The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
25日と26日の試合結果とサッカーニュースなど。
2008-02-26 Tue 23:15
リーガ・エスパニョーラ

バルセロナ 5-1 レバンテ
【バ】前14チャビ、前44メッシ、後11・17・42エトー
【レ】前41リガ[PK]

レアル・マドリー 0-1 ヘタフェ
【ヘ】後19ウチェ

バルサはエトーのハットトリックなどで
色々と不安定なレバンテさんを相手に5-1で快勝しました。
徐々に調子も上向いてきたといった所でしょうか。

一方、レアルは対ヘタフェ戦で0-0のまま迎えた
後半19分にロッベンがゴールネットを揺らすも、
これがオフサイドとなってしまいます。
ロッベンのゴールで喜んだレアルの選手たちですが、
その隙をつかれ素早いリスタートから
カウンターでウチェにゴールを許してしまいます。
レアルはヘタフェからシュスター監督を迎えたり、
レアルから選手が移籍したりと
結構良好な関係(?)にあるみたいですが、
この試合では容赦なかったみたいですね
何かレアルが気の毒です・・・

この試合でレアルが
負け、バルサが勝ちましたが、勝点差が「2」縮まり、
ますますリーガが面白くなってきました。
昨シーズンみたいに最終戦までもつれる戦いになるかもしれません

続きはイングランドなど。



プレミアリーグ

レディング1-2アストンビラ
【レディング】
ショーリー(後45)
【アストンビラ】
ヤング(前45)
へアウッド(後39)

ブラックバーン4-1ボルトン
【ブラックバーン】
マッカーシー(前24[PK]、後22[PK])
ベントリー(後26)
ペデルセン(後45)
【ボルトン】
デイビス(後6)

ローバーズ(ブラックバーン)はミッドウィークにUEFA杯
のアトレティコ・マドリー戦をこなした(結果は
ボルトンの勝ち抜け)ボルトンに
大勝となりました。
ローバーズはサンタクルス、ベントリー、ペデルセンなど好選手も
揃ってるのできっかけがあればシティみたいに
躍進する可能性もあるかも・・・

マンチェスター・シティ0-2エバートン
【エバートン】
ヤクブ(前30)
レスコット(前38)

エバートンは前半30分にケイヒルからのクロスを
ヤクブが決め、先制します。
38分には左サイドからカーズリーのクロスを
レスコットが頭で合わせて2点目が入りました。
マンCは2失点を喫した後にエラーノが投入され
流れが変わるもスコアはこのまま
動かず、試合は終了、エバートンが
CL出場圏内の4位をキープしました。

どちらかというとリバプールに
CLに出場してほしいのですが、国内での
波が激しいと難しいかもしれないですね

カーリングカップ

27608_hp.jpg


トッテナム2-1チェルシー
【トッテナム】
ベルバトフ(後25)
ウッドゲイト(延前5)
【チェルシー】
ドログバ(前35)

ファンデ・ラモス監督に変わってからは
トッテナムも調子が上向きになってきて
カップ戦でも9年ぶりの優勝を果たす事となりました。
ファンデ・ラモス監督はセビージャ時代も
UEFA杯を連覇してるので、
カップ戦には強いイメージがありますね

チェルシーはグラント監督に変わってから
大事な試合での勝負弱さが目立ってるんですが
(例 リヴァプール戦、アーセナル戦、マンチェスター・ユナイテッド戦など)
大丈夫でしょうか
これならまだモウリーニョの方が(ry
この敗戦により、チェルシーは連覇は達成なりませんでした

リーグ戦、FAカップ、CLなどまだ残されているタイトルは
ありますが、とにかく頑張ってほしいですね


最近気になったニュース。

ファンバステン監督決定 オランダ1部リーグ

現在、オランダ代表監督をやっているファンバステン
がEURO2008終了後にアヤックスの監督になる事が
決定したようです。
アヤックスはここ最近CLから遠ざかっていますし、
ファンバステンになった事でまた国内で
優勝を狙える位の力を持ったチームになって
CLでも見たいという思いはありますね

それよりも気になるのがこの監督決定によって
EURO終了後には誰がオランダ代表監督になるのでしょうか。
そっちの方が気になりますw

バレンシア、アルベルダ問題は進展せず

現在、クーマンとソレールのせいでバレンシアで
戦力外同然の扱いを受けている、アルベルダ、カニサレス、アングーロ
ですが、ついに裁判沙汰になってしまったようです
おおよそ、この展開は戦力外通告をクーマンが告げた
時から想像できたのですが、そもそも
何故一方的な通告をしたのか、クーマンの決定には
理解に苦しみます。

アルべルダ達が試合に出なくなってからも
バレンシアは不振でしたし
特にアルベルダはスペイン代表のレギュラーでもあるので
EUROまでの試合勘が心配でもありますね。

こんな理不尽な決定をしたクーマンとソレールに
は辞めて頂きたいと思ってるのですが、
こんなニュースも

バレンシア、ソレール会長の辞任はなし

180度方向転換って一体何があったんでしょう?
バレンシアの今後が心配になってきました

とにかくアルベルダ達には裁判で
勝ってもらってプレーする機会を
与えてやってほしいと思いますね
スポンサーサイト
別窓 | 欧州サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
<<3月1日の試合~プレミアリーグの試合中心~ | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ | 東アジア選手権2008 対韓国戦とプレミアのニュース。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。