The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日本代表、ナイジェリアに敗れてしまい早くも終戦~北京五輪2008 日本×ナイジェリア~
2008-08-11 Mon 21:35
1試合残して…反町JAPAN終戦

20080810-00000071-jijp-spo-view-000.jpg

ナイジェリア2-1日本
【ナイジェリア】
オビンナ(後13)
アニチェベ(後29)
【日本】
豊田(後34)

日本

GK 西川周作
DF 水本裕貴、森重真人、内田篤人、安田理大
MF 細貝萌(後30→梶山陽平)、本田圭佑、谷口博之、香川真司(後19→岡崎慎司)、本田拓也
FW 李忠成(後19→豊田陽平)

ナイジェリア

GK バンゼキン
DF オコンクォ、アパム、アデレイェ、アデフェミ
MF カイタ、オビンナ(後32→エクポ)、イサーク(後29→オグブケ)、アジロレ
FW オコロンコ、オデムウィンギー(後17→アニチェベ)

7日に行われたアメリカ戦に負けてしまった事で、一気に崖っぷちになってしまった
日本代表ですが、決勝トーナメントに進出する為には、このナイジェリア戦で負けない事
(悪くても引き分け以上)が大前提でしたが、結果は2-1で惜しくも負けてしまいましたorz
結果だけ見れば惜しくも負けてしまったという感じでしたが、内容はナイジェリアと比べると
かなり雲泥の差でした。
ちなみに、ライブ中継はしっかりと見られず(時折ワンセグでちらりとは見てましたが)、
NHKであった録画放送をもう一回見ました。

システムも相変わらずの1トップでしたが、違う所は前回のアメリカ戦であまり機能しなかった
森本に代えて、李の1トップとなりました。いい加減、1トップはやめて頂きたいのですが(汗)
左SBには攻撃性に優れている安田を起用してきました。

試合の方を書きたいと思います。

前半1分、香川が左サイドでドリブル突破。PA内で反転すると右足でシュートを打ちます。
しかし、シュートはDFに当たり、ゴールキックへ。

3分、本田拓が奪ったボールを香川が拾うと、中央からミドルシュート。
しかし、このミドルシュートはゴール左へとそれていきました。

15分、日本にとってヒヤリとさせられる場面が・・・。
左サイドのオコロンコがオーバーラップするオコンクォにヒールパス。
トリックプレイでDFを振り切ったオコンクォがPA左から侵入すると、
DFのスライディングで倒れてしまい、あわやPKかと思われる場面があったんですが、
審判はシュミレーションの判定。PKを与えられず、一先ずホッとしました。

29分、オコロンコが右サイド深い位置からドリブル突破で、PAに侵入。
森重をキックフェイントでかわすとゴール前でフリーのオデムウィンギーがダイレクトシュート
を放つも、ボールは精度を欠き、ゴールバーを大きく越えてしまいました。

32分、安田が左サイドでDFをかわしてゴール前にクロスボールを
送る。このボールに谷口がつめ、シュートを放つが、ボールは勢いが強くなく
GKバンゼキンにキャッチされてしまいました。
ここは惜しかったんですけどね~。
谷口のシュートの勢いが強かったら、ゴールになってもおかしくなかったのではと思います。

36分、カウンターからオビンナが右サイドをドリブル突破。
PA内に侵入し、DFを引き付けるとPA手前中央にいた
カイタへパス。パスを受けたカイタは強烈なミドルシュートをどっかんと放ちます。
これがゴールネットに突き刺さったかと思って(ワンセグでのテレ朝の中継では画面に
GOAL!と出てましたw)、一瞬ビビりましたがわずかにゴールバーの上に
外れてしまいました。ネットは揺れてましたが(笑)

42分、右サイドの本田圭がオーバーラップした内田にパス。
内田はドリブル突破し、サイドの深い位置からクロスボールを送りますが
ボールは谷口の頭を大きく超えてしまい、チャンスには結びつかず。

前半はナイジェリアに大きなチャンスを与えてしまいましたが、何とか
持ちこたえて0-0で後半を迎えます。
日本代表、ナイジェリアに敗れてしまい早くも終戦~北京五輪2008 日本×ナイジェリア~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 五輪代表 | コメント:14 | トラックバック:0
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。