The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
キリンカップ 日本代表対コートジボワール
2008-05-27 Tue 01:21
玉田のゴールで1-0の勝利 コートジボワール戦=サッカー日本代表

20080524-00000028-jijp-spo-view-000_convert_20080526191934.jpg


ちょっと遅くなりましたが、キリンカップ対コートジボワール戦を書きたいと思います。

日本代表のスタメン

GK 楢崎
DF 駒野、闘莉王、中澤、長友
MF 遠藤、長谷部、今野、松井(後30→香川)
FW 大久保、玉田(後30→矢野)

コートジボワール代表のスタメン

GK ゾグボ
DF ドゥメル(後22→ロロ)、ゾロ、メイテ、ボカ
MF エブエ、ゾコラ、ファエ(後38→ドゥンビア)、アカレ(後30→K・トラオレ)、ティエネ
FW サノゴ

この試合は岡田監督になって以降、初の海外組招集となった試合で
海外組では、ル・マンの松井とヴォルフスブルクの長谷部が出場しました。
なお、中村も当初は出る予定だったのですが、スコットランド・プレミアが
最終節までもつれ込んだために出る事ができませんでしたが、
個人的には出なくても良かったかなと思います。
セルティックは結果的にダンディー・ユナイテッド戦に勝つ事が出来て
、その上、レンジャーズもアバディーンに負けたので逆転優勝を果たす事ができましたし、
俊輔も優勝シーンに立ち会う事が出来たので、スコットランド・プレミアを優先してよかったかなと思います。
CL出場権を獲得したというのも重要なポイントですし・・・。

対するコートジボワールは、直前になって松井の元同僚、
ル・マンのロマリック、ジェルビーニョ、B・コーネ
など主力がドタキャンしてしまいましたが(日本代表と試合するとなると、こういうケース
が多いんですよね・・・)、ほぼ主力メンバーでの試合となりました。
その上、中一日だったのでコンディションは良くなかったのかもしれません。

試合開始して、日本が積極的に仕掛けて序盤は優勢な場面が目立ちます。
特に左サイドの長友の攻め上がりが目立っていました。
前半15分、CKから遠藤のクロスに大久保がヘッドで合わせますが、
これはボカがライン上でクリアします。

前半21分には日本に決定機が訪れます。
右サイドで今野のスルーパスを受けた長谷部
がクロスを上げ、ゴール前にフリーでいた玉田が左足で合わせて
日本が先制します。このゴールは大久保がDFを引き付けていて
一時的におとり的な役割を演じていたためでもあって、玉田のゴール
が生まれたと言えるかもしれませんね。
これで、玉田は2006年のドイツW杯対ブラジル戦での
ゴール以来の得点となりました(ブラジル戦は未だによく憶えていますが、
あまりいい思い出ではないですね・・・)。

日本が1-0でリードしていた状態で、前半を終えました。

後半13分、コートジボワールがゴールまで約20メートルの距離でFK
を獲得。これをボカが蹴りますが、低い弾道で放たれたシュートは
楢崎が弾いて難を逃れました。
あそこにコートジボワールの誰かが素早く詰め込んでいたら、
失点されてもおかしくなかったシーンだったように思いますね。

後半21分、コートジボワールはドゥメル→ロロと交代。

後半29分、日本は玉田→矢野、松井→香川と交代。
欲を言えば松井がもう少し見たかったなぁ。
いきなりの代表合流とはいえ、頑張っていましたし。これからも期待が持てそうですが、
招集し続けてほしいですね。W杯3次予選では、苦しい時間帯が続く事も
予想されるので、その時は松井のような一人でも局面を打開できる
ドリブラーは必要不可欠ですしね。

交代した香川は、平成生まれでは初の日本代表なんだそうです。

その一分後、コートジボワールはアカレに代えて、K・トラオレを投入。

後半34分、大久保が突破を図りますが、ゾコラに足を挟むような危険なスライディングタックル
をされてしまい、イエローカードが出ます。

後半36分、日本がFKを獲得。ゴール前30メートルの距離から駒野が
FKを蹴りますが、これは惜しくも枠を外れてしまいました。

後半37分、コートジボワールはファエに代えて、J2の徳島ヴォルティスにも
所属しているドゥンビアが出ます。何と10番でした(笑)
ドゥンビアが出てから、応援も大きくなったみたいですね(ドゥンビアに対しての応援)。

後半44分、そのドゥンビアが日本のクリアミスしたボールを
こぼれ球を拾って、シュートしますが、飛び出した楢崎が右手に当ててボールが
バーを直撃、このボールはクリアして何とか失点を免れます。

