The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
U-23日本代表対U-23アルゼンチン代表~北京オリンピック壮行試合 まさかの結末に~
2008-07-30 Wed 20:28
日本対アルゼンチンは雷雨のため0-1で試合中止=サッカー五輪代表壮行試合

20080729-00000041-jijp-spo-view-000_convert_20080730202443.jpg


U-23日本0-1U-23アルゼンチン
【アルゼンチン】
ディ・マリア(後23)

※激しい雷雨により、後半38分で試合が終了

日本のスタメン

GK 西川周作
DF 森重真人、 水本裕貴、安田理大(後32→長友佑都)、内田篤人
MF 本田圭佑(後32→岡崎慎司)、梶山陽平、谷口博之、香川真司、本田拓也
FW 豊田陽平(後20→森本貴幸)

アルゼンチンのスタメン

GK ウスタリ
DF サバレタ、パレハ、ガライ、モンソン
MF マスチェラーノ、ガゴ、リケルメ
FW アグエロ、ラベッシ(後34→アコスタ)、ディ・マリア(後28→ソサ)

この試合は、北京五輪前の最後の試合(壮行試合)となった訳ですが、
最後のテストマッチとしては反町ジャパン最強の相手としても謳われていた
いい対戦相手となったアルゼンチン戦ですが、意外な結末になってしまいました・・・。
周知の通り、雷雨で中止となった訳ですがテレビ観戦してて
日本代表の試合でこのような終わり方をしたのを見たのは、おそらく
初めてだと思いますね。(過去にインドネシアで停電による中断とかはありましたがw)
リケルメ、マスチェラーノ、アグエロなどタレント揃いのスター軍団を
見たいと思ってて、国立まで行こうかなと密かに思ってましたが、この天候では
行かなくて正解だったかなと思います(笑)
メッシも来なかったですし・・・。

以下、試合について書きたいと思います。

日本代表は李が怪我しているらしく(別メニュー調整とのニュースも出てました)、
豊田の1トップに。オーストラリア戦とは違うシステムになりました。
ちなみに4-5-1ですが、これはトゥーロン国際でイタリアを
0点に封じた時のシステムらしいです(結果的にはPKで負けましたが)。

リケルメは五輪本番のコートジボワール戦に合わせているので、
日本との試合は欠場かなんて情報もありましたが、無事に出場できています。

前半開始からは予想通り、アルゼンチンペースで進みました。

前半6分、アルゼンチンにチャンスが。
安田がファウルで止めたのをFKになり、リケルメが蹴りますがワンバウンドしてポスト直撃に。
ワンバウンドしても入るギリギリのところだったので、
危なかったですね。さすがはリケルメです(笑)

7分、カウンターからリケルメからラベッシ。ラベッシが出したスルーパスに
アグエロが反応するも、わずかに合いませんでした。

9分、ディ・マリアが内田を削ったので、イエローカードが提示されました。

15分、PA手前から本田圭のミドル。仲間FWに当たってゴールキックに。

25分、中盤でボールを奪いカウンター。ラベッシへのスルーパスがありますが
これは西川がキャッチ。

30分、中央やや左でリケルメのFK。こぼれ球を最後はディ・マリア
がシュート。これは日本のDFがブロックしました。

37分、日本がパスワークで右サイドを崩し、フリーの内田が突破してきた所を
マスチェラーノがスライディングタックルで倒し、マスチェラーノに
イエローカードが提示される。

38分、本田圭の右からのFK。ブレ気味のボールに谷口が飛び込むが
、わずかに合いませんでした。

43分、水本のファウルからアルゼンチンのFK。PA右手前から
リケルメが放ったボールは西川が飛び出してパンチング、クリアしました。

前半が終了し、後半を迎えます。
U-23日本代表対U-23アルゼンチン代表~北京オリンピック壮行試合 まさかの結末に~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 五輪代表 | コメント:16 | トラックバック:0
チェフ、エッシェンの契約延長、マケレレの移籍など、サッカーニュースを幾つか。
2008-07-24 Thu 19:57
ちょっと間が開きましたが、その間にも移籍市場は色々動いていて
チェルシー関連でも大きな動きがあったので、その関連した情報を
今更ですが書きたいと思います。

