The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2連続のアーセナル対リバプール~プレミアリーグなど 5日と6日の試合結果~
2008-04-08 Tue 02:15
やべっちFCを見たんですが、7番特集はかなり良かったですね。
特にマンUの栄光の7番特集は感慨深い物がありました^^
簡単に説明すると、ジョージ・ベスト→ブライアン・ロブソン→エリック・カントナ→
デイヴィッド・ベッカム→クリスティアーノ・ロナウドですね。
カントナの映像なんかも懐かしいなと思ってしまったしw
次のマンUの7番は誰なんでしょうね。
ロナウドがいるからまだ安泰かなと思ってしまいます(かなり若いですし)。

日本代表の7番もありましたが、ドーハ世代の井原が
7番を付けてたのは初めて知りましたw
初めて知ったというより、ドーハ世代の試合は見た事があるんで、
記憶に無かったというのが正しいかな?

今の日本代表では遠藤が7番を受け継いでますが、
個人的にちょっとどうなんだろうと思いますねw
前任者の中田英寿があまりにも偉大な存在だっただけに・・・。
遠藤がもうちょっと偉大な選手だったら、違和感無かったのかもしれないけど・・・。


プレミアリーグ

アーセナル 1-1 リバプール
【アーセナル】
ベントナー(後9)
【リバプール】
クラウチ(前42)

29120_convert_20080408015401.jpg



アーセナルのスタメン

GK アルムニア
DF トゥーレ、ギャラス、トラオレ(後27→クリシ)、ホイト(後13→アデバイヨール)
MF セスク、フラミニ(後36→フレブ)、G・シウバ、エブエ、ウォルコット
FW ベントナー

リバプールのスタメン

GK レイナ
DF フィナン、アルベロア、キャラガー、シュクルテル
MF リーセ、ベナユン(後30→ヴォロニン)、ペナント(後21→ジェラード)、ルーカス、プレシス
FW クラウチ(後36→フェルナンド・トーレス)

先日のCLでも1-1のドローとなったこのカードですが、
2戦目も1-1のドローとなりました。
アーセナルはアデバイヨールをベンチスタートさせ、
CLで痛恨のミスを犯してしまったベントナー
を先発起用した他、控え選手中心のメンバーとなりました。
試合は、前半42分、レイナのゴールキックの流れから、
クラウチがヘッドで落とし、PA手前中央のベナユンがクラウチに
ダイレクトで折り返して、クラウチがギャラスをかわして
シュートを打ち、これがリバプールにとって先制点となります。

アーセナルも早めに同点に追いつきたい所ですが、
後半9分にセスクのCKから、ベントナーがヘディングシュート、これが
決まり、アーセナルが同点に。

ベントナーって見た限りでは、CKからのヘディングで
ゴールを決めることが多いですなぁ・・・。
長身なので、それが空中戦に有利ではあるんだけど。

アーセナルに押し込まれる展開になったリバプールは
ペナントに代えてジェラードを後半21分に投入し、
これが奏功して、落ち着きを取り戻します。
勝ち越し点が欲しい両チーム、それぞれ後半36分にフェルナンド・トーレス、フレブ
と投入しますが、スコアは動かず、お互い1-1のドローとなり、試合は終了しました。

アーセナルはこの試合で勝点1しか獲得できなかった事で、ユナイテッドとチェルシーとの
優勝争いに一歩後退という形になってしまいました。
おそらく、昨季同様、ユナイテッドとチェルシーの一騎打ちになる可能性が高そうです。
リバプールもCL出場権争いの点でエバートンに
迫られつつあり、最後までCL出場権争いは目が離せない展開となりそう。
CL出場権は上位3チームはほぼ決まり、後はエバートンとリバプールの
争いになりますね。


ミドルスブラ 2-2 マンチェスター・ユナイテッド
【ミドルスブラ】
アフォンソ・アウベス(前35、後11)
【マンチェスター・ユナイテッド】
クリスティアーノ・ロナウド(前10)
ルーニー(後29)

マンチェスター・ユナイテッドのスタメン

GK ファン・デルサール
DF エブラ、ファーディナンド(後25→ピケ)、ブラウン、オシェイ(後22→ハーグリーブス)
MF クリスティアーノ・ロナウド、ギグス、キャリック、スコールズ
FW ルーニー、テベス

この時期に雪が降ったりするなど(?)、凄い天候の試合でしたw
この試合ではヴィディッチが怪我で欠場、更にはファーディナンド
も怪我してしまいピケと交代になってしまいました。
ユナイテッドの鉄壁になっている両CBの離脱は
痛いものです・・・。
前半10分にギグスのCKの流れから、クリロナが左足で
合わせてユナイテッドが先制。
ミドルスブラも前節のチェルシー戦でプレーが
脅威になっていたアウベスが、前半35分にロングボールを
アリアディエールが頭でそらしたボールPA内左から
左足でシュート、これがゴールになりミドルスブラが同点に。
更には、後半11分ゴールキックの流れから
アリアディエールが競り合い、このルーズボールを
アウベスが拾って、PA内左に侵入し右足で
シュート、これがゴールになってミドルスブラが逆転に成功します。
ユナイテッドは後半18分に、テベスを下げパク・チソンを投入。
ファーガソン監督のこの交代策が的中。
後半29分にパク・チソンのアシストから最後は
ルーニーがシュート、これがゴールネットを揺らし、ユナイテッド
が同点に追いつきます。
終盤のミドルスブラの猛攻もありましたが、ユナイテッドが何とか
耐え試合は終了、2-2の引き分けになりました。

アウベスはユナイテッド戦のゴールが、プレミア初ゴール、
相手が超と言ってもいい位のビッグクラブなので
いい思い出になった事でしょう。
もう1点取ってハットトリックとなれば良かったんですが、
ユナイテッド相手に2点も取れただけでも素晴らしいです。

敗れたユナイテッドはチェルシーとの勝ち点差が3に縮まりました。
今後の日程ですが、CLローマ戦、アーセナル戦、ブラックバーン戦、
そしてプレミアの覇権を握る鍵となる天王山のチェルシーがあり、
厳しい日程ですが、ヴィディッチ、リオが離脱してるので
ここは踏ん張りどころと言えますね。

続きにはチェルシー対マンチェスター・シティ戦と他試合の結果や動画を。
2連続のアーセナル対リバプール~プレミアリーグなど 5日と6日の試合結果~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | プレミアリーグ | コメント:0 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。