ロスタイムに矢野が、必死にドリブル突破を図っていましたが、スピード不足が明らかで
コートジボワールの選手にボールを取られてクリアされてしまいました。

これで試合は終了、日本が何とかコートジボワールに1-0で勝ちました。

試合通してみて思った事。
やはりGKはバーレーン戦でも致命的なミスを犯した川口より、
安定感のある楢崎の方がいいですね。安心してみていられますし。
6月7日のオマーン戦では楢崎でお願いしたいところです^^

コートジボワールはアフリカネーションズカップで爆発的な攻撃力を
誇ったFW陣が殆ど不在で、サノゴの1トップではあまり怖さはなかったように感じます。
この日不在だったFW陣としては、思いつく限りでドログバ、カルー、カデル・ケイタ、ディンダン
、バカリ・コーネ、アルナ・コーネ辺りでしょうか。
普段のコートジボワールのフォーメーションは3トップらしいので、
もし、相手がベストメンバーで来ていたらこの日の日本の状態では
抑えきれなかった可能性大だと思いますね。
闘莉王、中澤がワールドクラスのドログバ相手に通用するかも見てみたかったですが・・・。
後はスピードタイプのFWが多いので、日本のDFで押さえられるかどうかも・・・。

この日出た欧州組の活躍(特にブンデスの長谷部)によって勝てた印象が
あるので、やはり欧州組は必要不可欠だと感じましたね。
国内組だと、世界と戦うにはある種の限界もありますし。
俊輔は怪我してるらしく、パラグアイ戦の出場は微妙ですが、ファンジスタとも評される俊輔と松井の共存を見てみたいです。長谷部は俊輔、松井が出るならボランチ起用がいいかなと(ブンデスに行ってプレースタイルは広がったみたいですが)。

実質1.5軍相手とも言えるコートジボワールに1点しか取れなかった事で、得点力という部分とか
W杯予選に関しては不安が残りますが、3次予選は必ず突破してもらいたいです。

キリンカップ、次戦は本日27日、パラグアイ戦です。
相手は2軍相手なので、内容、結果とともに完勝といえるような試合になってほしいです
(日本は南米相手に弱いというデータがあるのは有名ですが)。
スポンサーサイト
別窓 | 日本代表 | コメント:6 | トラックバック:0
<<キリンカップ最終戦 日本代表対パラグアイ W杯3次予選の日本代表発表も。 | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | グラント、解任される~チェルシー監督人事>>
この記事のコメント
こんにちは~
今日のパラグアイ戦を見て感想変わるかもしれませんが
自分の見たコートジボワール戦の感想でも

1-0で勝利したことは評価できます。
流れの中から点とったのも、FWが点とったのも評価できますが
攻めの形が見れなかったのが残念です。

セルジオ越後さんが言っていたのと同様ですが、松井のアタックをもっと見てみたかった
FWが裏を狙って動いても、そこにパスが出るわけでもなかったですし
(松井だけではなく)玉田とか仕掛けることのできる選手もいるのに
そういう局面をみることは皆無に近かったですし、ミドルシュートも見なかったです。
(日本のミドルの記憶がないな。。。もしかして0本か???)

相手も主力FWがいないせいか、攻めの形を出せないまま
(後半は終始支配していましたが)だったので、
中盤でのプレス合戦(後半は一方的だったですけど)な試合になっちゃいましたね。

岡田監督に攻めの形がなかったのか?選手の方ができなかったのかは不明です。
ただ矢野が出てきても、ポストプレイに切り替えるのではなく、
同じようにプレイしていたので
(矢野のドリブル突破は意外性あるかもしんないけど、ちょっとムリありますよね)
なんとなく前者のほうなのかなぁと思いましたが、まだ1試合だけでこれからなことなので
次のパラグアイ戦でどんな形を見せてくれるかが大事なんだと思います。
(あくまでテストマッチなんで、攻めの形を見せるのが大事だと思います)

攻めの形を見出せなかったのはDMFの2人にも問題あったと思います。
中盤でキープできずに溜めがつくれなかったので、
攻撃の形を出せなかった印象を受けました。
他にも、サイドでのプレスに2人ともボールに行ってしまい
スペースをあける場面が度々あったり
2人とも前線に上がっちゃったりして中盤の底のスペースがあいたりとか
(相手に強いトップ下いたらやばかったですね)して、遠藤がカバーに追われていました。
ダブルボランチの動きとしてはちょっと課題が残ったと思います。
(効果的なミドルとかドリブルでの突破とかもなかったですし)
今野との組み合わせがよくなかったのかもしれませんが
あの試合を見る限り、海外組だからといって、必要不可欠な存在とは言い難いですね。

