The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日本代表合宿メンバー発表、俊輔が対レンジャーズとのダービーで初ゴール
2008-04-17 Thu 20:26
GK:
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
都築龍太(浦和)
川島永嗣(川崎)

DF:
寺田周平(川崎)※
中澤佑二(横浜FM)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(磐田)
阿部勇樹(浦和)
栗原勇蔵(横浜FM)
徳永悠平(FC東京)
長友佑都(FC東京)※

MF:
中村直志(名古屋)
羽生直剛(FC東京)
西紀寛(磐田)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
山瀬功治(横浜FM)
茂原岳人(柏)※
今野泰幸(FC東京)
山岸智(川崎)
香川真司(C大阪)※

FW:
永井雄一郎(浦和)
高原直泰(浦和)
玉田圭司(名古屋)
巻誠一郎(千葉)
高松大樹(大分)
大久保嘉人(神戸)

※は日本代表候補初選出


21日、23日の日本代表合宿のメンバーが発表されました。
このメンバーでキリンカップの5月24日のコートジボワール戦、27日のパラグアイ戦
を戦うらしいです。違っていたらすみません。
まだ5月末まで時間があるもので、その間に欧州組の追加招集の
可能性もあるらしいので(欧州組+ACL組の鹿島とガンバ勢)。

このメンバー表を見て、特筆すべきなのはやはり
初招集の人達かな。特にロンドン世代の香川を選んだのは
岡田監督も見る目があるな~って思ってしまいます。
MF陣は競争が激しいので残れるかどうかは
分かりませんが、A代表ではなくとも五輪代表でも見たい選手ですね。

懸念のCBに目を移すと、
寺田はどのような意図を持っての招集かは分かりませんが(年齢が32歳らしいので)、
南アフリカW杯に出れた時には残ってるかも微妙といえそうです。
ただ、中澤と同じように大型DFなの期待は持てそうです。
箕輪みたいに選ばれるだけになってしまいそうな気も・・・。
栗原は若くて生きのいいDFなので、この選出は良かったと思います。

闘莉王はDF登録となってますが、ボランチやトップ下、また究極の選択肢として
FWをやらせてあげるのも面白いかなと思います(笑)
実際、浦和も闘莉王がコンバートしてから強くなったような感もありますし。
基本技術は専門の選手と比べると劣っているとも
言えますが・・・。

あとは、疑問なのが未だに結果の出ない山岸を招集している事。
岡田監督は「これからはオレのやり方でやる」と仰っていましたが、
山岸の招集は少なからずともオシムの影響をまだ受けている
と言えそうな感もあります。
そろそろ外してもいい気もしますが・・・。

おそらく、サイドアタッカー的なタイプの水野、俊輔、松井、本田圭辺りが
招集されれば山岸が外れる事にはなりそうです。

FWについては未だ決定力不足が目立っているせいか、不振の
高原を招集する辺り、他のポジションと比べると目立った光明(新鮮さ)
はないように感じてしまいます・・・。
人それぞれでしょうけど。
控えながら頑張っている永井の招集は良いかもしれませんけど^^
このFWだと、得点の匂いが感じる選手が限られてしまいそうな感じもあります。
澤の召集や、ジュニーニョの帰化に期待するしかないのでしょうか。

CBについてはようやく本職の選手を起用できる目処
が立った部分は嬉しいですね。

これから先、もしかすると追加招集の可能性もあるかもしれないので、
期待したいと思います。

続きにはセルティック俊輔のレンジャーズ戦。
日本代表合宿メンバー発表、俊輔が対レンジャーズとのダービーで初ゴールの続きを読む
別窓 | 日本代表 | コメント:4 | トラックバック:0
キリンカップ対戦相手正式決定~日本はドログバと!?~
2008-04-05 Sat 01:18
以前のエントリにも書いたような気もしますが、
まだ正式決定してなかったのはちょっと驚きましたw
協会の発表の遅さはどうなんでしょうねぇ・・・。

コートジボワール、パラグアイと対戦 キリン杯=サッカー日本代表

リンク元によると、5月24日(土)に豊田スタジアムでコートジボワール代表と、
27日(火)には埼玉スタジアム2002でパラグアイ代表と対戦する予定なんだとか。
さらには、コートジボワール代表対パラグアイ代表は22日(木)にニッパツ三ツ沢球技場で
行われる予定なんだそうで。

日本代表の試合もかなり興味ありありですが、コートジボワール対パラグアイっていうのも
ファン垂涎のカードなんで、こういった試合が日本で行われる事については興味ありますね
(まるでW杯のようなカード)。
ドログバ対サンタクルスっていうのはかなり興味ありますねぇ。

コートジボワールはアフリカネーションズカップでも、結構な破壊力
を持ったオフェンス陣が活躍してましたし、特に要注意なのは
ドログバですが、他にもカルー、サノゴ、ディンダン、バカリ・コネ、アルナ・コネ
など快速系のFWやフィジカル系に特化したFWがおり、
破壊力抜群と言えるでしょうね。

