The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
死のグループを最初に抜け出したのはオレンジ軍団! オランダ対フランス、ルーマニア対イタリア~EURO2008 7日目~
2008-06-14 Sat 23:21
EURO2008

オランダがフランスにも圧勝

オランダ4-1フランス  ベルン - スタッド・ド・スイス
【オランダ】
カイト(前9)
ファン・ペルシー(後14)
ロッベン(後27)
スナイデル(後47)
【フランス】
アンリ(後26)

オランダ

GK ファン・デルサール
DF ブラルーズ、オーイエル、マタイセン、ファン・ブロンクホルスト
MF デヨング、エンゲラール(後1→ロッベン)、カイト(後10→ファン・ペルシー)、ファン・デルファールト
   (後33→ボウマ)、スナイデル
FW ファン・ニステルローイ

フランス

GK クペ
DF サニョール、テュラム、ギャラス、エブラ
MF マケレレ、トゥララン、ゴブ(後33→アネルカ)、リベリー、マルダ(後15→ゴミス)
FW アンリ

716390_w2_convert_20080614231735.jpg


アップが遅くなってしまいました(;^_^A

死のグループ初戦、イタリア戦で快勝したオランダですがこの試合でも
強豪フランス相手に圧勝する結果となりました。
やはりオランダは強いですね。当初はグループリーグを勝ち抜く
のは厳しいとも見られたのもあったのですが、蓋を開けてみると
オランダがダントツでグループリーグ1位抜けとなりましたね。
この結果により、ドイツW杯ファイナリストのフランスとイタリアが揃って
グループリーグ敗退の危機に直面してしまいましたね・・・。

この試合ではアンリがスタメン復帰、マルダとゴブをウイング気味に置いた
フォーメーションとなりました。オランダの方はイタリア戦と同じフォーメーションとなっています。

前半9分、右サイドからのファン・デルファールトのCKをゴール前の
カイトがマルダに競り勝ってヘディングシュート、これが決まり
オランダが早い時間帯に先制することに成功しました。

先制に成功したオランダがボールを試合する時間帯が続いていましたが、
30分を過ぎた辺りからフランスも攻勢を強めましたが
点は取れず、前半が終了し、後半に入りました。

オランダは後半開始からエンゲラールに代えて、ロッベンを投入。
これにより、ファン・デルファールトが中盤に下がりました。

後半14分、左サイド低い位置かでファン・ニステルローイのルーレットから
ロッベンにパスが渡り、左サイドを上がったロッベンがファーサイドにクロス。
これをファン・ペルシーがダイレクトで合わせてシュート!
これはクペに当たりますが、ゴールに入りオランダが追加点を挙げ、
2-0になりました。

716362_w2_convert_20080614231818.jpg


26分にはフランスが反撃に。
右サイドからのサニョールからのクロスをゴール前に走りこんだ
アンリが左足で合わせて、ボールは枠の左隅に決まり、
フランスが1点差になりますが、この後もオランダの勢いは止まりません。

その一分後の27分、中央からのスナイデルのスルーパスを受けた
ロッベンがPA内左に侵入し、テュラムのマークをかわして、左足を振りぬき
角度のない所からのシュートでしたがボールは枠の左上に入りゴール!
オランダが3-1となり、フランスにダメを押す決定的なゴールとなりました。

47分にも、オランダにとって決定機が訪れます。
PA手前中央でボールを受けたスナイデルは体を反転し、
強烈なミドルシュートを放ち、これがクロスバーをかすめて
枠の左に決まりゴール。オランダが4-1になりました。

これで試合は終了し、オランダがイタリア戦に続いてよもやの圧勝劇となりました。
堅守のイタリア、フランスもどちらかというと堅守の部類に入るので
そのチームから4点も取れたのは大きいですね。
フランスはテュラム、マケレレとベテラン選手がいますが、もう年齢的にも
限界という感じもあるかも・・・。
マケレレ、テュラムと共に確か一度は代表引退を表明したはずですが、
ドメネクさんによって酷使されているような感じもありますし。
出来ればメクセスを呼んでほしかったなと・・・。

やはり、ベンゼマが見たかったなぁ・・・。スベルコシュのようにいきなり出れば
活躍する可能性もありますし。
これはドメネクさんの采配にも疑問を持ちますけどね。(怪我をしている選手を
起用したり、結果の出してる選手を呼ばなかったりと・・・)

オランダは圧巻の攻撃力ですね。優勝候補国ですが、グループリーグで飛ばしすぎて
逆に決勝トーナメントで反動が出たりしないか心配になってしまうくらいです。
個人的にはオランダも好きなので、優勝してほしいなとは思ってますが(^^ヾ
ファン・バステンも良い形で代表から引く事が出来そうな感じもあります。
(大会後はアヤックスの監督になる事が決定しているので)

フランス、イタリアはルーマニアの結果待ちとなりましたが、
最悪の場合、両方ともグループリーグ敗退となってしまうので、それは避けてほしいなと思いますね。

続きにはルーマニア対イタリアを。

イタリア、ブッフォンの活躍でドロー

イタリア1-1ルーマニア チューリヒ - レツィグルント
【イタリア】
パヌッチ(後11)
【ルーマニア】
ムトゥ(後10)

イタリア

GK ブッフォン
DF パヌッチ、グロッソ、キエッリーニ、ザンブロッタ
MF デル・ピエロ(後22→クアリアレッラ)、デ・ロッシ、カモラネージ(後40→アンブロジーニ)、
   ペロッタ(後12→カッサーノ)、ピルロ
FW トーニ

ルーマニア

GK ロボント
DF コントラ、ラト、タマシュ、ゴイアン
MF キブ、ラドゥ(前25→ディチャ)、ペトレ(後15→ニコリタ)、コドレア
FW ムトゥ(後43→コシス)、D・ニクラエ

