The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
チェルシー×アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド×リバプールの試合など。
2008-03-24 Mon 19:28
チェルシー 2-1 アーセナル
【チェルシー】
ドログバ(後27、36)
【アーセナル】
サーニャ(後14)

28523_hp.jpg


チェルシーの先発メンバー

GK クディチーニ
DF エッシェン、リカルド・カルバーリョ、テリー、A・コール
MF マケレレ、バラック、ランパード
FW J・コール、ドログバ、カルー

アーセナル

GK アルムニア
DF サーニャ、トゥーレ、ギャラス、クリシ
MF エブエ、セスク、フラミニ、ファン・ペルシー、フレブ
FW アデバイヨール

この試合は、ロンドンダービーとしてもかなり有名な両チーム
との対戦となりました(ロンドンに本拠地を置くチームはかなり多いのですがw)。
入場前のシーンでは元同僚で、お互いフランス代表でも
あるマケレレとギャラスが談笑し合ってたのが、何故か微笑ましかったですw
どうでもいいですね(^^ヾ

前半6分にはドログバにFKのチャンスが訪れますが、
笛が鳴る前にエブエが飛び出してボールに当たり、
エブエにイエローカードが提示される事に。

仕切り直しとなった再度のFKではバラックが蹴りますが、
これは絶好の位置にボールが飛ぶもアルムニア
に難なくキャッチされてしまいました。
普通のGKならパンチングが多いと思いますが、
アルムニアのキャッチは凄かったですね。

前半18分、ドログバが足を痛めたようで、あわや
交代という所でした。
アネルカがアップをし始めていましたので。

前半はお互いに拮抗した展開で、点が入らない状態でした。

後半14分にはアーセナルに得点のチャンスが。
セスクが左CKからボールを送り、
サーニャが抜け出してヘッドで合わせて
アーセナルが待望の1点を取りました。

ここはマークがずれていたとしかいいようがないのかな。
サーニャが一枚上手だったような気もしますね。

追いつきたいチェルシーは後半25分、マケレレに変えて
アネルカ、バラックに変えてベレッチを投入しました。

対するアーセナルは足を痛めたサーニャに変えて、ディアビ。

その直後の後半27分、後方からロングボールが
送られたのですが、このボールがドログバに納まり、
ドログバが右足を振りぬくと
その鋭いグラウンダーのシュートがゴール右に決まり、チェルシーが同点に追いつきます。

但し、この後ドログバはユニホームを脱いでしまったので、
イエローを受けてしまいましたw
そこはご愛嬌ってことでw

後半31分、アーセナルはファン・ペルシー→ウォルコットと交代策に出ます。

その5分後には、ベレッチがPA内に浮き球のパスを送り、
このボールをアネルカがヘッドで流します。
そして、そのボールをドログバが左足でシュートを
打ち、ゴールし、チェルシーが逆転に成功!
またもやドログバがやってくれました^^

後半44分にはアーセナルがフラミニ→ベントナーと交代。
同じくチェルシーはJ・コール→ミケルと交代。

ロスタイムは5分でした。
長いような・・・

長いロスタイムでしたが、
スコアはこのまま動かず、試合は終了、チェルシーがアーセナル
を抜き、2位に浮上しました。
ユナイテッドもリバプールに勝った為、ユナイテッドとの
差は縮まりませんでした。

以下、ビッグ4の順位表。
1 マンチェスター・ユナイテッド 勝ち点73 CL出場権↓
2 チェルシー 勝ち点68
3 アーセナル 勝ち点67
4 リバプール 勝ち点57           CL出場権ここまで

ちょっとした感想。

ここ最近、ドログバはスタメンを外れる事もありましたが、
やはり大事な試合では活躍してくれるので、嬉しいですね。
そんなドログバですが、モウリーニョ退団以降、
度々発言が問題になっている事もあるようで
(発言が二転三転する事もありますが)、
来季もチェルシーにいてくれるのかどうかははっきりと言えない状況
かなとも思います。
願わくば、来季もブルーズのユニを着たドログバが見たいと思いますね。
試合後、カメラに向かってウィンクしたのもドログバらしいなぁと。

この試合で出番が無かったシェフチェンコにもちょっと触れておきたい。
チェルシーに来てから随分と時間が経つのに、
期待されていた程の活躍は今のところ、出来ていないようで、
スタメンからも遠ざかっているような感じですね。
さらに、最近はアネルカも加入しましたし、現在のフォメだと
CFタイプは一人(または二人)しか置けないので、
それも影響してるかなと思います。
出番が無いのはピサーロも同様なのですが。

シェフチェンコについては年齢の事もあり、
常にコンスタントにゴールできるかどうかというと、
疑問符がつく事もありますね。

今の状況が続くのであれば、噂されていたミランに復帰するのもありだと思いますが、
元々家族の事情でミランを離れたわけですし、
どうなるかなとは思います。

どっちにしても、好きな選手なので見守りたいと思います。


続きには他試合の試合結果を。
チェルシー×アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド×リバプールの試合など。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | プレミアリーグ | コメント:0 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。