The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
デコのチェルシー移籍が決定!
2008-07-01 Tue 19:36
デコのチェルシー移籍が決定!

32261_convert_20080701185322.jpg


EURO2008が終わりましたが、本格的にチェルシーが移籍市場に動くのはもう少し
先だろうなと思ってたのですが、7月に入ってすぐ、バルセロナのデコの
チェルシー移籍が決定しました!
バルサにいた時に、デコは自らチェルシー移籍希望みたいな発言をしていましたし、監督が
元ポルトガル代表監督だったスコラーリになったので、可能性は高いと思ってましたが、
遂にチェルシー移籍が決定しましたね^^

デコがチェルシーの公式サイトでコメントした内容は以下の通り。

 「チェルシーがトップに戻るべき時がきたと思っている。僕はそれを手助けできると確信しているよ」

 「プレミアは素晴らしいリーグだ。そして、より良くなっている。CL決勝はイングランドのチーム同士が戦ったしね。僕らには多くの偉大な選手がいる。ここでプレーすることは最高だね。チーム内に競争があるのはいいことだ」

  「これが新しい挑戦になることはわかっている。でも、僕は楽しみでしょうがないよ。適応するまでは多少の時間が必要だろう。それでも、全力を尽くすさ」


デコはプレミアリーグが素晴らしいリーグだと仰ってますね。
プレミアファンとしては嬉しい発言です^^
なお、移籍金は明らかにされていないものの、800万ボンド程度だそうです。

これでランパード移籍のフラグとならなければ良いのですが・・・。
先日移籍決定したというニュースがありましたが、公式発表でも出ていない段階での
ニュースの為、少し信憑性には欠けるかもしれないですが、何としても
残ってもらいたいんですが、どうなるんでしょうね><

ランパードが残れば、昨シーズンのようなシステムになる事も考えると
(スコラーリがどんなシステムを採用するか現時点では不透明ですが)
ランパード、バラック、デコの夢のような中盤が形成される可能性もあるので、
かなり期待が持てそうなんだけどなぁ。どちらも攻撃的な選手の為、バランス的には
ちょっと悪い可能性もあるかもしれないですが(;^_^A

とにかく、ランパードには残ってくれる事を信じたいと思います。
あとは、チェルシーにはロビーニョ獲得の噂もあるとか・・・。
ロビーニョ移籍となると、C・ロナウド移籍の可能性もあるかもしれませんね。

これでチェルシーはボジングワに続いて、シーズン終了後に獲得した選手は
デコで二人目となります。徐々にポルトガル色が強まってきましたね。
今後も移籍情報に期待したいですが、重要な選手の放出も避けてほしいものですね。
スポンサーサイト
別窓 | プレミアリーグ | コメント:18 | トラックバック:3
無敵艦隊スペインが44年ぶりの優勝でEURO2008閉幕 ドイツ×スペイン~EURO2008決勝~
2008-07-01 Tue 02:25
EURO2008

ドイツ0-1スペイン ウィーン - エルンスト・ハッペル
【スペイン】
フェルナンド・トーレス(前33)

スペイン、待ちわびた2度目の戴冠

ドイツ

GK レーマン
DF フリードリッヒ、メルテザッカー、メッツェルダー、ラーム(後1→ヤンゼン)
MF シュバインシュタイガー、バラック、フリンクス、ヒツルスペルガー(後13→クラニィ)、ポドルスキ
FW クローゼ(後34→ゴメツ)

スペイン

GK カシージャス
DF セルヒオ・ラモス、プジョール、マルチェナ、カプデピラ
MF イニエスタ、セナ、セスク(後18→シャビ・アロンソ)、チャビ、ダビド・シルバ(後21→カソルラ)
FW フェルナンド・トーレス(後33→グイサ)

729084_w2_convert_20080701021553.jpg


準決勝でスペインがロシアに勝ち、ドイツもトルコに勝ったので決勝はドイツ×
スペインという決勝としては久々の好カードになりました。
前回はポルトガル×ギリシャでしたが、誰も全く予想してなかったギリシャが優勝してしまったので
今回はサッカー大国同士の決勝になったのは嬉しいですね。
ドイツはバラックが決勝直前になって、右足を痛めたので決勝欠場が濃厚かというニュース
がありましたが、無事に出場できる事になりました。情報戦という噂もあったんですが、
どうなんでしょうねw
前日の会見ではヒツルスペルガーもバラックの怪我について言及していましたし。

対するスペインはビジャがロシア戦でFKを蹴った際に怪我してしまった傷が癒えなくて
欠場となり、トーレスの1トップになりました。スペインにとって1トップはあまり合わないような・・・。
中盤はセスク、イニエスタ、チャビ、シルバの構成となり(セナもいますが)、
この4人で構成させられた中盤は「クアトロフゴーネス」として呼ばれており、有名だそうです
(ちなみに意味は4人の創造者という意味らしい)。

立ち上がりはドイツペースで進みました。
前半3分、セルヒオ・ラモスのバックパスを奪ったクローゼがPA内左に侵入するが、
プジョールに対応され、トラップが長くなりシュートが打てず・・・。

14分、中央からのチャビのスルーパスに反応したPA内左のイニエスタが
中に鋭いパス。これはドイツのメッツェルダーに当たりボールが枠の左に
入ってしまい、あわやオウンゴールという場面がありますが、これはレーマンが
何とか右手で弾き、CKになります。

22分、右サイドからのセルヒオ・ラモスのクロスを、ファーサイドのトーレス
がメルテザッカーに競り勝ち、ヘディングシュート!これは左のポストに
直撃し、惜しくもゴールなりませんでした。

スペインにとって、得点機がやってきました。
33分、中央からのチャビのスルーパスに反応したトーレスがラームのマークをかわし、
PA内右に進入、飛び出したレーマンをかわすループシュートを打ち、
このループシュートはゴールに吸い込まれ、スペインが先制しました!

35分、PA内右でボールを持ったイニエスタがファーサイドにクロス、
このボールをダビド・シルバが左足でボレー。しかし枠の上に
行ってしまいました。

その1分後、バラックがセナと接触して頭を負傷してしまい、出血してしまいました(泣)
血が出てしまいましたが、 バラックは何とか38分にピッチに戻る事が出来、
プレーしています。

1-0のスコアでスペインがリードした状態で前半が終了し、後半を迎えます。
無敵艦隊スペインが44年ぶりの優勝でEURO2008閉幕 ドイツ×スペイン~EURO2008決勝~の続きを読む
別窓 | EURO | コメント:12 | トラックバック:3
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。