The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
UEFAチャンピオンズリーグ ゼニト・サンクトペテルブルク×レアル・マドリー~9月30日の試合結果も~
2008-10-01 Wed 22:32
レアル・マドリー、苦しみながらもゼニトに勝利

ゼニト・サンクトペテルブルク1-2レアル・マドリー
【ゼニト】
ダニー(前25)
【レアル・マドリー】
OG(前4)
ファン・ニステルローイ(前31)

ゼニト

GK マラフェイェフ
DF シルル、フボチャン(後28→ドミンゲス)、アニュコフ、ピュイグルニエ
MF ジリャノフ、デニソフ、ティモシチュク
FW ポグレブニャク(後28→ファティ・テッケ)、アルシャビン、ダニー

レアル・マドリー

GK カシージャス
DF ぺぺ、セルヒオ・ラモス、カンナバーロ、エインセ
MF ディアッラ、デ・ラ・レッド、ファン・デルファールト(後18→ハビ・ガルシア)
FW ロッベン(後37→ドレンテ)、ファン・ニステルローイ、イグアイン(後43→サビオラ)


実はバイエルンとリヨンの好カードを見ようと思ってたのですが、
契約しているe2byスカパーでは本日の24時30分の録画放送になってしまったので
見る事が出来ず、その代わりと言ってはなんですが、ゼニトとレアル・マドリーの試合を観戦。
バイエルンのファンでもあるので、やはりリヨンとの試合は生観戦したかったな・・・。
スカパーさんにはもうちょっと考えていただきたかったです・・・。

さらにといっては何ですが、クルージュとチェルシーの試合も明日早朝の6時15分からの
録画放送でしてorz見るのは少々、きつい時間帯ですが、
見れるかどうかは微妙といったところですが、見れたらいいなと思います(笑)
そのおかげで、今夜のバイエルンとリヨンの試合は断念せざるを得ないですね(涙)
裏番組のビジャレアル対セルティックも日本人としては興味のあるカードだったんですけどね(;^_^A

マドリーはラウールが意外な事にスタメンではなく、イグアインがスタメンになりました。
その他にも、ガゴ、スナイデル、グティが負傷中で戦線離脱となっているようです。
ゼニトの中ではEURO2008でもブレイクしたアルシャビンが出ていたので、
彼に注目していましたが、この試合でも大きな働きをしてくれました。
試合には残念ながら負けてしまいましたが・・・。


前半4分、試合がいきなり動きます。
右サイドを突破したファン・デルファールトがグラウンダーのクロスボールを
ゴール前に送ります。そのボールをPA内中央にいたニステルローイ
のそばにいたゼニトDFフボチャンの足に当たり、オウンゴールとなって
レアル・マドリーが先制。
最初見た時はニステルローイのゴールかと思ったんですが、
OGとなってしまったのは意外でしたね。

48e431edee33c804bf5ba4642065dad6.jpg


15分辺りからゼニトの攻撃が面白くなり、反撃に。
すると、25分に決定機がやってきました。

アルシャビンが左サイドの深い位置から、絶妙な低いクロスをPA内に上げる。
そのボールをPA内右にいたダニーが飛び込んで右足のアウトサイドで
合わせてゼニトが同点に追いつきました。
この時のアルシャビンのクロスは綺麗なクロスボールだったので
受け手にとっても合わせやすかったんだろうなと思いますが、
それをダニーが右足アウトで合わせるというのもまた凄いなと思いましたね。

6df8a9828716f3ad1ea05a20330da071.jpg

マドリーもすぐさま追いつきます。
31分、ファン・デルファールトがミドルシュートを打ちますが、このミドルシュートは
ゼニトGKマラフェイェフが弾くものの、このこぼれ球をニステルローイが
ゴールネットぎりぎりのシュートを打ち、これが決まってマドリーが
勝ち越し点を挙げました。

後半に入りますが、スコアは動かずこのまま2-1でマドリーが
アウェーでゼニトを下しました。

結果的に見ればゼニトが全体的にマドリーを押していたので、
面白い試合だったと思います。
アルシャビンはユーべ戦ではあまり目立ちませんでしたが、
後半34分にはアルシャビンがグラウンダーのクロスを受けた時
に右足でシュートを打ちましたが、ポストに当たって得点は
ならないという惜しい場面もありました。

この試合で個人的に印象に残ったのはマドリーではカシージャス。
ゼニトではダニーとアルシャビンですね。

カシージャスはEUROでも大活躍というほどのプレーを見せてくれましたし
ゼニト戦でもシュートをことごとく防いでいたので、マドリーにとっては
カシージャス様様の試合だったと思いますね。
あと、ゼニトのフボチャンの不運なオウンゴールに助けられた感もありますね。
あれが無ければ、結果的に1-1のドローだったかもしれませんし
試合全体としてはポゼッションもゼニトが上回っていたので
ジャイアントキリングもあり得た試合でしたね。

ただ、ゼニトは初戦でユーベに負けてるのでユーべとマドリーの牙城を
崩さない限り、決勝トーナメント進出は難しいかもしれません。

余談ですが、アルシャビンが試合中口をぽっかり開けながら歩いているシーンが
かなり目立っていたので、妙に気になってしまいましたw
あとは、アドフォカート監督が試合後にニステルローイ、ロッベン
といったオランダ代表の選手と談笑している所が印象に残りましたね。
(ちなみにアドフォカートはEURO2004の時、オランダ代表監督です)


珍しくチェルシー以外の試合も書きましたが、明日早朝はクルージュとの試合となるので
油断せずに勝ってほしいですね。ちなみに自分は上記に書いた通り、録画放送での
観戦となる可能性もあるのが悲しい所ですw

続きにはゼニト対レアル・マドリーの動画と、9月30日のCLグループリーグ結果を。
UEFAチャンピオンズリーグ ゼニト・サンクトペテルブルク×レアル・マドリー~9月30日の試合結果も~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | UEFAチャンピオンズリーグ | コメント:7 | トラックバック:2
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。