The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
南アフリカW杯3次予選 バーレーン戦 日本まさかの敗戦、各国代表の試合。
2008-03-27 Thu 19:15
バーレーン 1-0 日本
【バーレーン】
A・フバイル(後32)

バーレーンに敗れる 日本はグループ2位に後退

20080327-00000002-jijp-spo-view-000.jpg


日本の先発メンバー

GK 川口
DF 阿部(→後37玉田)、中澤、今野
MF 駒野、鈴木啓、中村憲、安田(→後27山岸)、山瀬(→後11遠藤)
FW 大久保、巻

この試合では3バックを採用し、久しぶりの
3-5-2で試合に臨みました。
対するバーレーンは帰化選手が4人もいるようで、
(ナイジェリアから帰化したストライカーもいますが、負傷欠場した模様です)
ちょっと反則な気もしますけどねw
日本もブラジル人を帰化させたりしているので、他の国の事は言えませんが(汗)

さて、肝心の試合ですが、
珍しく遠藤が控えに回っており、その代役としては山瀬
が出ましたが、この試合ではあまり機能していなかったようで
後半11分に遠藤と交代しました。

バーレーンはナイジェリアから帰化したファタディ
が決定的なシュートを放つなど、チャンスが
幾度かあったのですが、日本はというと
、FWがシュートまで持っていけたのは殆ど
無いような気が・・・。決定的なチャンスは
あまり無かったように感じますね。

安田に代えて、山岸を投入したのですが、
この采配は良くなかったのでは?
その理由については後ほど。

その5分後、バーレーンのイスマイル・ハサンのクロスを
(ハンドっぽかったようですが)、川口が
手で弾きますが、そのボールの勢いが弱く、無情にも
ゴール前にいたA・フバイルに。
そのA・フバイルがヘディングで決め、バーレーンが先制します。

この辺は川口の判断ミスだったとしかいいようがないかな。
本人もパンチングでやるかキャッチするか
迷ってたと仰っていたようですし。

この後、日本は後半37分、玉田を投入しますが、遅いよ・・・
玉田のプレー(特にドリブル)を見てる限り、少なからずとも
可能性を感じたのでもっと早く投入してほしかったな。

先制されてからは日本も必死に反撃しますが、
ついにゴールを割る事は出来ず、日本が
バーレーンに1-0でまさかの敗戦を喫しました。

先制される前、山岸という攻撃的な選手を投入したのですが、
この時点はまだ0-0だったので、得点を奪う必要もある為、
ここでFWを投入すべきだったのでは(玉田、田代辺りを)?

どうも岡田監督は失点してからでないと、
動かないイメージがありますね。
選手交代も後手後手に回っているような気もしますし。

この試合は3バックを採用したという事ですが、
何故急に変えたのだろう?
中澤は本職のCBだからいいものの、脇を固める
CBが元々ボランチの阿部と今野だというのも
不安がない訳ではないですね。

現にアジアカップでの阿部のプレーは酷いものもあったので・・・
岩政や青山直、水本辺りを使ってくれればなと思うのですが、
ここは岡田監督次第なので、どう出るか見たいと思います。
(闘莉王は怪我で不在)


どうでもいいですが、この試合では関西学院大学の看板が
やたらと目に付いたので気になってましたねw

次戦は5月のキリンカップです。

そして、最も大事なのが、6月の南アフリカW杯3次予選。
何とこの一ヶ月だけで4試合もあります。
この次戦はオマーン戦ですが、ここを取りこぼすようだと
W杯出場はおろか、最終予選進出も難しい状況になってきますので、
負けは許されないと思いますね。
岡田監督の去就問題も浮上してきそうです。

岡田監督になってから、ベストメンバーで組めた試合は未だ1度も無いようですし、
これから海外組も招集される事でしょう。
しないとやばい気もしますが・・・
後、川口については安定感があるとは言えないですし、
そろそろ世代交代を考えても良いような気もします。
西川や川島などいいGKもいますし。


以下、日程です。

5月下旬 ■A代表 キリンカップ(2試合)
対戦相手未定 国内

6月
6月2日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第3戦 オマーン戦 横浜(横浜国際総合競技場)
6月7日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第4戦 オマーン戦 オマーン
6月14日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第5戦 タイ戦 タイ
6月22日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第6戦 バーレーン戦 埼玉(埼玉スタジアム)


続きには各国代表の試合結果を。

 

フランス 1-0 イングランド
【フランス】
リベリー(前32[PK])

ベッカムが出場し、めでたく100キャップ達成となりました。
交代したのがブラックバーンの同じ苗字のデイヴィッド・ベントリー
というのも何だか面白かったです。
ベントリーもベッカムと何かと比較されてますし、ベッカム
お家芸のFKまで得意だそうです。
試合はアネルカのスピードに乗ったドリブルを
ジェームズがたまらず突進して止めて、フランスがPKに。
これをリベリーが決めて、1-0でフランスが勝ちました。
なお、怪我したベンゼマに変わり、代替え招集されたトレゼゲが先発出場しましたが、
内容は良くなかったようで、交代させられました。
その際のドメネクさん、何か不機嫌だったような?w

ブラジル 1-0 スウェーデン
【ブラジル】
パト(後27)

スペイン 1-0 イタリア
【スペイン】
ビジャ(後33)

エジプト 0-2 アルゼンチン
オーストリア 3-4 オランダ
ポルトガル 1-2 ギリシャ
スイス 0-4 ドイツ
スコットランド 1-1 クロアチア
メキシコ 2-1 ガーナ
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:3 | トラックバック:0
<<北京五輪代表 対アンゴラ戦、北京五輪出場国決定のニュース。 | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | チェルシー×アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド×リバプールの試合など。>>
この記事のコメント
こんにちは~