チェフがチェルシーと2013年まで契約

636749520-soccer-uefa-champions-league-semi-final-second-leg-chelsea-v_convert_20080724020518.jpg


以下、スコラーリ監督のコメント。

「私は彼が世界最高のGKだと思っている。チェルシーに残ることを決意してくれて非常に満足している」

続いて、チェフのコメント。

「チェルシーのユニホームを着続けることができるのは、僕にとって名誉なことだ。契約を延長できてうれしい。このクラブで働く人たちや素晴らしいサポーターは、もう僕の心の一部になっている」

チェルシー正守護神でもある、チェコ代表GKのペトル・チェフが22日、チェルシーとの契約を
5年延長し、2013年までの契約延長にサインしました。
EURO2008ではミラクル・トルコとの試合でファンブルするなど、ミスもあったチェフ
ですが、それ以外はC・ロナウドのシュートを止めるなど
結構好セーブを見せてくれる事も多く、セービング能力には疑いのないほど
実力がありますし、世界でもトップ5にはに入るほどのキーパーだと思ってるんで
来季も期待したいです!
そういえば、EUROでチェフのヘッドギアみたいなのを付けたサポーターがいた事を
思い出しました・・・。チェルシーファンとしては、ああいうのを見ると良くは思わないんですよね・・・。

そういえば、GKのクディチーニは退団を決意したという情報も以前あったんですが、
どうなったんでしょうね。個人的にはクディチーニにも残ってほしいです^^
クディチーニなら実力もレギュラークラスですし、他クラブに移籍してもおかしくないですが、
来季もチェルシーでプレーしてほしいなと思いますね。

エッシェンが契約延長

1285425333-soccer-barclays-premier-league-newcastle-united-v-chelsea-st-james.jpg


以下、スコラーリ監督のコメント。

「私はここに来て間もないが、エッシェンが世界最高のミッドフィルダーの一人であることはよくわかっている。常に彼のことを称賛してきたし、これほど長くチェルシーにとどまることになったのは、私にとってもクラブにとっても良いニュースだ」

以下、エッシェンのコメント。

「チェルシーと契約を延長できて、本当に嬉しいよ。僕はここでとてもハッピーだ。素晴らしいチームだし、僕を常に喜ばせてくれるファンタスティックなファンもいる。新監督の就任もあって、僕は新シーズンに向けて非常にポジティブに感じているよ」

チェフの契約延長も嬉しかったですが、エッシェンも翌日にチェルシー
との契約延長する事が発表されました。エッシェンは本来のポジションなら
豊富な運動量を生かした守備や攻撃でチームに貢献してくれるのですが、
グラント元監督だった昨季は、右SBのフェレイラやベレッチが調子が良くない事もあって
右SBで起用される事も多かったですね。プレミアでもベストの
右SBといってもいい位の働きでもありましたし(本来のポジションと違うので
素直に喜んでいいのか分かりませんが、エッシェンのポリバレント性は魅力ですね)。

ちょっと前にはモウリーニョがエッシェンに、直接インテルに来ないかという連絡を
取ったというニュースもあった位なので、インテルに行きそうな気配もあったのですが
結果的にチェルシーに残ってくれたのは嬉しいです!
来季も貴重な戦力として活躍してくれるといいなと思いますね。

続きには、マケレレの移籍情報や、サッカーニュースを。
チェフ、エッシェンの契約延長、マケレレの移籍など、サッカーニュースを幾つか。の続きを読む
別窓 | 移籍情報 | コメント:10 | トラックバック:0
ブリッジの契約延長と、ロナウジーニョのミラン移籍が決定!
2008-07-16 Wed 20:21
ブリッジ、チェルシーと2012年まで契約延長

4026437031-soccer-barclays-premier-league-chelsea-v-wigan-athletic-stamford-bridge.jpg
契約延長したブリッジ


チームで主に左SBとして起用されている、ウェイン・ブリッジですが
チェルシーはそのブリッジと2012年まで契約延長した事を発表しました!

