The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ショーン・ライト=フィリップスがマンチェスター・シティ移籍へ&UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ組み合わせ発表!
2008-08-29 Fri 22:45
チェルシーのライト・フィリップス、古巣マンCへ復帰

24719_convert_20080829223959.jpg

噂されていたライト・フィリップスのマンチェスター・シティ移籍ですが、
この噂が現実となってしまい、ライト・フィリップスがマンチェスター・シティに移籍する事になりました。
2005年にシティから約35億円で、チェルシーに加入したライト・フィリップスですが
思ったような活躍は出来てなく、本人が古巣への復帰を決断したという事らしいです。

控えも多かった事ですが、それでもチェルシーにとっては貴重な選手だったので
抜けてしまうのは寂しいですね。

ライト・フィリップスのコメントは短いですが、以下の通り。

「再びこのユニホームを着てプレーするために必死だった。シティに戻ってくることができ、本当にうれしい」

合わせてブラックバーンから移って、新監督になったマーク・ヒューズ監督のコメントも。

「私はこれまでずっと彼のことを賞賛してきた。自分がこのチームの監督に就任して以来、彼は常に獲得希望選手の1人だった。この補強が実現したことは、われわれにとっても、当然サポーターにとっても最高のニュースだろう」

シティもプレミアでは好きなクラブの部類に入るのですが、チェルシー戦以外で
活躍してほしいと思いますね。エラーノもいる事ですし、北京オリンピック3位決定戦で
活躍した新加入のブラジル代表のジョーもいますし、戦力的には十分揃っていると思います。
昨季同様、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーでダブルを取ってほしいなと思いますw

これでロビーニョの移籍の可能性が高くなったと言われてますが、
気になるニュースが・・・。

チェルシーがロビーニョのユニホーム販売、すぐに中止

まだロビーニョの移籍が決まった訳ではないので、すぐにユニフォームを販売するというのも
早まった話ですが、すぐに中止したという事だそうです。何か悪い予感がしますね(汗)
もし、移籍が実現しなければこの件はネタにされそうな気もしますがw

ロビーニョは残留!?

移籍市場が閉まるまでもう少しですが、チェルシーからのオファーに対して
マドリーが拒否したそうです。最終的にはどうなるか分かりませんが、
ライト・フィリップスを放出してしまった今、ウインガーが少なくなってきてしまったので
ロビーニョは何としても欲しい選手ですが、どうなるんでしょうか。
駆け込み移籍があれば、それに期待したいと思います。

続きには、今季のCLのグループリーグ組み合わせを。
ショーン・ライト=フィリップスがマンチェスター・シティ移籍へ&UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ組み合わせ発表!の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 欧州サッカー | コメント:16 | トラックバック:4
シェフチェンコのミラン復帰が決定。 ロビーニョの事についても~チェルシー対ウィガンなど、プレミアリーグの結果~
2008-08-25 Mon 20:05
シェフチェンコのミラン復帰が決定

20080824-00000178-reu-spo-view-000.jpg

このニュースはシェフチェンコが大物選手だという事もあってか、ヤフーでも
報じられてました。本日、シェフチェンコがミランに復帰した事が正式に決定したそうです。
リンク元はスポナビですが、ヤフーにはシェフチェンコのコメントが書かれていました。
内容は以下の通り。

「僕にとっては(欧州)チャンピオンズリーグで優勝したのと同じようなことだ」とコメント。
さらに「複雑な状況だったけど、すべてが解決され、とても嬉しい」と語った。

シェフチェンコは2年前の2006年に、家族の問題でチェルシーに移籍したいと言った事から
この移籍が実現した訳で、自分としてもかなり期待していましたが
チェルシーでは思ったような活躍は出来なくて、ベンチに座る日々が続いていたので
勿体ないなとも思いましたし、残念な感じはしました。

