The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
決勝トーナメント最後の切符を勝ち取ったのは、ヒディンク率いるロシア!~EURO2008 12日目~
2008-06-19 Thu 20:28
EURO2008

ロシア2-0スウェーデン  インスブルック - ティボリ・ノイ

ロシア、直接対決を制し8強入り

【ロシア】
パブリュチェンコ(前24)
アルシャビン(後5)

ロシア

GK アキンフェエフ
DF イグナシェビッチ、コロディン、ジルコフ、アニュコフ
MF セマク、ビリャレトディノフ(後21→サエンコ)、ジリャノフ、セムショフ
FW アルシャビン、パブリュチェンコ(後45→ビストロフ)

スウェーデン

GK イサクション
DF ニルソン(後34→アルベック)、メルベリ、ハンソン、ストール
MF スベンション、リュングベリ、エルマンデル、アンデション(後11→シェルストレーム)
FW イブラヒモビッチ、ヘンリク・ラーション

722029_w2_convert_20080619192612.jpg


スペインの試合を見ようかと思っていたのですが、この試合は決勝トーナメント
最後の切符を争うという事で、少々悩みつつもロシア×スウェーデンを見る事にしました(^^ヾ
ロシアはこの試合からいよいよ、ゼニトのUEFA杯優勝の立役者、アルシャビン
が2試合出場停止から復帰しました。それまでのロシアは内容とも
あまり良くなかったのですが(特にスペイン戦は)、アルシャビンが復帰してから
見違えるような内容になりました。
2試合出場停止のアルシャビンをチームに帯同させるという
ヒディンクの判断は正しかったと思いましたね。
この試合はグループリーグ最終節となりましたが、ロシアが最後の切符を
手にする事になりましたね。

スウェーデンは、怪我で2試合とも途中交代だったズラタンがフル出場しました。
FWはラーションとの2トップになりました。

試合は立ち上がりからロシアの猛攻が続き、シュート数もスウェーデンを圧倒的に
上回っている事もあり、ロシアがスウェーデンの自陣に攻める時間帯
が多く見られました。

前半24分、ロシアに決定機が訪れます。
右サイドをショートパスで崩し、PA内右に侵入したアニュコフがグラウンダーのパス、
これをパブリュチェンコが合わせてゴール。ロシアがパブリュチェンコのゴールで先制。

スウェーデンも反撃を試みますが、27分にラーションが左サイドからのクロス
をヘディングで合わせるが、クロスバーに直撃しゴールはならないという場面も
ありました。
この後もリュングベリとニルソンにチャンスが訪れますが、アキンフェエフの
好守により、ゴールは破れず・・・。

前半が終了し、後半を迎えますが、いきなりロシアにチャンスがやってきました。

5分、相手のパスを中盤で奪いカウンター。素早くパスを繋いで最後は
左サイドを上がったジルコフのパスに、PA内中央のアルシャビンがスライディング
シュートに似た形で合わせ、ゴールに。ロシアが追加点、2-0になりました。

722131_w2_convert_20080619192657.jpg


ピンチになったスウェーデンは、11分にアンデションに代えてシェルストレーム
を投入し、攻撃的に。

21分、ロシアもビリャレトディノフに代えて、FWのサエンコを投入し、ヒディンク監督
はさたに攻撃的な策に出ました。

34分にスウェーデンも、いぶし銀的なアルベックをニルソンに代えて投入しますが、
前掛かりになった所をかえってロシアに攻められるシーンが続いて何度も
ピンチを迎えてしまう。
ロシアは攻め続けるも、追加点は取る事が出来ず、
スウェーデンもアルベック、ズラタン、ラーションの3トップにしましたが
点は取れず、試合は終了してロシアがスウェーデンに2-0で勝ちました。


個人的にはスウェーデンが好きなので、スウェーデンに勝ってほしかったのですが、
蓋を開けてみればロシアがシュート数21、ポゼッション55%とスウェーデンを
内容と共に圧倒してました。
やはり、ゼニトのアルシャビンがいるのといないのとでは全く違ったチームになりましたね。
ゼニトをUEFA杯優勝に導いた実力は伊達ではありませんでしたね(;^_^A
ゼニトが躍進したように、ロシアもグループリーグ突破となりましたが
優勝だけはどうしても勘弁してほしいですね(;^_^A
スウェーデンはラーションが復帰しましたが、ノーゴールと期待には添えなかったように
思いますね。惜しいシーンは何度かありましたが・・・。
ズラタンも怪我で本調子でなかったのが・・・。

これでロシアは、決勝トーナメントではオランダと対戦する事になります。
ヒディンクマジック炸裂(?)となりましたが、オランダ戦では
個人的にも断然オランダを応援する側に回るので、ここは一つ、ファン・バステン率いる
オランダにロシアを倒してもらいたいなと思いますね。

それにしても、イングランドが敗退してなかったらこのグループに入っていたんだろうか
と思ってしまいます・・・。

続きにはスペイン×ギリシャと、決勝トーナメントの詳細を。
決勝トーナメント最後の切符を勝ち取ったのは、ヒディンク率いるロシア!~EURO2008 12日目~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | EURO | コメント:4 | トラックバック:1
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。