ブリッジ契約延長に関する新任のスコラーリ監督のコメントは以下の通り。

「ウェインがチェルシーとの契約を延長してくれて、とてもうれしく感じている。まだ、ここに来て数日しか経ってないが、彼が素晴らしいプロ意識を持っている選手であることは分かっているよ。それに私は、彼のプレースタイルを非常に気に入っている」


チェルシーでは、A・コールのバックアッパーが多いですが
怪我する事もあったので、そんな時はブリッジの存在が貴重になってきますね。
クロス精度も非常に高いですし、他のチームならレギュラーでも
おかしくないのですが、こういった契約延長でチームに残ってくれるという
意思を示してくれたのは良かったですね!
おそらく、今夏の移籍市場が始まってから、チェルシーで契約延長を
したのはブリッジが初めてではないかと思われます。

来季もブルーズのユニを着たブリッジが見れるのは素直に
嬉しいですね^^
これでA・コール同様、チェルシーの左SBは暫らく安泰だと思いますね。

この調子で、出来れば特にランパード、ドログバ、カルバーリョとの契約延長を
決めてもらいたいですね。

続きにはロナウジーニョなどの移籍情報を。
ブリッジの契約延長と、ロナウジーニョのミラン移籍が決定!の続きを読む
別窓 | 移籍情報 | コメント:14 | トラックバック:1
北京オリンピックの日本代表メンバー発表とサッカーニュースを幾つか。
2008-07-15 Tue 02:18
北京五輪登録メンバーに森本、香川ら18名=サッカー

8_convert_20080715022349.jpg


何かと色々とOA問題などについて話題になった日本の北京五輪代表ですが、
今日、本選に臨むメンバーが発表されました。
色々と言いたい事などはありますが、まずはメンバーから。
本選に臨む18名のメンバーは以下の通り。

GK:
山本海人(清水)
西川周作(大分)

DF:
水本裕貴(京都)
長友佑都(FC東京)
森重真人(大分)
安田理大(G大阪)
内田篤人(鹿島)
吉田麻也(名古屋)

MF:
本田拓也(清水)
谷口博之(川崎)
梶山陽平(FC東京)
細貝萌(浦和)
本田圭佑(VVV/オランダ)
香川真司(C大阪)

FW:
豊田陽平(山形)
李忠成(柏)
岡崎慎司(清水)
森本貴幸(カターニア/イタリア)


反町監督はこのメンバーを最強のメンバーだと仰ってましたが、
何をどう見て最強のメンバーなのか分かりません(汗)
各国はOA枠をフル活用してくる中、日本は遠藤、大久保を当初
招集しようとしていましたが、遠藤についてはウイルス感染症に罹ってしまい、
入院までしてしまう事態になって、五輪に間に合うかギリギリの状態だったんですが、
結局ガンバが招集断念の旨を協会に伝える事になって、遠藤
は外れる事となってしまいました。

