The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
死のグループを最初に抜け出したのはオレンジ軍団! オランダ対フランス、ルーマニア対イタリア~EURO2008 7日目~
2008-06-14 Sat 23:21
EURO2008

オランダがフランスにも圧勝

オランダ4-1フランス  ベルン - スタッド・ド・スイス
【オランダ】
カイト(前9)
ファン・ペルシー(後14)
ロッベン(後27)
スナイデル(後47)
【フランス】
アンリ(後26)

オランダ

GK ファン・デルサール
DF ブラルーズ、オーイエル、マタイセン、ファン・ブロンクホルスト
MF デヨング、エンゲラール(後1→ロッベン)、カイト(後10→ファン・ペルシー)、ファン・デルファールト
   (後33→ボウマ)、スナイデル
FW ファン・ニステルローイ

フランス

GK クペ
DF サニョール、テュラム、ギャラス、エブラ
MF マケレレ、トゥララン、ゴブ(後33→アネルカ)、リベリー、マルダ(後15→ゴミス)
FW アンリ

716390_w2_convert_20080614231735.jpg


アップが遅くなってしまいました(;^_^A

死のグループ初戦、イタリア戦で快勝したオランダですがこの試合でも
強豪フランス相手に圧勝する結果となりました。
やはりオランダは強いですね。当初はグループリーグを勝ち抜く
のは厳しいとも見られたのもあったのですが、蓋を開けてみると
オランダがダントツでグループリーグ1位抜けとなりましたね。
この結果により、ドイツW杯ファイナリストのフランスとイタリアが揃って
グループリーグ敗退の危機に直面してしまいましたね・・・。

この試合ではアンリがスタメン復帰、マルダとゴブをウイング気味に置いた
フォーメーションとなりました。オランダの方はイタリア戦と同じフォーメーションとなっています。

前半9分、右サイドからのファン・デルファールトのCKをゴール前の
カイトがマルダに競り勝ってヘディングシュート、これが決まり
オランダが早い時間帯に先制することに成功しました。

先制に成功したオランダがボールを試合する時間帯が続いていましたが、
30分を過ぎた辺りからフランスも攻勢を強めましたが
点は取れず、前半が終了し、後半に入りました。

オランダは後半開始からエンゲラールに代えて、ロッベンを投入。
これにより、ファン・デルファールトが中盤に下がりました。

後半14分、左サイド低い位置かでファン・ニステルローイのルーレットから
ロッベンにパスが渡り、左サイドを上がったロッベンがファーサイドにクロス。
これをファン・ペルシーがダイレクトで合わせてシュート!
これはクペに当たりますが、ゴールに入りオランダが追加点を挙げ、
2-0になりました。

716362_w2_convert_20080614231818.jpg


26分にはフランスが反撃に。
右サイドからのサニョールからのクロスをゴール前に走りこんだ
アンリが左足で合わせて、ボールは枠の左隅に決まり、
フランスが1点差になりますが、この後もオランダの勢いは止まりません。

その一分後の27分、中央からのスナイデルのスルーパスを受けた
ロッベンがPA内左に侵入し、テュラムのマークをかわして、左足を振りぬき
角度のない所からのシュートでしたがボールは枠の左上に入りゴール!
オランダが3-1となり、フランスにダメを押す決定的なゴールとなりました。

47分にも、オランダにとって決定機が訪れます。
PA手前中央でボールを受けたスナイデルは体を反転し、
強烈なミドルシュートを放ち、これがクロスバーをかすめて
枠の左に決まりゴール。オランダが4-1になりました。

これで試合は終了し、オランダがイタリア戦に続いてよもやの圧勝劇となりました。
堅守のイタリア、フランスもどちらかというと堅守の部類に入るので
そのチームから4点も取れたのは大きいですね。
フランスはテュラム、マケレレとベテラン選手がいますが、もう年齢的にも
限界という感じもあるかも・・・。
マケレレ、テュラムと共に確か一度は代表引退を表明したはずですが、
ドメネクさんによって酷使されているような感じもありますし。
出来ればメクセスを呼んでほしかったなと・・・。

やはり、ベンゼマが見たかったなぁ・・・。スベルコシュのようにいきなり出れば
活躍する可能性もありますし。
これはドメネクさんの采配にも疑問を持ちますけどね。(怪我をしている選手を
起用したり、結果の出してる選手を呼ばなかったりと・・・)

オランダは圧巻の攻撃力ですね。優勝候補国ですが、グループリーグで飛ばしすぎて
逆に決勝トーナメントで反動が出たりしないか心配になってしまうくらいです。
個人的にはオランダも好きなので、優勝してほしいなとは思ってますが(^^ヾ
ファン・バステンも良い形で代表から引く事が出来そうな感じもあります。
(大会後はアヤックスの監督になる事が決定しているので)

フランス、イタリアはルーマニアの結果待ちとなりましたが、
最悪の場合、両方ともグループリーグ敗退となってしまうので、それは避けてほしいなと思いますね。

続きにはルーマニア対イタリアを。
死のグループを最初に抜け出したのはオレンジ軍団! オランダ対フランス、ルーマニア対イタリア~EURO2008 7日目~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | EURO | コメント:6 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。