不振の日々が続いていた時から、古巣のミラン移籍の話が盛んに出てきましたが、
中々実現せずといったところですが、ようやく決まりましたね。
ここ数日の交渉で、ミランがレンタル移籍を望んだという事で、チェルシー側は
完全移籍を・・・と事で一旦物別れに終わりましたが、その後もミランとチェルシーの
交渉は続いており、この交渉で決まったようです。
どういった契約内容になったのかは分かりませんが(ミランも現段階ではシェフチェンコ
に契約内容については明らかにしていませんし)、噂ではチェルシーがシェフチェンコ
の移籍に関して、カカの優先交渉権を得るかわりにこの移籍を了承したなんて
情報もあるそうです。これは噂レベルなので、真偽の程は定かではありませんが・・・。
まあ、ガセの可能性が高いでしょうね。

これでミラン移籍が決定した訳ですね。活躍できなくてもチェルシーでプレーする
シェバを見れたのは嬉しい所でもあったんですが、出来ればチェルシーで
復調してほしかったですけど・・・。ミランも好きなクラブには入るので
ミランで頑張ってほしいですね。レギュラーについてはチェルシー移籍前と違って
保証されてる訳ではないと思いますが(前線はポジション争いが激しいですし)、
またゴールを量産できるよう、活躍してほしいと思いますね。

ロビーニョ移籍間近か、チェルシーCEOがマドリーで直接交渉

ロビーニョが沈黙を破り衝撃の告白「レアルに残るつもりはない」

ここ数日で盛んに報じられてきているロビーニョのチェルシー移籍問題ですが、
過熱してきてますね~。ロビーニョはレアルに残るつもりはないと発言したり、レアルの
シュスター監督はロビーニョの残留を強調したり、フェリポンは「ロビーニョが必要だ」と
発言したりと、色々情報が飛び交ってますね。
(他にもロビーニョの移籍問題はスポナビにも色々と載っています)

もし、このままレアルを去る事になったら後味悪い尾の引き方になってくると思うので、
円満に解決してもらいたいもんです(詳しい事は控えますが、
トッテナムのベルバトフのユナイテッド移籍もかなり泥沼化してますし)。

本当にチェルシーに来てくれる事になったら、嬉しいんですけどね^^
その場合は、マルダ辺りが放出要員になりそうな感じはありますね。
ロビーニョが来たら、システムもどうなるのか気になりますね。
デコ、バラック、ランパード、エッシェン、ミケルは欠かせない中盤の要ですし
ロビーニョが来た場合、誰が控えになるかも気になるところです。
ロビーニョの場合はおそらく、ウイングかと思いますが・・・。
まだ来ていないので、これ以上は現段階ではシステムがどうとか書くのは控えます(;^_^A
チェルシーに来てくれる事を願うばかりですね。

続きには、チェルシー対ウィガンなど、プレミアリーグの結果を。
シェフチェンコのミラン復帰が決定。 ロビーニョの事についても~チェルシー対ウィガンなど、プレミアリーグの結果~の続きを読む
別窓 | プレミアリーグ | コメント:16 | トラックバック:0
日本対ウルグアイなど、20日の国際親善試合の結果。
2008-08-22 Fri 22:05
日本、ウルグアイに逆転負け 小野はフル出場=サッカー日本代表

ちょっと遅くなりましたが、先日行われた日本代表対ウルグアイ戦の感想を
書きたいと思います。
なでしこの方も、3位決定戦のドイツ戦を見ましたが(じっくりとは
見ていなかったですが)、惜しくも負けてしまったので残念だったかなと思いましたね。
前半はミドルシュートでの決定機もあったんですが、立て続けにあった
2度の決定機を決められなかったのが大きかったかなと思います。
後半になってから、試合巧者のドイツに上手くしてやられたという印象でしたね。
キーパーが防げなかったのもあるんですが、角度の無い所からのシュートもあったので
あれは防ぐのは難しいのもあるので、仕方ないかなと思います。
欲を言えば、メキシコ五輪以来のサッカー競技の銅メダルを獲ってほしかったんですが
初戦のニュージーランド戦の事を考えると、よくやったという感じですね。
それとは別に、気持ちも出ていましたしシュート意識も結構高かった部分もあるので、
この辺は男子に見習ってもらいたかったなと思いましたね(;^_^A