716079_w2_convert_20080614231851.jpg


この試合はルーマニアが先制したものの、すぐさまイタリアがパヌッチ
のゴールで追いついて、1-1の引き分けとなっています。
イタリアはオランダ戦で、DFラインの連携が上手くいかず
3失点した事もあって、バルザーリとマテラッツィが外れ、
キエッリーニとパヌッチのCBコンビになりました。
ルーマニアの1点目はFKの流れからイタリアのPA内
に送ったフィードボールをザンブロッタがクリアミスしてしまい、
そのボールをムトゥが決めて先制。
イタリアは左サイドで得たCKを、デ・ロッシがファーサイドに送ったボール
をキエッリーニ、そして最後はパヌッチがヘッドで決めて同点に追いつきました。
後半35分にはD・ニクラエがパヌッチにPA内で倒されてしまいPKを得て、
これをムトゥが蹴りましたが、ゴールやや正面のボールはブッフォン
のファインセーブに阻まれてしまい、ルーマニアにとってはこの決定機
を逃したのが大きかったかもしれません。
実際、外したムトゥはメンタル面でダメージを受けたのか、ショックを受けた表情が顔に
よく現れていましたね。そんなムトゥは交代させられていました。

この試合で印象に残ったのがロボント、ブッフォンの両GKによる
好守が目立っていたのが面白かったですね。
いつだったか、イタリアのシュートをロボントがゴールラインの所でキャッチしていましたが、
あれは明らかにゴールラインを超えていたのではないかと思ってしまいます。
イタリアの選手もアピールしていましたし。
判定もややルーマニアよりだったような気がします。

これでルーマニアは最終戦でオランダと対戦。今のオランダに勝つのは
難しいかもしれませんが、面白い試合になってくれると思います。
それより、ドイツW杯決勝の再現とも言えるフランス対イタリア。
この試合が盛り上がりそうなので、個人的にはこの対戦から
決勝トーナメントに出てくるチームが出てくるといいなと思いますね。

この後はスペインとスウェーデンが出てくるので
楽しみです!ビジャの怪我は大丈夫なんだろうか・・・。
スポンサーサイト
別窓 | EURO | コメント:6 | トラックバック:0
<<ロシア戦に続き、ビジャがゴール!スペインが勝ち抜け~EURO2008 8日目~ | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | 優勝候補ドイツ、クロアチアに敗れる波乱 ドイツ対クロアチア~EURO2008 6日目~>>
この記事のコメント
う~ん、ドメネク監督もドナドーニ監督も…選手起用方法がわかりませんねぇ~(^_^;)
マケレレにオーバーラップさせるくらいならば、他の選手を起用して欲しいものです。
2008-06-15 Sun 00:10 | URL | あやっくす #4JQqF26g[ 内容変更]
こんにちわバーロー鈴木と申します。


個人的にルーマニアを応援している変わり者ですww



相互リンクしないですか??



貼りました
2008-06-15 Sun 00:20 | URL | バーロー鈴木 #hJdvLPsw[ 内容変更]
>あやっくすさん

コメントありがとうございます。確かにドメネクもドナドーニも選手起用に疑問を持ってしまいますよね(;^_^A

いつも思っているのですが、何故トレゼゲとジュリ、ピレスを招集しないのだろうと思います。この辺はドメネクの選出に疑問を持たざるを得ないです(汗)

ドナドーニも引き分けていた時点でアンブロジーニを投入しましたが、?と思ってしまいました(;^_^A
ボリエッロとかを試してみてほしいのですけどね。
2008-06-15 Sun 19:19 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
>バーロー鈴木さん

お久しぶりです。
またサッカーブログ始められたんですね。

相互リンクの件、OKですよ。今はパソコンが出来ないので、後程貼らせていただきますね。
こちらこそ改めてよろしくお願いしますm(__)m

ルーマニアを応援してらっしゃるんですね。確かにいいチームですが、グループリーグ突破できるかどうか注目したいです(^_^)

ロボントはいいGKですよね。
2008-06-15 Sun 19:26 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
グループCは当初はルーマニア以外の3強の争いと言われてましたけど、蓋を開けてみればオランダと残り3チームの三つ巴の様相になってきましたね。私もフランスが抜けるかな・・と思ってましたが、見事に外れてしまいました。v-13ドメネク監督は選手を個人的好き嫌いで選ぶ傾向がありますからね~。ピレスやジュリが選ばれないのもそうですから・・・。若い選手は出てきてるので、世代交代を敢行するときが近いでしょうね。(これはイタリアにも同じことが言えそうですけど・・)
2008-06-15 Sun 21:33 | URL | まり@11 #-[ 内容変更]
>まり@11 さん

コメントありがとうございます。

確かにグループCはイタリア、オランダ、フランスの三つ巴争いになると自分も予想していたんですが、まさか大穴のルーマニアが2戦連続で引き分けるとは思いもしませんでした(;^_^A
これで混戦してきましたし。
フランスはベテラン選手に頼りきっている現状ですと、厳しいかもしれませんね。
少なくともドイツW杯後に世代交代を敢行する必要が
あったんでは?と思います。まり@11さんが挙げられている選手もそうですが、メクセスもローマでは不動のCBなのでそういった選手が選ばれないのはちょっと残念です。

ドメネク監督は個人的にも、疑問符のつく監督なので更迭してほしいかな?って思っちゃいます(汗)

話変わりますが、日本代表が最終予選進出出来て良かったですね^^
組み合わせですが、やはりドイツW杯の成績を基にして決めるようです。特に韓国やオージーとの対決が避けられそうにないのが厳しいですね。逆に盛り上がりそうですけど(^^ヾ
2008-06-16 Mon 18:53 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。