今の日本でドログバ止めれるDFっているのかなぁ?
簡単にやられるイメージもありますが・・・(汗)

パラグアイは現在、南アフリカW杯南米予選でブラジル、アルゼンチン
を抑えての首位だそうで、この相手を選んだのも
あながち間違いではないかなと思います。

特に見たいのが、サンタクルス(ブラックバーン)でしょうか。
バイエルンでは鳴かず飛ばずでしたが、イングランドに来てから
割と活躍しているので、ローバーズの試合を見て
好きになりましたね。
後はカバニャス(クラブ・アメリカ)、オスカル・カルドーソ(ベンフィカ)、アエド・バルデス(ボルシア
・ドルトムント)など、攻撃陣の駒も揃っています。

コートジボワール、パラグアイに共通している事は攻撃陣の駒が
揃っている事でしょうか(パラグアイに関しては守備のイメージが強いですが)。
日本のDF陣にとっては試練となりそうな気がしないでもないです(汗)

岡田監督はバーレーン戦に負けて以降、「これからはオレの
やり方でやる」と仰っているようです。
心配ですが、まずはお手並み拝見といこうかなと思います。

もし、このキリンカップ2試合で内容も悪く、大敗するような
事があれば岡田監督更迭もあり得ちゃうのかなと思いますね。
そのような時には、日本にとってベストの選択をしてもらいたいものです。

まずはベストメンバーで来てもらわないと、お互いの実力差が
どの位なのかはっきりと分からない部分も
あるんで、必ずベストメンバーで来日してもらいたいと思います(^^ヾ



別窓 | 日本代表 | コメント:7 | トラックバック:0
南アフリカW杯3次予選 バーレーン戦 日本まさかの敗戦、各国代表の試合。
2008-03-27 Thu 19:15
バーレーン 1-0 日本
【バーレーン】
A・フバイル(後32)

バーレーンに敗れる 日本はグループ2位に後退

20080327-00000002-jijp-spo-view-000.jpg


日本の先発メンバー

GK 川口
DF 阿部(→後37玉田)、中澤、今野
MF 駒野、鈴木啓、中村憲、安田(→後27山岸)、山瀬(→後11遠藤)
FW 大久保、巻

この試合では3バックを採用し、久しぶりの
3-5-2で試合に臨みました。
対するバーレーンは帰化選手が4人もいるようで、
(ナイジェリアから帰化したストライカーもいますが、負傷欠場した模様です)
ちょっと反則な気もしますけどねw
日本もブラジル人を帰化させたりしているので、他の国の事は言えませんが(汗)

さて、肝心の試合ですが、
珍しく遠藤が控えに回っており、その代役としては山瀬
が出ましたが、この試合ではあまり機能していなかったようで
後半11分に遠藤と交代しました。

バーレーンはナイジェリアから帰化したファタディ
が決定的なシュートを放つなど、チャンスが
幾度かあったのですが、日本はというと
、FWがシュートまで持っていけたのは殆ど
無いような気が・・・。決定的なチャンスは
あまり無かったように感じますね。

安田に代えて、山岸を投入したのですが、
この采配は良くなかったのでは?
その理由については後ほど。

その5分後、バーレーンのイスマイル・ハサンのクロスを
(ハンドっぽかったようですが)、川口が
手で弾きますが、そのボールの勢いが弱く、無情にも
ゴール前にいたA・フバイルに。
そのA・フバイルがヘディングで決め、バーレーンが先制します。

この辺は川口の判断ミスだったとしかいいようがないかな。
本人もパンチングでやるかキャッチするか
迷ってたと仰っていたようですし。

この後、日本は後半37分、玉田を投入しますが、遅いよ・・・
玉田のプレー(特にドリブル)を見てる限り、少なからずとも
可能性を感じたのでもっと早く投入してほしかったな。

先制されてからは日本も必死に反撃しますが、
ついにゴールを割る事は出来ず、日本が
バーレーンに1-0でまさかの敗戦を喫しました。

先制される前、山岸という攻撃的な選手を投入したのですが、
この時点はまだ0-0だったので、得点を奪う必要もある為、
ここでFWを投入すべきだったのでは(玉田、田代辺りを)?

どうも岡田監督は失点してからでないと、
動かないイメージがありますね。
選手交代も後手後手に回っているような気もしますし。

この試合は3バックを採用したという事ですが、
何故急に変えたのだろう?
中澤は本職のCBだからいいものの、脇を固める
CBが元々ボランチの阿部と今野だというのも
不安がない訳ではないですね。

現にアジアカップでの阿部のプレーは酷いものもあったので・・・
岩政や青山直、水本辺りを使ってくれればなと思うのですが、
ここは岡田監督次第なので、どう出るか見たいと思います。
(闘莉王は怪我で不在)


どうでもいいですが、この試合では関西学院大学の看板が
やたらと目に付いたので気になってましたねw

次戦は5月のキリンカップです。

そして、最も大事なのが、6月の南アフリカW杯3次予選。
何とこの一ヶ月だけで4試合もあります。
この次戦はオマーン戦ですが、ここを取りこぼすようだと
W杯出場はおろか、最終予選進出も難しい状況になってきますので、
負けは許されないと思いますね。
岡田監督の去就問題も浮上してきそうです。