DFの方はGK含めてよかったですね。
ミス(特にバックパス)も多かったので課題もありますが、ミスに対してカバーして
結果として0点に抑えたのは評価できると思います。
(ドログバとかスピードある3トップ相手だったら分からないですけど)

ただ、良くも悪くも1試合だけで、今日のパラグアイ戦での内容と
6月の予選の試合でどれだけできるかで、感想も評価も変わるので
(少なくともあの試合だけでダメ出しするのも、必要不可欠というのも早計ですから)
これからの5試合が重要ですね。

長文失礼しましたm(__)m
でわでわ~
2008-05-27 Tue 11:05 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更]
>HALさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに明確な攻めの形っていうのは見ていて
感じなかったように思いますね。同感です。
松井はルマンの試合でも、自分から積極的に仕掛けるドリブラー(PA付近まで仕掛ける事も多いです)なので、この試合では中々見られなかったので残念でした。交代させられたので、もう少し見たかったのが本音ですが、W杯予選のように苦しい時間帯が続くと、松井のような選手は必要だと思いますね。

ミドルシュートの件について、ホントそうですよね。自分も打った記憶が無いです(汗)
以前だと、啓太が結構打ってたような気はするんですけどね。この日は相手が強豪だったという事もありますし、引いて守る事が少なかったのかもしれないというのもあったかもしれないですが、ミドルは局面を打開できる一つの武器なのでどんどん使ってほしいですね。

ボランチですが、もし闘莉王が起用されていたら(浦和ではよく起用されていますよね)、おそらく上がる一方な感じ(DFの時もオーバーラップしていた事が何回もあった事を考えると)になってしまう可能性もあるので、そうすると、片方の選手がカバーに追われて大変そうですね。闘莉王のボランチ起用は得点がほしい時は有効かもしれませんが、賛否両論ありそうな感じもします。

DFと楢崎を含めた守備陣は、見ていて安定感もありましたし、安心できていて見てられましたね。川口だと不安な面もありますが(ポカを犯す事が多いので)。
もし、コートジボワールが3トップで来ていたら抑えられなかったでしょうと思います。大型CBが多く、代表引退してしまった坪井のようにスピードがあるわけではないので、対応に苦慮するかと思いますね。

キリンカップはテストという場で仕方ない面もありますが、6月の本番では一敗していますし後が無いので全勝する位の気持ちで、頑張ってほしいと思いますね。W杯3次予選、不安が無いわけではないですが(汗)

こちらこそ長文失礼しました(^^ヾ
2008-05-27 Tue 20:04 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
おはようございます。
またも長文になってすいませんが(汗)

昨日のパラグアイ戦
前半20分から見たのですが、正直がっかりです。

がっかりしたのは選手ではなく采配
なんで4-5-1なんでしょう??

そんでもって2列目にはパサータイプを並べて・・・
巻が相手DFを2、3人引き付けてるのに
2列目が空いたスペースに飛び込んでいかないから
俊輔もパスの出しどころがなく、中途半端な感じでした。
唯一1トップのよさを引き出したのが
前半のトゥーリオのヘッド
巻が中央に位置して、DFがついている裏に飛び込んでのヘッド
パス精度の高い俊輔と囮の巻、打点の高いトゥーリオと
それぞれのよさが出てました。
(残念ながら決まりませんでしたが)

またサイドをえぐってのシーンも何回かありましたが
PA内にいるのが巻1人だけでは、クロスの出しどころがなく
結局効果的な攻めになってなかったです。
これは高原に代わっても同様でしたね。

印象だけなので違うかもしれませんが
2列目の3人がPA内にほとんど入ってないんじゃないかな?
(セットプレイ時は除きますが)
これでは、1トップで巻がDF引き付けてる意味がないですね。

よさが出たと思うのは大久保が入ってから
パスの出どこが2箇所になって、攻めやすい感じになりました。
(これも残念ながら決まりませんでしたが)

個々の選手で言えば、中村(憲)のミドルはよかったですね。
もっとも彼のは弾丸ミドルじゃないから盛り上がりに欠けますけど(笑)