続きには、男子の対ウルグアイ戦を。

日本1-3ウルグアイ
【日本】
OG(後3)
【ウルグアイ】
エグレン(後9)
I・ゴンザレス(後38)
アブレウ

日本

GK 楢崎正剛
DF 高木和道、駒野友一、阿部勇樹、中澤佑二(C)
MF 青木剛(後0→長友佑都)、小野伸二、中村憲剛(後30→佐藤寿人)、長谷部誠
FW 玉田圭司(後23→大黒将志)、田中達也(後31→山瀬功治)

ウルグアイ

GK カスティージョ
DF ルガーノ、バルデス、フシーレ、ブルーノ・シルバ(後43→アルコバ)
MF C・ロドリゲス(後15→A・ゴンサレス)、エグレン、ペレイラ(後24→I・ゴンサレス)、ペレス
   (後15→ビセンテ・サンチェス)
FW スアレス(後39→J・ロドリゲス)、ブエノ(後24→アブレウ)

20080820-00000080-jijp-spo-view-000.jpg

この試合、9月から始まる最終予選の前の最後のテストマッチだった訳でしたが、
強豪ウルグアイ相手に3-1と負けてしまい、最終予選に向けて不安な結果になってしまいました><
ウルグアイは有名な選手として、個人的にも好きなアトレティコ・マドリーのフォルランは残念ながら
選ばれていませんでしたが、ジーコ監督時代にCLでも躍進したフェネルバフチェのルガーノ
やアヤックスのスアレスなど欧州でプレーする選手が多数選ばれており、
日本にとっては願ってもない格好の強化相手となりました。
ちなみにウルグアイ代表メンバーはこちら
ウルグアイで他にも好きな選手が元インテルのレコバ(現トリノ)なんですが、選ばれていませんね。
代表から遠ざかっているのか(代表引退したのか)、たまたま今回は選ばれていないのか
事情がちょっと分からないので気になりますね。

日本代表は小野が2006年のドイツW杯(対オーストラリア戦)以来の招集になったという事もあり、
注目されていました。他には(他と言ったら失礼ですが)、大黒も何気に久しぶりの代表復帰
となっています。小野は浦和時代は控えが多かったですが、おそらくブンデスに渡った後の
ボーフムで好調を維持し、レギュラーになっている事が代表復帰という要因になったのでしょうね。


前半7分、いきなり日本にピンチが訪れてしまいました。
右サイドからのCK。C・ロドリゲスが左足で上げたボールをブエノが落とし、
最後はバルデスがつめたが、ゴールライン上にいた中澤がギリギリの所で
クリア。一先ず、ピンチを免れました。

31分、右サイドをオーバーラップした駒野が切れ込み、左足で強烈なミドルシュート。
しかし、これはGKのファインセーブに阻まれてしまいました。

32分、再びオーバーラップした駒野が倒され、右サイドでFKを獲得。
これは小野が蹴りますが、右サイドでフリーになった憲剛へスルーパス。
憲剛がクロスを上げ、中澤が合わせるが、惜しくもバーの上になり
得点はなりませんでした。

44分、右サイドの駒野がPA手前の玉田にグラウンダーのクロス。
玉田はこれを持ち込み、右足でシュートしますが
相手DFに当たり、左からのCKへ。
このCKはあっさりとクリアされてしまいました。

日本は中盤で頻繁にボールを失う展開が多かったですが、ウルグアイにチャンスを作られるも
何とか凌いで無失点にすむことができ、0-0で前半が終了しました。
そして後半を迎えます。
日本対ウルグアイなど、20日の国際親善試合の結果。の続きを読む
別窓 | 日本代表 | コメント:6 | トラックバック:0
フェリポンチェルシー、好発進! ~プレミアリーグ開幕 チェルシー×ポーツマス~
2008-08-18 Mon 20:35
チェルシーが最高の開幕スタート、マンUはドロー発進

