人はよく気分によって行きたいクラブが変わるみたいなので(笑)、
これはとりあえず静観したいなと。
もし本当にチェルシーに来てくれるのであれば、ランパード退団も
噂されてる中盤の補強にもなるし、歓迎したいと思います^^

あとはクディチーニ退団の報道もあるようで。
チェフが怪我で離脱する事が多かったチェルシーにとって、
クディチーニの存在は貴重な選手だったし、他のクラブなら
レギュラーも狙える選手だとも思ってますし、もし移籍しても応援したいなと。

フルハム 0-2 リヴァプール
【リヴァプール】
ペナント(前17)
クラウチ(後25)

リヴァプールのスタメン

GK レイナ
DF フィナン、ヒーピア(後1→キャラガー)、リーセ、シュクルテル
MF ベナユン、ペナント、マスチェラーノ(後27→シャビ・アロンソ)、ルーカス
FW ヴォロニン(後37→アウレリオ)、クラウチ

この試合はCL対チェルシー戦を想定してか、ジェラード、トーレス
といった選手を温存するなど、余裕ありげなリヴァプールですが、
ペナントとクラウチのゴールで勝ちました。

ブラックバーン 1-1 マンチェスター・ユナイテッド
【ブラックバーン】
サンタクルス(前21)
【マンチェスター・ユナイテッド】
テベス(後43)

ブラックバーンのスタメン

GK フリーデル
DF ウォーノック、サンバ、ネルセン、レイド
MF エマートン、フォーゲル(後40→モコエナ)、ベントリー、ペデルセン
FW サンタクルス、ロバーツ

マンチェスター・ユナイテッドのスタメン

GK クシュチャク
DF エブラ、ファーディナンド、ブラウン(後35→オシェイ)、ヴィディッチ
MF クリスティアーノ・ロナウド、ギグス(後1→ナニ)、スコールズ、キャリック
FW ルーニー(後45→パク・チソン)、テベス

ブラックバーンのGKフリーデルが大当たりだった試合でした。
フリーデルがいなければ、おそらくユナイテッドが3-1か4-1で勝てたくらいの試合だったでしょう。
この試合からヴィディッチが復帰して、リオと久々にコンビを組みました。
ブラックバーンは普段、サイド起用のベントリーがこの日はトップ下での
起用、この采配が当たりました。
試合は前半21分にペデルセンのロングスローからファーディナンド、ヴィディッチ
がミスを犯してしまい、その流れからPA内中央にいたサンタクルスが
右足でシュート、これが決まりブラックバーンが先制。
前半43分にはC・ロナウドがCKから決定的なヘディング
を放つも、これはフリーデルに止められてしまいます。
後半に入ってもフリーデルが神懸かったセービングを
連発し、ブラックバーン勝利かと思われていたのですが、後半43分
ギグスと交代したナニのCKからスコールズのヘディング
が流れた所をテベスがヘディング、これが決まり
ユナイテッドが同点に追いつき、試合は終了。
ユナイテッドが土壇場で底力を見せて引き分けに持ち込みました。
フリーデルが頑張ってくれたおかげで、チェルシーは何とかユナイテッドに
食らいつく事が出来ましたが、これが後々になって響く感じもありそうな・・・。
次戦は26日、スタンフォードブリッジでのチェルシーですが、
その前にCL対バルサ戦があります。
この試合で腰を負傷してしまったルーニーはバルサ戦はOKとの事らしいです。
両チームとも攻撃的なチームなので、派手なスコアになる事を期待しています(笑)
その方が盛り上がるでしょうし。
反対側のカード(リヴァプール対チェルシー)
は守備的な戦いとなりそうな感もありますが・・・。

ニューカッスル 2-0 サンダーランド
【ニューカッスル】
オーウェン(前4、45[PK])

アストン・ビラ5-1 バーミンガム
【アストン・ビラ】
ヤング(前28、後18)
カリュウ(前42、後8)
アグボンラホル(後33)
【バーミンガム】
フォーセル(後22)

マンチェスター・シティ 3-1 ポーツマス
【マンチェスター・シティ】
ヴァッセル(前10)
ペトロフ(前13)
ムワリュワリ(後29)
【ポーツマス】
ウタカ(前24)

アーセナル2-0 レディング
ミドルスブラ 0-1 ボルトン
ウェストハム2-1 ダービー
ウィガン 1-1 トッテナム

続きに動画と他試合の結果を載せます。
チェルシー×エバートンなどプレミアリーグの結果や19日と20日の欧州各国リーグの結果やニュース。の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。