結局岡田監督はなにをしたかったのか分からなかったです。
パサーを並べてるのに受け手のいない戦術にして
俊輔にしろ巻にしろ、持ち味を消されるようなことをしています。
(最初から、山瀬ではなく大久保にしてれば大分違ったと思う)
第一、4-5-1はオシム時代に試して
パスの出どこがないからということで使わなくなった戦術です。
なんか昨日の試合で、ドイツ以降にやってたことが
退化していった印象を受けます。
メンバー代えるのはいいのですが、コートジボワール戦の
いいとこ、悪いとこの修正って感じではなく
まったく違うサッカーをしてた感じで
以前からのはもちろん、前の試合との
連続性も感じられなかったですしね。
(そういえば接近・展開・連続ってキャッチコピーはどうしたんだ)

はっきりいって岡田監督は変えたほうがいいと思う
としか言えない昨日の試合でした。
今なら向こうもオフシーズンだから、空いてる監督も
結構いますしね。
もしかしたらライカールトやグラントなんかが
来てくれるかもしれません(笑)
(彼らが日本にきてくれるか以前に日本にあうかどうか分かりませんが)

Wカップ3次予選は2位抜けでもOKなので
あまり心配はしていませんが
このままでは最終予選が思いっきり心配になります。
協会がどう判断するかでしょうが、そっちも
人事とかで揉めてるし、動きがなさそうなので
ちょっとがっかりしそうな気がします。

話変わりますが、昨日の試合って観客動員が
3万人いかなかったみたいです。
自分はチケット完売って聞いたのですが、
なんか違ったのかな??

それにしても埼玉で3万人いかないなんて
岡田監督って人気ないんですね(^^ゞ

それでは^^
2008-05-28 Wed 10:41 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更]
>HALさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

あとでパラグアイ戦の感想書く予定ですが、確かに、先発フォーメーションの4-5-1は個人的にも疑問ですね。途中から大久保が入って4-4-2になったみたいですけど・・・。
巻の1トップはこれまでも何回も試されてますし、結果が出ないシステムだったのでやめてほしいですね。個人的には、日本にはやはり4-4-2の2トップで中盤に厚みを持たせるほうがいいかなと思います。

前半の闘莉王のヘッドは惜しかったですね。あれがこの日の日本の一番の決定機だったといってもいいような気もします。
そして、ガッカリしたのが俊輔のクロスを巻がバックヘッド(?)したような感じのところですね。失礼ですが、どうみても俊輔のクロスをクリアしているようにしか見えなかったですw巻はこれまでもクロスを中途半端なヘディングで落とす事もありましたし、頭が利き足と本人が語ってる割には精度が悪いんじゃないかなぁと思ってしまいます。
巻の起用も含めて疑問ですね。矢野もですけど・・・。どうも今の日本にはポストタイプのFW、いい選手がいないのは気のせいでしょうか・・・。ポストタイプのFWといっても、
空中戦に滅法強いギリシャのハリステアスとか、
足元も上手い約2メートルのチェコのコラーが理想なんですけど、日本にはそういうタイプのFWっていませんし、やはり俊敏力(スピード)のあるFWが一番いいかなと思います。
ポストタイプだったら、万能タイプの前田がいいんですけど、怪我で辞退しちゃってますし。

憲剛のミドルシュートは惜しかったですね。仰るとおり、弾丸性のあるミドルではないから盛り上がりには欠けますけど(笑)啓太のミドルも似てるかもしれませんね。

岡田監督は変えた方がいいですね。同感です。彼のサッカーでは選手も不満らしいですし(どっかの週刊誌にも書いてあったような?)。更迭するとしても、協会はまたおそらくJリーグのチームから連れてくるんじゃないかなという感じが非常にあります。オシムの時もそうでしたし。トルシエみたいに外部から連れてくるのが一番いいんでしょうけど、そのコネが協会にあるかどうかは微妙ですけど(今の所、リヴァプールから連れてきたミラー監督は成功を収めていますし、外部からでもいいんじゃないかと)。

大物監督が日本に来る可能性は低そうですが、協会は契約料、放映権料でかなり金貰ってると思うので、それを監督にまず使ってほしいというのが本音ですが・・・。

最終予選は、3次予選を突破したとしても日本が苦手とする韓国、オーストラリア、イラン、サウジアラビアが突破すればそのうちの2ヶ国が入る可能性が非常に高いですし、かなり心配です。特にサウジにはアジアカップの敗戦で、苦手意識を植え付けられてしまった印象もあります。

パラグアイ戦、3万人いかなかったですが、それはガラガラの埼スタを見ても明らかですね。まぁ、W杯予選は多少はもっと入るとは予想しますが・・・。

岡田監督人気ないですね。自分もそう思います。観客動員に、海外組効果もあったか微妙ですし。

こちらこそ、長文失礼しました~(^^ヾ
2008-05-29 Thu 02:32 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
こんばんは

確かにポストタイプのいいFWは日本にいないですね。
コレルさんみたいなのいれば最高なんですけど
まぁ高望みしすぎですよね(笑)

巻をかばうわけじゃないけど、パラグアイ戦は
あんなもんじゃないでしょうか
1トップで相手DFを2、3人引き付けていて
PA内にスペースを作ってましたから
問題はそこに飛び込んでいかないMF陣ですね。
2列目が飛び込んできたりミドルを打ってくれば
マークも分散して巻も持ち味を出せたかもしれません(ホントか?)