チェルシー4-0ポーツマス
【チェルシー】
J・コール(前12)
アネルカ(前26)
ランパード(前46[PK])
デコ(後44)

チェルシー

GK チェフ
DF A・コール、リカルド・カルバーリョ、ボジングワ(後38→パウロ・フェレイラ)、テリー
MF ランパード、ミケル、バラック(前38→マルダ)、
   J・コール(後33→ショーン・ライト=フィリップス)、デコ
FW アネルカ

ポーツマス

GK ジェームズ
DF カブール、フレイダルション、ディスタン、キャンベル
MF ジョンソン、ディアッラ(後23→エムブエンバ)、ディオプ、クラニツァール(後28→トーマス)
FW クラウチ、デフォー

昨季2位だったチェルシーの相手は、FA杯を獲ったポーツマスが相手という事で
開幕から思わぬ強敵と当たる事になりましたが、その心配は杞憂に終わって
フェリポン・チェルシーが開幕から最高のスタートを切ってくれました^^
この試合、ドログバは怪我らしく出れないだろうなと思ってたんですけど
エッシェンまでもが怪我の模様で、中盤はランパード、ミケル、バラック
の組み合わせとなりました。注目の新加入のデコはJ・コールと並び、
サイド気味に起用されたようです。この起用法は意外でしたが、これならランパードを
始めとした中盤の選手と共存できそうですね。
ボジングワもこの前まで怪我していたのですが無事出場を果たしています。
ポーツマス、ポジションを失ってリヴァプールから新加入した
ロボットダンスでも有名な(笑)、クラウチさんとデフォーとの強力な凸凹2トップになりました。

前半、立ち上がりからランパード、デコ、バラックといった選手が流れるようなパス回しを
見せてチェルシーが優位に立つ展開となり、早くも決定機が訪れました。

1324748384_convert_20080818195445.jpg

12分、ピッチ中央付近でアネルカが落としたボールをバラックがダイレクトで
ループ気味のパスをJ・コールに送り、これに反応したJ・コールが
ゴール左隅にシュートし、これがゴールに入ってチェルシーが早くも
1点目を取る事が出来ました!チェルシーにとって記念すべき開幕ゴール
1号はJ・コールとなりましたね。リヴァプール移籍の噂もありましたが、
これで無くなったと見てもいいでしょうねw
レイルウェイズカップにはあまり出場機会がありませんでしたが、
スコラーリの構想内に入っているみたいですし。
そもそもガセだと信じてるのでw
優位に立ったチェルシーはこの後も、ボールを支配する展開が続きます。

26分、右サイドのボジングワのクロスをファーサイドのデコがゴール前に
折り返し、DFに当たったりしましたが、最後はアネルカがヘッドでボールを
押し込んでゴール!チェルシーが2点目を奪い、2-0になりました。

37分、バラックがどうやら怪我しているみたいで、泣く泣く負傷交代に。
バラックはマルダと交代して、4-1-4-1だったシステムが昨季と同じような
システム(4-3-3)に変更しました。J・コールとマルダがウイングに上がったようです。
バラックは開幕弾をアシストするなど、上出来のスタートだっただけに
この負傷は悔やまれますね。バラックの怪我の程度が気になる所です・・・。
軽い怪我であればいいのですが。

2209006212_convert_20080818195610.jpg

47分、右サイドからのJ・コールのクロスをディスタンがハンドしてしまい
PKの判定が与えられます。蹴るのはランパード。
ゴール右辺りにきっちりと決めて、追加点を取りました!
これでチェルシーは3-0に。
ランパードにとっては祝・契約延長ゴール!みたいなものでしょうか(^-^)
5年契約をした後でのこのゴールは嬉しい所ですね!
出来れば流れからのゴールも良かったんですが(;^_^A

これでロスタイムは終わり、3-0とチェルシーがリードした状態で
後半を迎えます。
フェリポンチェルシー、好発進! ~プレミアリーグ開幕 チェルシー×ポーツマス~の続きを読む
別窓 | プレミアリーグ | コメント:16 | トラックバック:1
ランパードの契約延長が遂に決定! 日本×オランダも~北京五輪2008~
2008-08-14 Thu 22:12
ランパードが契約延長!