OA枠は使用せず=反町監督、遠藤の代表辞退了承-五輪サッカー〔五輪・サッカー〕

この件を受けて、反町監督はOA枠を使わない事を明言したようです。
使わない事を明言しても、密かにOA枠の選出を期待していたのですが(;^_^A
噂されていたのは、川崎の憲剛ですが、結局招集される事はありませんでした。
遠藤が出ていない時の為のゲームメーカーでは、梶山になると思うんですが
梶山だと憲剛、遠藤両選手とともにもどうしても見劣りしてしまいますし。
遠藤が無理だと分かったら、その時点でOA枠を使わないという
事を決断してしまわないで、もう少しOA枠について検討してほしかったなと思いますね。
他の国は分かる範囲で、ナイジェリアはリール時代にCLでも活躍していた
オデムウィンギー、オランダはマカーイ(フェイエノールト)、シボン(へーレンフェーン)、
ヤリエンス(AZ)とベテラン選手使ってきています。7月24日に、日本と対戦する
オーストラリアはドイツW杯代表のトンプソン、カーニー、ノースを選出しております。
イタリアはラツィオのロッキのみの選出だそうです。
アメリカについては情報が少ないのですが、分かってる範囲で
OAとしてはフルハムのマクブライドが有力だそうです。
アルゼンチンとブラジルは先日発表した通り、ブラジルはロナウジーニョ、ロビーニョ、
チアゴ・シウバを選んでいますが、ロナウジーニョには所属しているバルサが
招集拒否だとか。戦力外とも言われているという情報もありますし、
ちょっとこの招集拒否の意図は分かりかねますね(;^_^A
エトーや、メッシの招集には比較的協力的だそうですが・・・。

バルサ、ロナウジーニョの五輪出場参加認めず=サッカー〔五輪・サッカー〕

アルゼンチンはマスチェラーノ、リケルメ、ブルディッソを選んでおり、OA枠としては反則級のメンバーとなりましたね(^_^;)

ブレーメンとシャルケ、ジエゴとラフィーニャの五輪参加に反対

個人的にラフィーニャとジエゴはかなり好きなだけに、五輪で見たいんだけどなぁ(特に後者)。
クラブによって協力的なチームとそうでないチームがあるので、難しいもんですね(汗)

こういったように、各国はメダルを取る為にOA枠を含めたベストメンバーを
揃えてきているだけに、強豪国と比べれば元々戦力的にも厳しい日本がOA枠ゼロと
いう結果になってしまった事はかなり残念ですし、本大会にもあまり期待は
持てなそうです・・・。大久保なんてクラブが招集拒否していましたが(怪我の理由で)、
普通に試合にも出ていますが・・・。よく分からないですし、ちょっと不可解ですね。

あと、外れた選手としては特にエスクデロ、梅崎、水野、柏木、青山直が見たかったなと
思いますね。梅崎は流れの変える事の出来る貴重な選手なだけに、
外れてしまうのは勿体ないと思いますね。エスクデロに関しては詳しい事は分かりませんが
若年での帰化がFIFAで問題となって、選考にも影響してきた感もあります。
柏木、青山直、水野については予選で代えの利かない選手として
活躍してくれただけに、外れたのは残念です・・・。水本はトゥーロン国際大会で
でミスが多かっただけに青山直なら安定感もありますし、そっちの方が
良かったかなと思う。DFに目を移すと、純粋なCBが水本、吉田の二人しかいないので
大丈夫か?とも言いたくなります。一応、森重、細貝も出来ますけど・・・。

FWについては期待できそうなのが森本と、李くらいでしたが
まずは外れなくて良かったかなとは思います。豊田と岡崎の選出
については首を傾げたくなりますね。豊田も反町監督によると、「シュート
が入らない」とまで仰っていた位ですし、自分からそんな事をいう位だったら
他の選手を招集してくれればと思ってしまいます。

色々と意見がありましたが、OA枠を使ってほしかったなというのが本音ですね。
他の国と比べると戦力的にも、見劣りしてますし。

23歳以下で挑む以上、良い経験になるような試合を望みたいですが、
五輪なので、出来れば結果もついてくる事を期待したいです^^
いい例はカナダで行われたU-20W杯の時ですが、あの時のように旋風を
巻き起こしてほしいですね。ビリーズブートキャンプや、カメハメハとか元気玉とか
(ちなみにドラゴンボールのパフォーマンス)やったパフォーマンスが懐かしいですw

