The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
U-23日本代表対U-23アルゼンチン代表~北京オリンピック壮行試合 まさかの結末に~
2008-07-30 Wed 20:28
日本対アルゼンチンは雷雨のため0-1で試合中止=サッカー五輪代表壮行試合

20080729-00000041-jijp-spo-view-000_convert_20080730202443.jpg


U-23日本0-1U-23アルゼンチン
【アルゼンチン】
ディ・マリア(後23)

※激しい雷雨により、後半38分で試合が終了

日本のスタメン

GK 西川周作
DF 森重真人、 水本裕貴、安田理大(後32→長友佑都)、内田篤人
MF 本田圭佑(後32→岡崎慎司)、梶山陽平、谷口博之、香川真司、本田拓也
FW 豊田陽平(後20→森本貴幸)

アルゼンチンのスタメン

GK ウスタリ
DF サバレタ、パレハ、ガライ、モンソン
MF マスチェラーノ、ガゴ、リケルメ
FW アグエロ、ラベッシ(後34→アコスタ)、ディ・マリア(後28→ソサ)

この試合は、北京五輪前の最後の試合(壮行試合)となった訳ですが、
最後のテストマッチとしては反町ジャパン最強の相手としても謳われていた
いい対戦相手となったアルゼンチン戦ですが、意外な結末になってしまいました・・・。
周知の通り、雷雨で中止となった訳ですがテレビ観戦してて
日本代表の試合でこのような終わり方をしたのを見たのは、おそらく
初めてだと思いますね。(過去にインドネシアで停電による中断とかはありましたがw)
リケルメ、マスチェラーノ、アグエロなどタレント揃いのスター軍団を
見たいと思ってて、国立まで行こうかなと密かに思ってましたが、この天候では
行かなくて正解だったかなと思います(笑)
メッシも来なかったですし・・・。

以下、試合について書きたいと思います。

日本代表は李が怪我しているらしく(別メニュー調整とのニュースも出てました)、
豊田の1トップに。オーストラリア戦とは違うシステムになりました。
ちなみに4-5-1ですが、これはトゥーロン国際でイタリアを
0点に封じた時のシステムらしいです(結果的にはPKで負けましたが)。

リケルメは五輪本番のコートジボワール戦に合わせているので、
日本との試合は欠場かなんて情報もありましたが、無事に出場できています。

前半開始からは予想通り、アルゼンチンペースで進みました。

前半6分、アルゼンチンにチャンスが。
安田がファウルで止めたのをFKになり、リケルメが蹴りますがワンバウンドしてポスト直撃に。
ワンバウンドしても入るギリギリのところだったので、
危なかったですね。さすがはリケルメです(笑)

7分、カウンターからリケルメからラベッシ。ラベッシが出したスルーパスに
アグエロが反応するも、わずかに合いませんでした。

9分、ディ・マリアが内田を削ったので、イエローカードが提示されました。

15分、PA手前から本田圭のミドル。仲間FWに当たってゴールキックに。

25分、中盤でボールを奪いカウンター。ラベッシへのスルーパスがありますが
これは西川がキャッチ。

30分、中央やや左でリケルメのFK。こぼれ球を最後はディ・マリア
がシュート。これは日本のDFがブロックしました。

37分、日本がパスワークで右サイドを崩し、フリーの内田が突破してきた所を
マスチェラーノがスライディングタックルで倒し、マスチェラーノに
イエローカードが提示される。

38分、本田圭の右からのFK。ブレ気味のボールに谷口が飛び込むが
、わずかに合いませんでした。

43分、水本のファウルからアルゼンチンのFK。PA右手前から
リケルメが放ったボールは西川が飛び出してパンチング、クリアしました。

前半が終了し、後半を迎えます。
U-23日本代表対U-23アルゼンチン代表~北京オリンピック壮行試合 まさかの結末に~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 五輪代表 | コメント:16 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。