3155099347_convert_20080814200519.jpg

モウリーニョが監督に就任してから、インテル移籍の噂が絶えなかった
ランパードの移籍話ですが、この度ランパードがチェルシーとの契約延長にサインしました!
ちなみに5年契約にサインした模様です。

以下、ランパードのコメントをリンク先から抜粋します。

「今日(13日)、僕は新しい契約にサインした。とてもうれしいよ。ファンのみんなもハッピーにできたらいいね。素晴らしい7シーズンを送ってきた。今度は8シーズン目だ。これからもっと重ねられるといいね」

「たくさんの理由があるけど、とにかく難しい夏だった。いろいろな記事があったね。真実もあれば、そうじゃないのもあった。そういった記事を見るとフラストレーションがたまってしまうんだ」

さらに、ランパードはインテル行きを考えた時期があったことも明かした。

「考える時間が必要だったね。個人的な時間はあったよ。自分の考えを家族に話した。チェルシーとチェルシーのファンから何千もの手紙をもらったんだ。それがとても感情的にさせたね。いまは、自分が100%正しい決定を下したと思っている」

そして、モウリーニョ監督との関係についても触れている。

「ジョゼ・モウリーニョとの関係は強い。でも、チェルシーFCとの関係も特別なものだね。移籍?それについて、ジョゼと話をしたことはないよ。彼は選手としての僕を好んでくれているようだ。でも、認められていないこと(許可なしでのコンタクト)はしないだろう」

インテル移籍の話を真剣に考えていた時期もあったそうで、ランパードが恩師の
モウリーニョの元でプレーしたくなる気持ちも分からなくはないですが、
やはりチェルシーで現役を終えてほしかったので、ランパードのこのご決断は
素直に嬉しいと思いますね!
また、インテル移籍の事に関して色んな記事を書かれたそうで、
フラストレーションがたまった事もあったそうです・・・。
この契約延長でランパードもすっきりとした気持ちにはなっていると思うので、
気分を切り替えて、もうすぐ始まるプレミアリーグに集中してもらって
がんばってほしいと思いますね^^

このコメントを見て感動したというジーンと来てしまったのが、
チェルシーとチェルシーのファンから何千もの手紙を貰った事ですね。
ランパードの契約延長を願っている人が、チェルシーファンに多数いた事に
対しては、当然かもしれないけど嬉しい驚きでした(^-^)
きっとイングランド以外からにも手紙が届いたんだろうなと思いますね。

ランパードに対しては感謝の気持ちでいっぱいですし、ありがとうって言いたいですね!

チェルシー、ドログバとJ・コールの契約はまだ

ランパードの契約延長に続き、
ドログバ、カルバーリョの契約延長も決まってくれると嬉しいんですけどね(^^ヾ
J・コールに対してはリヴァプール移籍の噂があるそうですが
重要な選手なので、移籍はしてほしくないと思いますね。

イバノビッチのミラン加入が迫る

その他にはセルビア代表のイバノビッチのミラン移籍の噂があるそうですが、
個人的にはこの移籍には賛成できませんね(;^_^A
CBとしてはレギュラーを獲るのは難しいかもしれませんが、万が一、故障者とか
出てしまった場合の為にイバノビッチの存在は必要になってくると思うので、
残してほしいのですが・・・。
ミランはレイルウェイズカップでも結果が惨敗という事からも、
DFの補強は急務かもしれませんけどね。

