The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
EURO2008の自分なりの総括や感想
2008-07-03 Thu 00:32
EURO2008も閉幕した事ですし、ちょっと遅ればせながら自分なりに
印象に残った選手や試合、チームなどの感想を書きたいと思います。

729217_w2_convert_20080703002220.jpg


・フレイ(スイス代表FW)
記念すべきEURO2008が開催して盛り上がっていた時に
グリゲラと接触し、怪我して負傷退場してしまったフレイ。
前半で泣きながらピッチを後にしていったのが、開幕戦一番の衝撃でした。
開催国でしたし、モチベーションも高かった事だったと思うのですが、
対チェコ戦でフレイにとってEURO2008が終了してしまったのは
観戦してるこちらとしても、悲しかったです・・・。
後半に松葉杖をつつきながらピッチに戻ってきた事も印象的でしたね(泣)
フレイがいたらスイス代表はどこまで行けたろうかと思ってしまいます。

・スベルコシュ(チェコ代表FW)
フレイが負傷退場したこの試合、EURO2008の記念すべきファーストゴール
を奪ったのがスベルコシュでしたが、個人的には全く知らなくノーマークの選手だったので
スベルコシュが初ゴールを奪ったのは失礼ながら、意外でしたね。
ファーストゴールだったら、スイスのバルネッタかフレイ、チェコだったらバロシュ辺り
が取るだろうなぁと開幕前には予想していたので。
しかし、開幕弾を奪った後の試合はチェコはコラーかバロシュの1トップ起用になり、
スベルコシュに対して、突然出場機会が無くなってしまったのは
今でも不思議に思ってしまいますね。
ちなみにフェニン(フランクフルト)も全く出場機会がありませんでした・・・。
EURO2008が終わって、スベルコシュに対してはプレミアのクラブから興味を持たれているそうです。

・シオンコ(チェコ代表MF)
シオンコもあまり知らない選手だったのですが、ポルトガル戦のダイビングヘッド
でのゴールなど、スベルコシュと同じくチェコ代表では一番印象に残った選手でしたね。
クラブがコペンハーゲンという事で、CLやUEFA杯でしか見られる機会がないようなので
出来れば4大リーグに移籍して、もっと見たいと思える選手だったと思います。
チェコの黄金期を支えたポボルスキーの後継者とも言われてるそうです。
それと、チェコではMVP級の活躍だったと思いますね。
あとは、トルコ戦で一時はリードするゴールを奪ったプラシールも印象に残った選手だ
と思いました。

・ムトゥ(ルーマニア代表FW)
死のグループを盛り上げたくれたと言ってもいいほど、過言ではないルーマニア
ですが、特にムトゥの活躍が無ければここまでは行かなかったと思いますね。
フランスに引き分け、イタリア戦でのムトゥの先制ゴールを奪ったルーマニア。
その1分後に同点ゴールをパヌッチに奪われますが、その後に
パヌッチがダニエル・ニクラエを倒してしまい、ルーマニアにPKが与えられる。
蹴るのはムトゥですが、見事にブッフォンの手と足を使ったアクロバティックなセーブで
止められてしまうのですが、ルーマニア(特にムトゥ)は天国から地獄に落ちてしまったような
感じで、ムトゥにはメンタル面でダメージを受けたのか、表情にはっきりと
落ち込んでいたのが印象に残ってしまいましたね。
結果的にこのPKストップが転機となったのか、ルーマニアはグループリーグ敗退、
イタリアは決勝トーナメント進出となりました。
この試合がターニングポイントだったような気もします。

・ジョアン・モウチーニョ(ポルトガル代表MF)
初戦のトルコ戦のルーレットパスからラウール・メイレレスに
渡したパスでしたが、それが衝撃的に映りました。線も細いのですが(確か体重60kg台)
それを補って上回るテクニックの高さが印象的でしたね。
モウチーニョはミゲル・ヴェローゾとのポジション争いに勝ったという感じが強いですね。
移籍市場ではミゲル・ヴェローゾばかりが注目されそうな感じですが(最有力は
ユナイテッド移籍)、モウチーニョも注目の的になってきそうです。

・マリオ・ゴメツ(ドイツ代表FW)
個人的に、大会前から得点王有力候補だと予想してしまったのですが、蓋を開けてみれば
EURO2008を通じて無得点に終わってしまいましたね。
ドイツは決勝まで進んだものの、ゴメツはグループリーグの時点で見切りをつけられた
という印象が強いですね。この大会で期待外れの選手を選ぶとしたら、自分は
ゴメツを選びそうになる位、この大不振ぶりには個人的にもかなりガッカリしました・・・。
あとはクラニィも出来るかなと思ってたんですが・・・。

・クローゼ(ドイツ代表FW)
クローゼもゴメツ程ではないですが、本調子には程遠かった印象があるんですが、
ポーランド戦のポドルスキに対する2アシストを始め、特に決勝トーナメントに入ってからの
ポルトガル戦でのヘディングゴールはかなり嬉しかったですね^^
あとは、トルコ戦でのヘディングゴールも重要なものだったと思いますね。

思ったより長くなってきたので、続きに。
EURO2008の自分なりの総括や感想の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | EURO | コメント:21 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。