岡田監督になってから、ベストメンバーで組めた試合は未だ1度も無いようですし、
これから海外組も招集される事でしょう。
しないとやばい気もしますが・・・
後、川口については安定感があるとは言えないですし、
そろそろ世代交代を考えても良いような気もします。
西川や川島などいいGKもいますし。


以下、日程です。

5月下旬 ■A代表 キリンカップ(2試合)
対戦相手未定 国内

6月
6月2日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第3戦 オマーン戦 横浜(横浜国際総合競技場)
6月7日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第4戦 オマーン戦 オマーン
6月14日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第5戦 タイ戦 タイ
6月22日 ■A代表 2010年ワールドカップ アジア3次予選
第6戦 バーレーン戦 埼玉(埼玉スタジアム)


続きには各国代表の試合結果を。

 
南アフリカW杯3次予選 バーレーン戦 日本まさかの敗戦、各国代表の試合。の続きを読む
別窓 | 日本代表 | コメント:3 | トラックバック:0
東アジア選手権2008 対韓国戦とプレミアのニュース。
2008-02-25 Mon 01:25
日本の先発メンバー

GK 川口
DF 内田、中澤、今野、加地
MF 橋本(→矢野)、鈴木、中村憲(→安田)、遠藤、山瀬(→播戸)
FW 田代

この試合で勝てば優勝となるだけに
勝ちに行きたいところでしたが、
1-1の引き分けでした。

ヨム・ギフンのボレーシュートを決められた後、
憲剛がミドルシュートを打ったのですが、
バーに当たって惜しくも入らなかったというシーンもありました。

後半になって、それまでシュートの精度が良かった
憲剛に変えて先日の中国戦で飛び蹴りを受けた
安田が交代で出てきますが、
怪我が大した事無くて良かった・・・
このまま順調に行けば北京五輪には出場できます。
(但し、家長の件もあるので候補選手は充分に
怪我に気を付けてほしいです)

23分、遠藤を起点に内田からのパスを受けた
山瀬がカーブの掛かったミドルシュート
を打ち、これで何とか同点に持ち込む事ができますが、
この後は日本は田代、播戸、矢野の3トップに
するなどして対応しましたが、得点は割れず、
試合は1-1で終了、アジアカップの雪辱は
果たせませんでした。
韓国が総得点の関係で優勝する事となりました。

思ったこと。
優勝を狙う為には勝ちに行かざるを
得ない試合だったので、攻撃的な選手を起用すべきでしたが、
サイド気味に開いたポジションの所に橋本を
起用したのは何故でしょうか?
橋本は元々ボランチ(つまり守備的)
の選手なので、攻撃的なポジションは向かないのではないかと思います。
もうちょっと選手選考、起用をしっかりやってほしいです。

日本代表の次戦は3月26日、W杯予選のバーレーン戦です(アウェイ)。
この試合では海外組も恐らく起用してくるでしょうから、
期待したいと思います。

日本 1-1 韓国
【日本】後23山瀬
【韓国】前15ヨム・ギフン


続いてはプレミアのニュースを。

東アジア選手権2008 対韓国戦とプレミアのニュース。の続きを読む
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0
東アジア選手権2008 第2戦中国戦
2008-02-21 Thu 02:01
日本の先発メンバー

GK 楢崎
DF 内田、中澤、今野、駒野(→加地)
MF 鈴木、中村憲、遠藤、安田(→羽生)、山瀬(→橋本)
FW 田代

この試合は、FWが怪我で少なくなったせいか、
システム変更があり、ミランが良く使うクリスマスツリー型の
フォーメーションに若干似た感じとなりました。

日本としては先日北朝鮮にスコアレスドロー
という結果だったので、優勝を狙うには勝利がほしいところです。



東アジア選手権2008 第2戦中国戦の続きを読む
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0
東アジア選手権2008第1戦 日本×北朝鮮
2008-02-18 Mon 20:09
中国の重慶で東アジア選手権が開幕し、日本代表は
初戦で北朝鮮と試合しました。

日本、初戦は北朝鮮と分ける=東アジア選手権が開幕

日本先発メンバー
GK 川島
DF 内田(→駒野) 中澤 水本 加地
MF 鈴木 山岸(→安田) 遠藤 羽生
FW 播戸(→前田) 田代

前回のアジアカップ2004の時にもここ中国で
やったんですが、本当にマナーが悪くてあまりいい気持ちでなかった
事を今でもよく覚えてますね。

残念ながら、この試合でも国歌斉唱の時にブーイングが起きるなど
マナーの悪い行為もあったようです・・・。
北朝鮮とは前回の東アジア選手権の時にも対戦しており、
その時は1-0で負けましたが、今回はリベンジしたい所です。
東アジア選手権2008第1戦 日本×北朝鮮の続きを読む
別窓 | 日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | 青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。