8月31日の移籍マーケット閉幕まで注目したいと思いますが、
チェルシーにはロビーニョがほしい所なんですけども、どうなるんでしょう。
マドリーにとっても簡単に出したくないと思うので、まだ状況は分からないといった所でしょうね。

続きには北京五輪サッカーのオランダ対日本を。
ランパードの契約延長が遂に決定! 日本×オランダも~北京五輪2008~の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:16 | トラックバック:0
日本代表、ナイジェリアに敗れてしまい早くも終戦~北京五輪2008 日本×ナイジェリア~
2008-08-11 Mon 21:35
1試合残して…反町JAPAN終戦

20080810-00000071-jijp-spo-view-000.jpg

ナイジェリア2-1日本
【ナイジェリア】
オビンナ(後13)
アニチェベ(後29)
【日本】
豊田(後34)

日本

GK 西川周作
DF 水本裕貴、森重真人、内田篤人、安田理大
MF 細貝萌(後30→梶山陽平)、本田圭佑、谷口博之、香川真司(後19→岡崎慎司)、本田拓也
FW 李忠成(後19→豊田陽平)

ナイジェリア

GK バンゼキン
DF オコンクォ、アパム、アデレイェ、アデフェミ
MF カイタ、オビンナ(後32→エクポ)、イサーク(後29→オグブケ)、アジロレ
FW オコロンコ、オデムウィンギー(後17→アニチェベ)

7日に行われたアメリカ戦に負けてしまった事で、一気に崖っぷちになってしまった
日本代表ですが、決勝トーナメントに進出する為には、このナイジェリア戦で負けない事
(悪くても引き分け以上)が大前提でしたが、結果は2-1で惜しくも負けてしまいましたorz
結果だけ見れば惜しくも負けてしまったという感じでしたが、内容はナイジェリアと比べると
かなり雲泥の差でした。
ちなみに、ライブ中継はしっかりと見られず(時折ワンセグでちらりとは見てましたが)、
NHKであった録画放送をもう一回見ました。

システムも相変わらずの1トップでしたが、違う所は前回のアメリカ戦であまり機能しなかった
森本に代えて、李の1トップとなりました。いい加減、1トップはやめて頂きたいのですが(汗)
左SBには攻撃性に優れている安田を起用してきました。

試合の方を書きたいと思います。

前半1分、香川が左サイドでドリブル突破。PA内で反転すると右足でシュートを打ちます。
しかし、シュートはDFに当たり、ゴールキックへ。

3分、本田拓が奪ったボールを香川が拾うと、中央からミドルシュート。
しかし、このミドルシュートはゴール左へとそれていきました。

15分、日本にとってヒヤリとさせられる場面が・・・。
左サイドのオコロンコがオーバーラップするオコンクォにヒールパス。
トリックプレイでDFを振り切ったオコンクォがPA左から侵入すると、
DFのスライディングで倒れてしまい、あわやPKかと思われる場面があったんですが、
審判はシュミレーションの判定。PKを与えられず、一先ずホッとしました。

29分、オコロンコが右サイド深い位置からドリブル突破で、PAに侵入。
森重をキックフェイントでかわすとゴール前でフリーのオデムウィンギーがダイレクトシュート
を放つも、ボールは精度を欠き、ゴールバーを大きく越えてしまいました。

32分、安田が左サイドでDFをかわしてゴール前にクロスボールを
送る。このボールに谷口がつめ、シュートを放つが、ボールは勢いが強くなく
GKバンゼキンにキャッチされてしまいました。
ここは惜しかったんですけどね~。
谷口のシュートの勢いが強かったら、ゴールになってもおかしくなかったのではと思います。

