The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
チェルシー、アウェーでボルドーに苦戦するも引き分けに終わってしまう~UEFAチャンピオンズリーグ ボルドー×チェルシー その他試合結果も~
2008-11-28 Fri 20:25
チェルシーがボルドーと引き分け グループAの決着は最終節に持ち越し=CL

ボルドー1-1チェルシー
【ボルドー】
ディアッラ(後83)
【チェルシー】
アネルカ(後60)


チェルシー

GK チェフ
DF A・コール、イバノビッチ、ボジングワ、テリー
MF ランパード、ミケル、バラック
FW J・コール(後85→パウロ・フェレイラ)、マルダ、アネルカ(後63→ドログバ)

ボルドー

GK ヴァルベルド
DF ジュリエッティ、ディアワラ、シャルメ、プラニュス
MF ディアッラ、フェルナンド、グフラン(後67→カベナギ)、グルキュフ、
   ウェンデウ(後75→オベルタン)
FW シャマフ

ボルドーはグループリーグ初戦でチェルシーのホーム、スタンフォードブリッジ
で4-0と完敗しましたが、その後調子を上げてきてこの試合まで勝点6
と追い上げてきており、苦しい戦いを強いられそうな予感もした反面、
今季のアウェー戦では調子がいいのであっさり快勝しそうな予感がしましたが
悪い方の予感が的中する事になってしまいました。
ボルドーのホーム戦ではスタンフォード・ブリッジでのボルドーとは
全く別のチームになっていましたね。
この試合でチェルシーが勝てば無条件でグループリーグ突破できるはずだったのですが
予想外の苦戦をしてしまった事は残念ですね。

ボルドー戦ではデコがローマ戦の出場停止によって、欠場しましたが
バラックがスタメン復帰しました。トップにはここ最近好調なアネルカを起用してきましたね。
ボルドーは何故かグループリーグのチェルシー戦同様、カベナギを
最初から起用してきませんでした。
シャマフを起用しましたが、リーグ1の放送が無い為
ボルドーのカベナギが調子がいいのか悪いのか分かりませんけども(汗)
一応、リーグ1では6位に位置しているみたいです。
首位がリヨンでボルドーの前後がパリ・サンジェルマン(5位)とトゥールーズ(7位)になっています。

プラニュスと競り合うマルダ

試合開始序盤からボルドーが攻める展開が続いてました。

6分、ゴール正面やや左の位置で、ボールを持ったフェルナンドが
強烈なシュートを打ちますが、チェフがナイスセーブ。

19分、右サイドのグルキュフからパスを受けたシャルメが
PA内に進入。シュートを打ちますが、これはチェフがセーブ。

20分、グルキュフを倒してしまったテリーにイエローカード。
少し口論になってしまいました・・・。
なお、グルキュフにもイエローカードが出されました。

24分、ランパードがループパスをPA手前右にいたアネルカに
送るもチャンスにはならず。

26分、グルキュフがジダンが得意としていたマルセイユ・ルーレットで
チェルシーの選手をかわし、強烈なミドルシュートを打ち、枠内に飛びますが
チェフがセーブ!

27分、ランパードにイエローカード。

30分、A・コールにイエローカード。

34分、DFラインでのパス回しから、最後はランパードがPA内にパスを
送るもこれは決定機にはなりませんでした。

42分、イバノビッチのロングパスをボジングワが受け、
中に入れようとしますがDFがボールカット。

44分、イバノビッチからバラックにボールが渡り、
バラックはコーナー付近でクロスを上げるも
相手選手にクリアされてしまいました。

このまま両チームとともに、前半は0-0で終え、後半を迎えます。
チェルシー、アウェーでボルドーに苦戦するも引き分けに終わってしまう~UEFAチャンピオンズリーグ ボルドー×チェルシー その他試合結果も~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | UEFAチャンピオンズリーグ | コメント:12 | トラックバック:3
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。