北京五輪のサッカー競技の日本代表の初戦は8月7日、米国戦から。
北京五輪のサッカーについては、余裕があれば試合について書きたいと思ってます。

続きにはサッカーニュースを幾つか。
北京オリンピックの日本代表メンバー発表とサッカーニュースを幾つか。の続きを読む
別窓 | 五輪代表 | コメント:7 | トラックバック:0
北京オリンピックの各国代表メンバーや日本代表について。チェルシーニュースも。
2008-07-09 Wed 02:18
EUROも終わり、移籍市場が活発になるかと思いますが
今のところは大物選手の移籍がまだ少ないようなので、今後も推移を
見守りたいと思います。
何かと主力選手の移籍が噂になっているチェルシー関連ですが、
個人的にも嬉しいニュースがありました!

チェルシー、ランパード放出を拒否

28034_convert_20080709012757.jpg


イタリアにバカンスに行った際、インテル移籍に関して「おそらくね」とマスコミに
コメントしたりと移籍濃厚なランパードでしたが、チェルシーはランパードの移籍に関して、
放出を拒否した模様です。
チェルシーのコメントは以下の通り。

「チェルシーFCは、フランク・ランパードの移籍についてインテルからオファーを受け取ったことを認めます。そして今朝、インテルにフランク・ランパードに関する交渉は行わないと伝えました」

これはチームとしてランパードの放出拒否を初めて表明したようですし、
是非とも来季もチェルシーに残ってほしいと思います!
ただ、モウリーニョが「今季は獲得せず、来季以降フリーになった時に獲得する」というコメントを出したなんて報道もあったので、早くランパードには契約延長をして安心させてほしいですね。
ドログバは移籍濃厚かと思いますが(残る可能性も否定できませんが)、ランパードには
チームの顔でもありますし、残ってほしいですね。
それにしても、ドログバが移籍してしまったら軸となるFWがいなくなりそうな感じもしますね。
どっちかというとこっちの方が危ない気もしますね。

代わりのFWが獲得できれば言う事なしなんですが、プレミアのビッグ4を見回しても
リヴァプールにはトーレス、アーセナルにはアデバイヨール、ユナイテッドには
ルーニー、テベス、C・ロナウドと得点王に絡める力のあるFWが揃っているので
チェルシーにも是非そんなFWを獲得してほしいと思います。
来季は得点ランキング上位にチェルシーの選手がいてくれるといいなぁ。
噂ではエトーの獲得の可能性もあるとか。

ランパード獲得を諦めないモラッティ会長

個人的にモラッティ会長にはいいイメージが無いのですが(気に入った選手を
次々と欲しがったりするので)、簡単にランパードは渡しませんと言いたい気分ですねw
あわよくば、このまま引き下がってくれる事を願いたいと思います。

スコラーリ監督:「ドログバ残留は200%」

200%って突っ込みたい数字のような気もしますけど、移籍決定的とも
言われてるドログバをスコラーリが慰留してくれて来季も見れたらいいなとは思いますけどね。
ただ、チームに対して問題発言をする事が多いので、そこは直してほしいなと。

イバノビッチ:「僕はR・カルバーリョより優れている」

昨季全く出場機会の無かったセルビア代表DFのイバノビッチですが、
カルバーリョとアレックスよりも優れていると言ってますが、
どこからそんな自信が湧いてくるのか分からないですねw
セルビア代表では主力らしいですが、そんなに試合を見た訳ではないので詳しい事は
言えませんが、そんなに自信があるなら来季は期待しちゃおうかなと思いますw
ただ、イバノビッチにはユーべ移籍の噂があり、チームに残るかどうかは
はっきりとは言えないですね。

続きには北京オリンピックについて。
北京オリンピックの各国代表メンバーや日本代表について。チェルシーニュースも。の続きを読む
別窓 | 五輪代表 | コメント:14 | トラックバック:0
EURO2008の自分なりの総括や感想
2008-07-03 Thu 00:32
EURO2008も閉幕した事ですし、ちょっと遅ればせながら自分なりに
印象に残った選手や試合、チームなどの感想を書きたいと思います。