36分、カウンターからオビンナが右サイドをドリブル突破。
PA内に侵入し、DFを引き付けるとPA手前中央にいた
カイタへパス。パスを受けたカイタは強烈なミドルシュートをどっかんと放ちます。
これがゴールネットに突き刺さったかと思って(ワンセグでのテレ朝の中継では画面に
GOAL!と出てましたw)、一瞬ビビりましたがわずかにゴールバーの上に
外れてしまいました。ネットは揺れてましたが(笑)

42分、右サイドの本田圭がオーバーラップした内田にパス。
内田はドリブル突破し、サイドの深い位置からクロスボールを送りますが
ボールは谷口の頭を大きく超えてしまい、チャンスには結びつかず。

前半はナイジェリアに大きなチャンスを与えてしまいましたが、何とか
持ちこたえて0-0で後半を迎えます。
日本代表、ナイジェリアに敗れてしまい早くも終戦~北京五輪2008 日本×ナイジェリア~の続きを読む
別窓 | 五輪代表 | コメント:14 | トラックバック:0
日本、初戦でアメリカに敗れ、大事な初戦を落とす~北京五輪2008 日本×アメリカ~
2008-08-08 Fri 19:58
日本、初戦を0−1で落とす 米国戦=五輪サッカー男子

20080807-00000060-jijp-spo-view-000.jpg


日本0-1アメリカ
【アメリカ】
ホルデン(後2)

日本

GK 西川周作
DF 水本裕貴、長友佑都、森重真人、内田篤人
MF 本田圭佑、梶山陽平(後半19→李忠成)、谷口博之、香川真司(後39→岡崎慎司)、本田拓也
FW 森本貴幸(後27→豊田陽平)

アメリカ

GK グザン
DF ウイン、オロツコ、パークハースト
MF ブラッドリー、エドゥ、ホルデン(後38→フィールへーバー)、ロジャース(後41→ズデラ)、
   クレシュタン
FW アドゥ、マクブライド(後29→アルティドール)

いよいよ、北京五輪が開幕しました(ちなみに正式な開幕式は本日です)。
他の競技より一足先にサッカー競技が始まり、日本の先陣を切ったのは
なでしこの方ですが、2点ビハインドのところをよく追いついてくれて、
格下と見られていたニュージーランドに辛くも2-2で引き分けました。
この先はアメリカを破ったノルウェー、そのアメリカも強豪国なので
ニュージーランド戦以上に厳しいと思いますが、がんばってほしいと思ってますね。

そして、個人的にもなでしこよりは楽しみであった男子サッカーが昨日行われました。
開幕前はあちこちで期待されていないというのを見掛けたりしてたのですが(かくいう自分も
ちょっと期待できない面はありましたw)、いざ本番になると、どうしても期待してしまいますねw
初戦は非常に大事なので、落とすとこの先非常に厳しくなるのは分かってたのですが
案の定、負けてしまいましたorz

日本はいつもの1トップでアメリカ戦に臨みました(果たして1トップが日本にとって
ベストなのかどうかは首を傾げる所ではありますけど)。
ちなみにシステムは4-2-3-1になっています。

アメリカは若くしてナイキと契約した怪物のフレディ・アドゥもメンバーに含まれており、
OAとしては、プレミアのフルハムでも活躍していた
マクブライドが先発メンバーに名を連ねる事となりました(その他にはグザン、パークハースト)。
対して、日本はOA枠はゼロとなっています・・・。

試合の方を書きたいと思います。

立ち上がりは落ち着かず、お互いに中盤でボールを奪い合う展開が続いていました。
アメリカも、前線にアドゥを残し全体的に引いていた状態に。
アドゥにボールを渡そうとしますが、中々渡らない場面も沢山ありました。

前半21分、日本にとって最初の決定機が。
本田圭の右CK。内田にショートパスを出すと内田はPAの香川との
ワンツーで抜け出し、低いクロスを上げます。このボールはアメリカGKのグザンを
すり抜け、フリーだった森重がファーサイドに飛び込み、シュートしようとしますが
空振り。先制ゴールを奪うチャンスを逃してしまいました。

