The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
8日や9日の試合結果など色々。
2008-03-10 Mon 22:18
リーガエスパニョーラ

レアル・マドリー 2-1 エスパニョール
【レアル・マドリー】
イグアイン(前43)
ラウール(後27[PK])
【エスパニョール】
バルド(前28)

先週のCL、対ローマ戦で負けてしまった
マドリーですが、この試合ではその敗戦引きずる事なく
勝てました。
イグアインの久々のゴールに加えて
好調なラウールの活躍もあり、エスパニョールを
2-1で下しました。
この試合ではスナイデルも復帰したようですが、
ローマ戦で復帰してくれれば・・・(以下略)

バルセロナ 1-2 ビジャレアル
【バルセロナ】
チャビ(後22)
【ビジャレアル】
セナ(前31[PK])
トマソン(後36)

前日の試合でマドリーが
勝った為、優勝争いに絡んでいるバルサとしては少しでも
多く勝ち点を縮めたいこの試合ですが、バルサが負けてしまった為
両チームの勝ち点は8に広がってしまいました。
リーガの優勝争いはややマドリーが優勢だと思われますが、
まだクラシコも残している為、まだ分からないといった状況です。
ビジャレアルは3位をキープし、バルサとの勝ち点も4に縮まっている模様です。
これでビジャレアルはCL出場権獲得に大きく前進した事になります。

サラゴサ 2-1 アトレティコ・マドリー
【サラゴサ】OG(前34)、D・ミリート(後28[PK])
【アトレティコ・マドリー】シモン(前26)


その他リーグの試合は続きに。

インテル 2-0 レッジーナ
【インテル】
イブラヒモビッチ(前14[PK])
ブルディッソ(前34)

インテルは11日のリバプール戦を前に戦列復帰した
ズラタンが活躍、創立100周年を勝利で祝いました。
創立100周年、おめでとうございます。

エンポリ1-3ミラン
【エンポリ】
ブシェ(前23)
【ミラン】
パト(前19)
アンブロジーニ(後41)
カカ(後44)

CLのアーセナル戦で敗退したミランですが、
これでリーグ戦の戦い(CL出場権獲得)
に集中する事が出来、その1戦目でしたが、
エンポリに難なく快勝する事ができました。
これでシエナに負けたフィオレンティーナとの
勝ち点差は1に縮まり、ますますCL出場権争いが
面白くなってきました。

ジェノア 0-2 ユベントス
【ユベントス】
グリゲラ(前25)
トレゼゲ(前33)

この試合は救世主(?)としてチェコ代表DFでも
あるグリゲラの25分の弾丸シュートでのゴール、更には33分、
グリゲラのドリブル突破からトレゼゲがゴールし、
グリゲラが大車輪の活躍、ユーヴェが4試合ぶりの勝利となりました。
それにしても、この試合でも活躍、セリエでも好調なトレゼゲですが、
ドメネクさんに呼ばれる機会はあるのでしょうか?
個人的にはユーロでトレゼゲも見たいなと思ってますが・・・
もしやあのドイツW杯でのPKの事をまだ根に持ってます?
ドメネクさん(以下略)

パレルモ 1-1 ウディネーゼ
【パレルモ】
シンプリシオ(前32)
【ウディネーゼ】
フェリペ(後20)


プレミアリーグ

ウィガン 0-0 アーセナル

この試合では久々にファンペルシーが戦列復帰しました。
FKの場面もありましたが、宇宙開発(?)みたいなシュートで枠を
捉えられず・・・という事もありました。
ウィガンはエクアドル代表のバレンシア(リーガのとは無関係ですw)
がミドルシュートを打ちますが、アルムニアが弾いたりと
お互い決定的な場面もありましたが、決めきれず
スコアレスドローに終わってしまいました。
ファンペルシーと同様、コロ・トゥーレも復帰しており、
後はエドゥアルドを除けばロシツキーのみとなったようです。
もう少しでベストメンバーが組める日も近そうですね。

サンダーランド 0-1 エバートン
【エバートン】
A・ジョンソン(後10)

トッテナム 4-0 ウェストハム
【トッテナム】
ベルバトフ(前8、11)
ジウベルト(後40)
ダレン・ベント(後47)

FA杯準々決勝

20080309-00000243-reu-spo-view-000.jpg

喜ぶバーンズリーの選手たち

バーンズリー 1-0 チェルシー
【バーンズリー】
オデジャイ(後21)

ミドルスブラ 0-2 カーディフ
【カーディフ】
ウッティンガム(前9)
ジョンソン(前23)

ブリストル・ローバーズ 1-5 WBA

FA杯ですが、チェルシーがバーンズリーに
1-0で負け、まさかのジャイアントキリングを喫する事になってしまいました
ほぼベストメンバーで臨んだようですし、リバプールを下した事に続いて
2試合連続のジャイアントキリングは無いと思ってたのですが、
サッカーって何があるか分からないものですね・・・
バーンズリーはどんなサッカーをしてるか実際に
見たくなってしまいましたw
これでチェルシーは残されたタイトルとして、プレミアリーグ
がありますが、微妙な感じになってきました。
FA杯は「ビッグ4」全て敗退する事になってしまい、残る
プレミアの最後の砦はユナイテッドを下したポーツマスだけとなってしまいました。
何とかポーツマスにはプレミア勢の威厳を保って優勝してもらいたいですね
クラニチャル、ムンタリ辺りに期待しますw
奇遇にもWBA、カーディフと現フランクフルトの稲本が
在籍していたチームがベスト4に勝ち残ったというのも面白いですw

FA杯ベスト4
ポーツマス、WBA、バーンズリー、カーディフ

日本人選手の結果
フランクフルト1-1ボーフム

日本人ダービーとなったこの試合、稲本、小野とともに
スタメン出場を果たしました。
稲本の肩(?)に当たったボールがハンドと判定され、
ボーフムがFKでゴール、というの不運な事もありましたが、
試合後は仲良く稲本、小野とともユニホーム交換となったようです。
こういうのは微笑ましいですなぁ・・・
もっと日本人対決を見たいですね。






スポンサーサイト
別窓 | 欧州サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
<<ジュニーニョが日本帰化!? | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | リバプール×ニューカッスルやニュースなど~8日の試合~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。