729217_w2_convert_20080703002220.jpg


・フレイ(スイス代表FW)
記念すべきEURO2008が開催して盛り上がっていた時に
グリゲラと接触し、怪我して負傷退場してしまったフレイ。
前半で泣きながらピッチを後にしていったのが、開幕戦一番の衝撃でした。
開催国でしたし、モチベーションも高かった事だったと思うのですが、
対チェコ戦でフレイにとってEURO2008が終了してしまったのは
観戦してるこちらとしても、悲しかったです・・・。
後半に松葉杖をつつきながらピッチに戻ってきた事も印象的でしたね(泣)
フレイがいたらスイス代表はどこまで行けたろうかと思ってしまいます。

・スベルコシュ(チェコ代表FW)
フレイが負傷退場したこの試合、EURO2008の記念すべきファーストゴール
を奪ったのがスベルコシュでしたが、個人的には全く知らなくノーマークの選手だったので
スベルコシュが初ゴールを奪ったのは失礼ながら、意外でしたね。
ファーストゴールだったら、スイスのバルネッタかフレイ、チェコだったらバロシュ辺り
が取るだろうなぁと開幕前には予想していたので。
しかし、開幕弾を奪った後の試合はチェコはコラーかバロシュの1トップ起用になり、
スベルコシュに対して、突然出場機会が無くなってしまったのは
今でも不思議に思ってしまいますね。
ちなみにフェニン(フランクフルト)も全く出場機会がありませんでした・・・。
EURO2008が終わって、スベルコシュに対してはプレミアのクラブから興味を持たれているそうです。

・シオンコ(チェコ代表MF)
シオンコもあまり知らない選手だったのですが、ポルトガル戦のダイビングヘッド
でのゴールなど、スベルコシュと同じくチェコ代表では一番印象に残った選手でしたね。
クラブがコペンハーゲンという事で、CLやUEFA杯でしか見られる機会がないようなので
出来れば4大リーグに移籍して、もっと見たいと思える選手だったと思います。
チェコの黄金期を支えたポボルスキーの後継者とも言われてるそうです。
それと、チェコではMVP級の活躍だったと思いますね。
あとは、トルコ戦で一時はリードするゴールを奪ったプラシールも印象に残った選手だ
と思いました。

・ムトゥ(ルーマニア代表FW)
死のグループを盛り上げたくれたと言ってもいいほど、過言ではないルーマニア
ですが、特にムトゥの活躍が無ければここまでは行かなかったと思いますね。
フランスに引き分け、イタリア戦でのムトゥの先制ゴールを奪ったルーマニア。
その1分後に同点ゴールをパヌッチに奪われますが、その後に
パヌッチがダニエル・ニクラエを倒してしまい、ルーマニアにPKが与えられる。
蹴るのはムトゥですが、見事にブッフォンの手と足を使ったアクロバティックなセーブで
止められてしまうのですが、ルーマニア(特にムトゥ)は天国から地獄に落ちてしまったような
感じで、ムトゥにはメンタル面でダメージを受けたのか、表情にはっきりと
落ち込んでいたのが印象に残ってしまいましたね。
結果的にこのPKストップが転機となったのか、ルーマニアはグループリーグ敗退、
イタリアは決勝トーナメント進出となりました。
この試合がターニングポイントだったような気もします。

・ジョアン・モウチーニョ(ポルトガル代表MF)
初戦のトルコ戦のルーレットパスからラウール・メイレレスに
渡したパスでしたが、それが衝撃的に映りました。線も細いのですが(確か体重60kg台)
それを補って上回るテクニックの高さが印象的でしたね。
モウチーニョはミゲル・ヴェローゾとのポジション争いに勝ったという感じが強いですね。
移籍市場ではミゲル・ヴェローゾばかりが注目されそうな感じですが(最有力は
ユナイテッド移籍)、モウチーニョも注目の的になってきそうです。