先制点のチャンスを逃してしまいましたが、この後もサイドバックの内田を中心として
攻撃を仕掛けてきました。

30分、PA手前右からアドゥが左足で強烈なシュートを放ちます。
しかし、このシュートは枠の上に飛んでいき、外れる。
アドゥはさすがにシュートも上手く、個人技もしっかりしているなと思いましたね。

40分、内田を中心として攻撃を仕掛けてきた日本にチャンスが。
香川のスルーパスを受けた内田が中にグラウンダーのクロスを入れます。
しかし、谷口の前でエドゥーがカット。ボールは枠の左に。

41分にも、右サイドからの内田からのクロス。
谷口がヘッドで合わせようとしましたが、ボールは枠の左へ。

また前半に点が取れるチャンスを逃してしまいました。

両チームとともに0-0のまま、後半を迎えます。
日本、初戦でアメリカに敗れ、大事な初戦を落とす~北京五輪2008 日本×アメリカ~の続きを読む
別窓 | 五輪代表 | コメント:14 | トラックバック:4
レイルウェイズカップ2008 チェルシー×ミランなど。
2008-08-05 Tue 02:08
ちょっと前ですが、レイルウェイズカップ2008がロシアで開幕されました。
ロコモティフ・モスクワ対チェルシーを見ようとしたんですが
時間が時間だけに(深夜2時頃)、睡魔に負けてしまって途中で
落ちたりするなどで、完全には見れませんでしたorz

なので、得点シーンと印象の残ったシーンを簡単に。

前半26分、アネルカの胸トラップから落したパスが
エッシェンに渡り、エッシェンが弾丸ミドルシュートでチェルシー
が先制しました。

後半39分には、ファウルを得たロコモティフ・モスクワが
カンボロフがゴールまで約25メートルのFKを
放ち、これがゴールネットに吸い込まれてロコモティフ・モスクワ
が同点に。

このまま1-1でスコアは動かず、延長に入るかと思いきや、この大会は
プレシーズンマッチなのでPK戦に突入。

ちなみにチェルシーのキッカーは

ランパード ○
デコ ○
ショーン・ライト=フィリップス ○
エッシェン ○
ブリッジ ×
シェフチェンコ ×

これで、PK戦合計4-5でチェルシーがロコモティフ・モスクワに負けてしまいました・・・。
負けたチェルシーですが、3位決定戦に回りセビージャに敗れたミランと戦う事になりました。
(もう終わっていますけど 汗)

印象に残った事を憶えている範囲で。
アネルカの胸とラップからのパスを受けたエッシェンの弾丸シュートは
やはり凄かったなと思いましたね。
あとは、この試合ではマルダがクロスが来た時にシュートしようとする場面が
あったのですが、酷い外し方だったので、昨シーズンから
何も変わっていないなと思う事もありました。
噂されている、ユース上がりのアルゼンチン出身のディ・サントが
この試合でなかった事で見れなかったのは残念だったかな。
デコはパスのセンスも良く、さすがだという印象を受けましたね。
ロシアでのPK戦で負けたという訳ですが、CL決勝の地という事でもあるので
嫌な思い出がありますね(汗)
もし、来季CLでPK戦があればPK戦に弱いというジンクスを打ち破って欲しいと思いますね。

スコラーリ体制の試合を見るのは、これが初めてですが(といっても完全には見ていないですが)
ロコモティフ・モスクワと比べると格下の相手に負けたという訳ですが、
プレシーズンマッチの結果なので、調整すると言う意味合いもあるので
あまり深刻に受け止めない方がいいでしょうね。

これから良くなってくると思うので、期待したいと思います。

以上、ロコモティフ・モスクワ対チェルシー戦の感想です(;^_^A
続いて、ミラン対チェルシー戦について書きたいと思います。
レイルウェイズカップ2008 チェルシー×ミランなど。の続きを読む
別窓 | 欧州サッカー | コメント:14 | トラックバック:2
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。