The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2010年W杯に向けたアジア最終予選の組み合わせ発表!~日本は因縁のオーストラリアと同組に~
2008-06-29 Sun 00:03
日本はオーストラリア、バーレーンなどと同組=サッカーW杯アジア最終予選

20080627-00000043-jijp-spo-view-000.jpg


EURO2008の試合について書く日々が続いていましたが、決勝まで少しだけ
日も空きますし、久しぶりに日本代表ネタを書きたいと思います。

27日6時頃、マレーシアのクアラルンプールで2010年W杯出場権を
懸けたアジア最終予選の組み合わせが行われ、発表されました。

組み合わせはリンク先にも書いていますが、以下の通り。

<グループA>
オーストラリア
日本
バーレーン
ウズベキスタン
カタール

<グループB>
韓国
イラン
サウジアラビア
北朝鮮
UAE

まずは、日本代表の組み合わせの感想から。

また、バーレーンと一緒になったなぁというのが第一印象ですね。
バーレーンとは2006年のドイツW杯最終予選の時も一緒になっていますし。
あの時はサルミーンのまさかのオウンゴールで救われた事もありましたがw
最近では3次予選のアウェーでバーレーンに川口のミスにより、1-0で
負けていますし、この試合が岡田監督にとっては屈辱的だったそうで
バーレーン戦を転機にして欧州組を呼ぶなど本気になったきっかけとも言える
試合になりました。

カタールとは日本代表が対戦した戦績では、一回も勝った事のない相手ですし
(ちなみに2敗3分)アジアカップでは終了間際にウルグアイから帰化したセバスチャンのゴールで引き分けられたのも、記憶に新しいですし、その他にも帰化選手が多数いるので、正直言えば当たりたくないなぁっていうのが率直な感想ですね。それにアウェーではもっと苦戦する可能性もあるでしょうね。

ウズベキスタンとは近年暫らくやっていないので、どんなチームになっているかは
分かりませんが、ウクライナリーグの名門ディナモ・キエフで得点王も取った事のある
シャツキフもいるそうですし、その他ロシアリーグなど東欧のクラブでプレーしている選手も
いるので、どちらかと言えばアジアより欧州型のチームかもしれませんね。
以前に対戦していた時は大量得点を取るなど、お得意(?)の相手だったのですが、
今では実力も縮まっているでしょうね。
川淵さんもウズベキスタンについては警戒しているようなコメントが新聞に載っていました。

最後にオーストラリアに触れておきたいと思います。
アジアカップでは高原の活躍やPK戦の末、勝てたのですが、
2006年6月12日に行われたドイツW杯での、オーストラリア戦は未だに忘れる事の出来ない一戦ですね。あの試合を言葉で表現するとすれば「カイザースラウテルンの屈辱」がピッタリでしょうね。
灼熱の中、後半に入って足が止まっていたのをケネディ、ケイヒル、
アロイージと流れの変える事の出来る危険な選手を次々に投入されて、
ケイヒルに2得点も奪われたのは、今でもよく憶えていますしあの時は悔しかったですね(汗)
ジーコ監督がリードしていた時の小野の投入が原因だとも言われていますが(;^_^A
ビドゥカはアジアカップ後に代表引退したという情報もありますが、どうやら今は足の
怪我で代表を離脱しているらしく、今後代表に復帰するという情報もあるそうです。
ビドゥカはクラブでもミドルスブラ時代よりは調子が良くないのですが、同じFWには
スコティッシュ・プレミア得点王のマクドナルドがいるので、ビドゥカよりもマクドナルド
を警戒すべきでしょうね。

今のオージーの主力が誰だか分からなかったのですが、一応2年前のドイツW杯の時とは
やや変わっているみたいですね。調べたら最近のメンバーが分かりましたので、リンクを貼ります。

オーストラリア代表メンバー 

これは5月26日時点のものですが、ウエストハムの主将のニールが選ばれていないのが
気になりますね。この時はケイヒルは足の怪我で長期欠場していたはずなので、
最終予選には間に合わせてくるでしょう。キューウェルも健在ですし・・・。

最終予選は厳しい組ばかりですが、特に韓国のいる組はきつそうだなぁって
思ってしまいますね。イランやサウジ、北朝鮮に対して日本は苦手意識を持っているくらいですし。
率直言って、この組よりはグループAの方が恵まれてるかなと思いますね。
韓国とも真剣勝負を長らくやっていないですが、まずはW杯出場権を獲得する事が
大事なので・・・。

個人的にはオージーとの対戦がかなり盛り上がる方ですがw
3次予選と比べると、かなり大変になりますが、何としてもW杯の出場権を
取ってほしいです!

岡田さんでは心配ですが、上手くいくように祈るしかないですし、そう祈りたいと思います。

<日本の最終予選日程>
2008年9月6日:バーレーンvs.日本
10月15日:日本vs.ウズベキスタン
11月19日:カタールvs.日本
2009年2月11日:日本vs.オーストラリア
3月28日:日本vs.バーレーン
6月6日:ウズベキスタンvs.日本
6月10日:日本vs.カタール
6月17日:オーストラリアvs.日本

続きにはサッカーニュースを。
2010年W杯に向けたアジア最終予選の組み合わせ発表!~日本は因縁のオーストラリアと同組に~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:10 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。