・マリオ・ゴメツ(ドイツ代表FW)
個人的に、大会前から得点王有力候補だと予想してしまったのですが、蓋を開けてみれば
EURO2008を通じて無得点に終わってしまいましたね。
ドイツは決勝まで進んだものの、ゴメツはグループリーグの時点で見切りをつけられた
という印象が強いですね。この大会で期待外れの選手を選ぶとしたら、自分は
ゴメツを選びそうになる位、この大不振ぶりには個人的にもかなりガッカリしました・・・。
あとはクラニィも出来るかなと思ってたんですが・・・。

・クローゼ(ドイツ代表FW)
クローゼもゴメツ程ではないですが、本調子には程遠かった印象があるんですが、
ポーランド戦のポドルスキに対する2アシストを始め、特に決勝トーナメントに入ってからの
ポルトガル戦でのヘディングゴールはかなり嬉しかったですね^^
あとは、トルコ戦でのヘディングゴールも重要なものだったと思いますね。

思ったより長くなってきたので、続きに。
EURO2008の自分なりの総括や感想の続きを読む
別窓 | EURO | コメント:21 | トラックバック:0
デコのチェルシー移籍が決定!
2008-07-01 Tue 19:36
デコのチェルシー移籍が決定!

32261_convert_20080701185322.jpg


EURO2008が終わりましたが、本格的にチェルシーが移籍市場に動くのはもう少し
先だろうなと思ってたのですが、7月に入ってすぐ、バルセロナのデコの
チェルシー移籍が決定しました!
バルサにいた時に、デコは自らチェルシー移籍希望みたいな発言をしていましたし、監督が
元ポルトガル代表監督だったスコラーリになったので、可能性は高いと思ってましたが、
遂にチェルシー移籍が決定しましたね^^

デコがチェルシーの公式サイトでコメントした内容は以下の通り。

 「チェルシーがトップに戻るべき時がきたと思っている。僕はそれを手助けできると確信しているよ」

 「プレミアは素晴らしいリーグだ。そして、より良くなっている。CL決勝はイングランドのチーム同士が戦ったしね。僕らには多くの偉大な選手がいる。ここでプレーすることは最高だね。チーム内に競争があるのはいいことだ」

  「これが新しい挑戦になることはわかっている。でも、僕は楽しみでしょうがないよ。適応するまでは多少の時間が必要だろう。それでも、全力を尽くすさ」


デコはプレミアリーグが素晴らしいリーグだと仰ってますね。
プレミアファンとしては嬉しい発言です^^
なお、移籍金は明らかにされていないものの、800万ボンド程度だそうです。

これでランパード移籍のフラグとならなければ良いのですが・・・。
先日移籍決定したというニュースがありましたが、公式発表でも出ていない段階での
ニュースの為、少し信憑性には欠けるかもしれないですが、何としても
残ってもらいたいんですが、どうなるんでしょうね><

ランパードが残れば、昨シーズンのようなシステムになる事も考えると
(スコラーリがどんなシステムを採用するか現時点では不透明ですが)
ランパード、バラック、デコの夢のような中盤が形成される可能性もあるので、
かなり期待が持てそうなんだけどなぁ。どちらも攻撃的な選手の為、バランス的には
ちょっと悪い可能性もあるかもしれないですが(;^_^A

とにかく、ランパードには残ってくれる事を信じたいと思います。
あとは、チェルシーにはロビーニョ獲得の噂もあるとか・・・。
ロビーニョ移籍となると、C・ロナウド移籍の可能性もあるかもしれませんね。

これでチェルシーはボジングワに続いて、シーズン終了後に獲得した選手は
デコで二人目となります。徐々にポルトガル色が強まってきましたね。
今後も移籍情報に期待したいですが、重要な選手の放出も避けてほしいものですね。
別窓 | プレミアリーグ | コメント:18 | トラックバック:3
無敵艦隊スペインが44年ぶりの優勝でEURO2008閉幕 ドイツ×スペイン~EURO2008決勝~
2008-07-01 Tue 02:25
EURO2008