バーレーン戦は見てなかった(というか岡田JAPANの試合は韓国戦しか見てないです)
ですが、どうもあれこれ???みたいですね。

新聞・雑誌程度の情報しか知りませんが、自分も本職のCBを使わなかったのは疑問です。
オシムのときは4バックで、DFラインからボールを組み立てることを
要求していたため、阿部とか今野をDFとして入れていました。
DFラインから、ゆっくりビルドアップしていって、SBがあがるためを作って
アタックゾーンからペースをあげて攻撃するっていうね。
それに欧州相手で相手FWが大きいとき(今回がそうなるのかな?)には、
本職のCB使って対応と、柔軟な部分も持っていました。

んでもって、今回のバーレーン戦
ピッチの悪さを予見して、当初から「つなぐサッカー」ではなく
ロングボールを多用する発言はしていましたね。
その戦術も3バックも決して悪いものではないと思います。

悪いとは思いませんが、だったらDFにボールをつなげる選手は必要ないのでは?
となりますね。ロングボールを多用するのなら、DMFからのフィードが重要で
DFからつなぐ必要はないですから
わざわざ阿部や今野使わないで、本職のCBでがっちり守るのが通常の感覚だと思います。
もともと守備的と云われる岡田監督のサッカーからしても、その方がセオリー通りです。
(「しっかり守って」をまず第一に考えるサッカー)

攻撃の方もロングボールを多用するつもりなら
巻はターゲットマン(ポスト)、大久保は飛び出しで裏を狙う
山瀬はシャドーやミドルシュートを打っていくという役割になるのに
それに対してのDMFからのフィードが全然なかったみたいですね。
(特に大久保に合わせたパスがほとんどなかったような記事を見ました)
いったいなんの戦術練習をしていたのかと思いたくなります。

巷では4バックでいけばよかったとか、最初からつなぐサッカーでいけばよかった
といった意見が出ていますが、そこが問題ではなく
そういうサッカー(3バック)をするに当たっての選手選考をきちんとしてない
(岩政とか栗原とか井川とか呼べばよかったのにね)とか
ロングボールを展開するに当たっての戦術(簡単に言えば約束事)を
きちんと選手に伝えきれてない(後日の新聞記事を見るとそういう戦術的な面では
ほとんど話がなかったみたいです)とか、そういう試合に対しての準備の部分が
甘かったのが問題なんじゃないかと思います。
(まるでジー○JAPANのときみたいです)

個人的に岡田監督には、いい印象をもってなく岡田監督に対して
あれこれ書いたら批判や悪口ばかりになりそうなので、この辺にしておきます
。。。って十分長いですね(汗)
申し訳ないですm(__)m

まぁ負けるならこの辺で負けておくのが大局的にも、
問題(予選突破の星勘定って意味で)はないですし、
2位でも最終予選にいけると思えば、いい薬だったんじゃないでしょうか。

書きたいことはまだありますが、長々と申し訳ないので、この辺で失礼します。
それでは^^
2008-03-28 Fri 12:40 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更]
>HALさん

こんばんは~。
コメントありがとうございます。

いやぁ~、お詳しいですね。

本職のCBですが、オシム監督時代も
そうでしたし、確か岡田監督に変わる際、
協会も含めてオシム監督のコンセプトやら戦術やらを引き継いでいくみたいな事を仰っていたので、それが今もそのまま現れているような感じもしますね。
この辺は、そういう決断をしてしまった協会にも責任があるといえると自分は思います。
ポリバレント性を備えた選手は確かに魅力的なのかもしれませんが、世界の強豪国を見回しても本職のCBでない選手をCBに起用してるのは日本くらいだと思いますね(今の日本が
強豪国といえるかどうかは別として)。

DMF(ボランチ)からのフィードに関しても、遠藤がいればまた違っていたのでしょうが、大事な試合で岡田監督は遠藤を外し、山瀬を入れたようなので(山瀬もここ数試合で良い結果を出していたのは理解できますが)、どういう意図を持って、巻を起用したのか疑問も持ってきますね。玉田のように独力でドリブルできる選手を入れるならまだしも。

思ったんですが、この試合では憲剛がフィードする役割を持つべきでしたね(汗)
啓太には個人的に汗かき役だと思ってるので、
フィードは期待できないですが・・・
遠藤ももちろんボランチ出来ますが。
個人的には遠藤のボランチ起用だと、ロングパス精度も高いと思うので、言い過ぎかもしれないですが、日本のピルロになれるような気もしますね。

確かに自分も岡田監督については、あまりいいイメージがないですね・・・。
それはフランスの時のイメージが強いなのからかも・・・

今ちょっと話題になってるのですが、鹿島の
オリベイラに監督を任せた方が今よりは
代表も強くなるとは思います。
その鹿島の選手もあまり選ばれていないですし・・・
もうちょっと選手選考しっかりやってほしいです。

それにしても、監督が変わっただけで、こんなにサッカーが変わるものだとは思いませんでしたね。アジアカップでは良い成績残せなかったですが、オシムさんの方が連動的なサッカーで期待も持てる内容でしたし。

今回、負けてしまいましたが、勝負は6月だと思ってるので、それを考えるとこの敗戦はいい勉強になったかなと思います。

こちらも長くなってしまい、失礼しました(^^ヾ
2008-03-28 Fri 20:16 | URL | ソラ #ZcIB9asw[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-03-31 Mon 13:04 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。