常に2人ついているDFをかいくぐってパスを受けろとはちょっと要求高すぎ
よかったとは思わないけど1トップのFWとしては及第点じゃないかな
バックヘッド失敗は、技術不足であんなもんですしね~

問題は前に書いたとおり岡田監督の戦術でしょうね
個々の能力は飛びぬけて得るものがあるわけじゃない
日本のFWだけど、2トップの組み合わせ
そして中盤の組み合わせ次第で、それなりにできると思うんですけどね~

そういう意味では巻(ホントは前田がいいんですがいない・・・)&大久保を
試してほしかったですが、もう終わったことなので
しょうがないですね。
少なくともオシム時代のよい点、悪い点を
まったく継承されてないことが分かったくらいでしょうか?

キリンカップ優勝したのに、素直に喜べない
(多くの人がそう思ってるみたいです)
のがちょっと残念ですね。


>大物監督が日本に来る可能性は低そうですが、
>協会は契約料、放映権料でかなり金貰ってると思うので、
>それを監督にまず使ってほしいというのが本音ですが・・・。

自分も同感です。
大物監督=日本に向いているとは限らない※1ですが
大物監督のイズムみたいなものを注入してほしいと思います。
協会のほうも、この時期なら大物の監督にオファー出して
日本の強化に努めようとしてほしいと思います。
たとえダメでもそういう姿勢を見せてほしいです。
なんか安直※2にいってる気がするんですよね~

またも長文失礼しました。
それでは~


※1
 個人的意見ですが、トルシエみたいに
 日本人の特性を見て、形から入る監督のほうが
 向いていると思います。オシムも言っていましたが
 日本の型を見出すことが大事な気がします。
 欧州の選手(誰だか忘れましたが)が言っていましたが
 イタリアは守備の強いイタリアの型(システムではない)が
 あるからイタリアの強さがあるんだってことで
 日本もそうあるべきなんだと思います。


※2
 トルシエ→ベンゲル(当時名古屋在籍)の紹介
 ジーコ→鹿島のツテ
 オシム→JEFから強奪
 オフトは経緯を知らないからあれだけど
 Jリーグから安直にとってますよね~
2008-05-29 Thu 19:52 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更]
>HALさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ポストタイプのFWで思い出したんですが、オーストラリアのヴィドゥカなんかも理想ですね~。ヴィドゥカはドイツW杯や、アジアカップの時にも見たんですが、ボールキープが異常に上手いという印象を受けましたね。日本みたいに2列目で飛び出すようなMFがいれば、ヴィドゥカのようにボールキープできる選手がいれば貴重かなと(^^ヾ
ヴィドゥカはオーストラリア代表まだやってるか分からないですけど(汗)
代表引退したという情報もありますし。

巻のシーンよく見ましたが、確かにあのシーンはMFが飛び込まなかったのがいけなかったかなと思いますね。そもそも、2トップにしてたら近くにFWがいて、ボールを拾う事も出来たんでは?と思ってしまいますが・・・。
それとは別に、フリーだったし真っ直ぐゴールに向かってヘディングしても良かったんじゃないかなとも思います。

キリンカップ優勝しましたが、自分も素直に喜べないですね。相手もメンバー落としてましたし、コートジボワールなんて中1日での試合でコンディション的にも良くなかったですしね。何より、決定力不足が痛いかなと。
まずシュート打ってくれないですし(汗)
内容が良くなかったのが、素直に喜べない原因でしょうか。

大物監督については、自分もそろそろ来てほしいのが本音ですけど、難しいかもしれませんね。次期監督ですが、Jリーグから連れてくるとしたら、ミラー、オリベイラ、シャムスカ、西野さん辺りになりそうな感があります(笑)

外部とのコネクションをもっと強化してほしいのですけどね。以前に、どこからのコネだったか、ジャケに監督依頼したらしいですが、年俸の関係で断られてるそうです。

個人的には、日本代表は日本人監督より、外人監督の方が向いてると感じるので、外人監督になってほしいものですね~。

こちらこそ長文、失礼しました(^^ヾ
2008-05-30 Fri 20:21 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。