ドイツ0-1スペイン ウィーン - エルンスト・ハッペル
【スペイン】
フェルナンド・トーレス(前33)

スペイン、待ちわびた2度目の戴冠

ドイツ

GK レーマン
DF フリードリッヒ、メルテザッカー、メッツェルダー、ラーム(後1→ヤンゼン)
MF シュバインシュタイガー、バラック、フリンクス、ヒツルスペルガー(後13→クラニィ)、ポドルスキ
FW クローゼ(後34→ゴメツ)

スペイン

GK カシージャス
DF セルヒオ・ラモス、プジョール、マルチェナ、カプデピラ
MF イニエスタ、セナ、セスク(後18→シャビ・アロンソ)、チャビ、ダビド・シルバ(後21→カソルラ)
FW フェルナンド・トーレス(後33→グイサ)

729084_w2_convert_20080701021553.jpg


準決勝でスペインがロシアに勝ち、ドイツもトルコに勝ったので決勝はドイツ×
スペインという決勝としては久々の好カードになりました。
前回はポルトガル×ギリシャでしたが、誰も全く予想してなかったギリシャが優勝してしまったので
今回はサッカー大国同士の決勝になったのは嬉しいですね。
ドイツはバラックが決勝直前になって、右足を痛めたので決勝欠場が濃厚かというニュース
がありましたが、無事に出場できる事になりました。情報戦という噂もあったんですが、
どうなんでしょうねw
前日の会見ではヒツルスペルガーもバラックの怪我について言及していましたし。

対するスペインはビジャがロシア戦でFKを蹴った際に怪我してしまった傷が癒えなくて
欠場となり、トーレスの1トップになりました。スペインにとって1トップはあまり合わないような・・・。
中盤はセスク、イニエスタ、チャビ、シルバの構成となり(セナもいますが)、
この4人で構成させられた中盤は「クアトロフゴーネス」として呼ばれており、有名だそうです
(ちなみに意味は4人の創造者という意味らしい)。

立ち上がりはドイツペースで進みました。
前半3分、セルヒオ・ラモスのバックパスを奪ったクローゼがPA内左に侵入するが、
プジョールに対応され、トラップが長くなりシュートが打てず・・・。

14分、中央からのチャビのスルーパスに反応したPA内左のイニエスタが
中に鋭いパス。これはドイツのメッツェルダーに当たりボールが枠の左に
入ってしまい、あわやオウンゴールという場面がありますが、これはレーマンが
何とか右手で弾き、CKになります。

22分、右サイドからのセルヒオ・ラモスのクロスを、ファーサイドのトーレス
がメルテザッカーに競り勝ち、ヘディングシュート!これは左のポストに
直撃し、惜しくもゴールなりませんでした。

スペインにとって、得点機がやってきました。
33分、中央からのチャビのスルーパスに反応したトーレスがラームのマークをかわし、
PA内右に進入、飛び出したレーマンをかわすループシュートを打ち、
このループシュートはゴールに吸い込まれ、スペインが先制しました!

35分、PA内右でボールを持ったイニエスタがファーサイドにクロス、
このボールをダビド・シルバが左足でボレー。しかし枠の上に
行ってしまいました。

その1分後、バラックがセナと接触して頭を負傷してしまい、出血してしまいました(泣)
血が出てしまいましたが、 バラックは何とか38分にピッチに戻る事が出来、
プレーしています。

1-0のスコアでスペインがリードした状態で前半が終了し、後半を迎えます。
無敵艦隊スペインが44年ぶりの優勝でEURO2008閉幕 ドイツ×スペイン~EURO2008決勝~の続きを読む
別窓 | EURO | コメント:12 | トラックバック:3
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。